くじけた販売員がやる気を出す方法

くじけた販売員がやる気を出す方法

あなたはこの仕事でくじけたことはございますか。笑

私は数えきれないほどくじけてきました。
初心者だった頃はくじけて腐りきっていたこともありましたね。笑

今回はやる気の回復についてご紹介をしていきます。

私たち販売員は、色々とうまくいかない現実にくじけてしまい、やる気を失ってしまうことがあります。
そんなときは、どうやってもう一度やる気を取り戻せるようになるのでしょうか?

こんなときは、
「理性を使ってネガティブな未来を予測してみる」
という方法を使ってやる気を回復させることができます。

お前の人生、お先真っ暗じゃん!

あなたはこんな言葉を上司から言われたことはありますでしょうか?
私はあります。笑
私がまだ20代前半のときでした。
当時、電話報告をしているときに、上司が浴びせてきた言葉でした。

そして、上司は続けました。
今でも覚えていますが、私にイライラをぶつけながら、次のように口撃してきたのです。

「お前さ、売れなくていいの?
冷静に考えてみ。
大丈夫?
お前が嫌になって販売職をやめたとして、お前販売以外何かできるの?
他の職探すの?
またはじめからなんかのスキルを磨くの?
で、それがダメならまたやめるの?
冷静に考えてみ」。

私は沈黙……。

さらに続きます。

「どうせアプローチしてないんだろ?
(う~ん正解!)。
傷ついて泣いてんだろ?
(←涙は出てないけど、ほぼ正解!)。
気合い入れろ、ボケ!
スキルが足りてねぇんだよ!
泣いてねぇで、どんどんアプローチしてスキル磨け!
次は、契約獲ってから電話してこいよ!
わかったな!」。
ガチャ!

こんな感じでした。
※本当はもう少しお下品な言葉を交えながら言われております。
ここでは少しマイルドに書かせてもらっております。

基本的に大嫌いだった上司です。
しかし、このときは上記のように言われてとても冷静になれたのでした。

感情を少しだけ横に置いて考えよう

やる気は無理やり出さなければならないでしょうか?
いえ、ムリに出す必要はありません。

しかし、出さないままだとそれはそれで問題を招いてしまいます。

ではどうしたらいいのでしょうか?

やる気が出ないときは感情を少しだけ横に置いて考えるようにすると良いでしょう。

何を考えるのか?
それは、理性を使ってネガティブな未来を考えるのですね。
(人は痛みをさけるためには、嫌でも行動をしようとします)。

【例】=====
医者に真顔で次のように言われたふくよかな患者さんがいるとします。

「○○さん、これから真剣にダイエットに取組まなければ近い将来必ず病気になります。
すでに肝臓に脂肪がつきはじめています」。

医者から冷静かつ真剣に現状ついて説明を受けました。

すると、はじめて患者さんの理性が働き、
「今のままだとやばいんだ……」
と、現状を認識できたのです。
今までは自分の体型について何も感じなかったのに、恐怖心がわいてきました。

彼は大嫌いなダイエットに積極的に取り組むようになりました。
=====
※私の兄の体験談。
実話です。

私たち販売員も同じです。
感情を横において、理性を使って冷静に未来のことをネガティブに予測してみます。

「今日アプローチ数を減らしたらどうなる?
月末の結果はどうなる?
来年の社内での立ち位置はどうなる?
後輩が入ってきたらどうなる?
このままの自分で30代、40代を迎えたらどうなる?」。

これを冷静に考えると、おそらく自然に嫌な感情がわきあがってきます。
しかし、ここでも感情を横において考えます。

「めんどくさいからといって今日なまけたら……。
目の前の嫌なことから一瞬だけ逃げることはできる。
楽はできる。
しかし販売実績は出せないだろう。
評価されなくなるだろう。
さらに今後も嫌なことから逃げるクセもつく。
するとその姿勢は他の社員に隠してても見破られるだろうから、信頼もされなくなる。
後輩が入ってきても指導はできない。
そのうち後輩に先を越される。
さらにやる気をなくし転職を考える。
万が一転職をしても、嫌なことから逃げるクセは抜けていないだろうから評価されない。
年下に管理されるようになる……」。

感情を横において、冷静に理性を使って未来をネガティブに予測することができれば、やらなければならないことを整理できます。

するとやる気が自然とわいてきます。
なぜなら、くじけている場合じゃないと理解できているからです。

ストレスは回避できない。だから回復を意識しよう

くじけてやる気が出なくなっている販売員は、ストレスにさらされ続けています。
ですから少しでもストレスを回避したくなるため、お客様へアプローチをしなくなるのですね。

しかし、残念ながらこの仕事はストレスを回避することができません。
毎日毎日ストレスが待っています。

そこで大切になるのが、
・ストレスに慣れるスキル
・ストレスから回復できるスキル
この2つをもつことです。

ストレスに慣れるスキルは、テクニックなんてものはありません。
慣れるだけですね。
しいてひとつ挙げるなら、いい意味であきらめることが大切ですね。
「ストレスまみれだけど、別に死ぬわけではないし。そういう仕事だもんね」
とポジティブにとらえられるかどうかです。

ストレスから回復できるスキルは、下のリンクに詳しくご紹介をしております。

→→ レジリエンスの高め方

以上になります。

もしあなたが最近やる気が出なくて悩まれているようでしたら、ぜひ一度、理性を使って未来をネガティブに予測されてみてください。
(感情は横において)。

その考えた結果にあなたはどう反応するでしょうか。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!