営業のコツ 売れる話し方がある

営業のコツ 売れる話し方がある

ダメな営業マンの話し方| ねぇ、俺とホテル行かない♪

まずはダメな営業マンの話し方からご紹介していきます。
ダメな営業マンの話し方にはいろいろなパターンがあります。
今回は自信満々で元気いっぱいなのになぜか売れない営業マンの話し方についてご紹介していきます(けっこう多いですよね)。

ダメな営業マンの話し方のひとつに、次のようなものがあります。
それは、合コンで女性をお持ち帰りしたいときに直球で誘ってしまうような話し方です。
例えば、
「ねぇ、俺とホテル行かない♪」。
こんな感じです。
このようなセリフを自信満々で女性に言ってしまうのです。
こんなことを言われた女性は失笑するしかありません。
どんなに清潔感があるイケメンにこれを言われても女性はOKを出しません。なぜなら、このセリフは「ぼくは頭が悪い男なんです」と発表していることと変わらないからです。
女性の立場に全くもって立てていません。女性を大切に考えていないことがひしひしと伝わっていきます。誠実さが感じられません。
女性の立場になって考えると、このような話し方がいかに失礼なのかが理解できると思います。
まず、まだどんな相手かよくわかっていないのに2人きりなるなんて恐怖でしかありません。
女性は力が弱いので、もし何か危険な状況になったら抵抗できません。それを理解できていません(男性は自分がそんな立場になったことが人生で1度もないので、その視点をもてないのです)。
そしてヘタをしたら妊娠してしまうリスクがあります。なかなか高いリスクがついてまわっているわけです。
それなのに「ねぇ、俺とホテル行かない♪」と言われたら、こいつはバカなのかとしか思えないわけです。一気に酔いも冷めてしまうわけです。

自信満々で元気いっぱいなのになぜか売れないダメな営業マンは、このお持ち帰りすることが下手な男性のような話し方をお客様にしてしまいます。
お客様にまだ人柄が伝わっていないのに「自分は受け入れられている」と思い込み、売り込みをかけようとします。
もちろんお客様の不安やリスクについて無神経です。ですからお客様は「なんだろう、この営業マンは……」と不快に感じてしまい、検討されて終わってしまいます。
そしてその話し方に問題があるということに自分では絶対に気がつけないという悲しい特徴も備えておられます。

こんにちは♪ 今日は会えて嬉しい。よろしくね| 売れる営業マンの話し方

反対に売れる営業マンの話し方は、とてもナチュラルです。結論を一気に急ぎません。
合コンでお持ち帰りすることを考えている男性で例えるなら、出会いのあいさつのときから穏やかにしておきます。
「こんにちは♪ 今日は会えて嬉しい♪ よろしくね」。
女性に「この男性になら自分のことを話してもいいかも?」と思わせていきます。(笑)
「かわいいね♪」。
途中でもちろん褒めます。
「うん、うん。なるほどね」。
女性が自分の話しをはじめれば聞いてあげます。理解してあげます。そして必ず女性が自分の話ができるような質問をしていきます。

さて、合コンが終わります。
「ねぇ、少しの時間だけ2人で飲み直そう♪ ぜひご馳走させて♪」。
2人きりでいても恐くないことを実感してもらう環境を整えていきます。
このあたりで会話にボディタッチを少しづつ入れていきます。
きりの良いところで店を出ます。そして自然に手をつなぎ歩きます。
「今夜は朝まで一緒にいたい♪ 大切にするよ」。
そのままホテルへ入ります。

この男性なら2きりになっても乱暴なことはしないだろうと時間をかけて理解してもらいます。そして妊娠のリスクのこともきちんと考えてくれていて、安心できそうと思ってもらいます。
そうやって相手に合わせたコミュニケーションをとり続けることで目標を達成させます。

売れる営業マンは決して「売りたい!」という下心を見せません。しっかりと隠します。だからナチュラルなコミュニケーションになるのですね。
ちなみに、相手に合わせたナチュラルなコミュニケーションをとっていると、その日即決してもらえなくても問題ありません。あとで、相手から連絡がくることが多いからです。

誠実さを会話を通して伝えられるのが売れる営業マンの話し方です。
もちろん、プライベートの自分が本当に誠実な人柄である必要はありません。お客様の前だけでかまいません。
ただお客様には本当に誠実さが伝わるような話し方をすることが大切です。
※売ったあとに冷たい態度、無関心な態度に豹変してはいけません。一気に信用を失います。ヘタをすればすぐにキャンセルされてしまいます。そしてその態度の悪さを周りに言いふらされます。ネットにも書き込まれてしまいます。
あと、丁寧な話し方もいけません。丁寧と誠実は違います。
それについては→→ 売れるセールストークは「上品なフレンドリー口調」で話すを参考にされてみてください。

徐々に歩み寄っていく話し方をするのが営業のコツ

営業のコツは、お客様に徐々に歩み寄っていく話し方をすることです。自然に近づくイメージです。そしてお客様を大切に想いながら仕事をしていることが伝わるように話すことです。そんな話し方を自分なりにつくりあげていくことが営業のコツになります。
会話中の態度に関する心理学はこちら→→ メラビアンの法則

以上になります。
この記事があなたの刺激になれたらうれしく思います。
「営業のコツ 売れる話し方」でした。ありがとうございました。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)