一二 三四朗の初心者時代のセールストークを公開

20代の頃の一二 三四朗

今回は少しだけ私の昔話をさせていただこうかと思います。
私がまだ20代の頃で、アパレル接客をしていたときの話です。

この頃の私は、今自分で振り返ってみるとひどい販売員だったなと思います。
とくに、その頃のセールストークは今思い出すだけで、顔から火が出そうなほどおそまつなものでした。

ただ、もしかしたらその私の体験談が、販売職について間もない方の何かの教訓になるかもと思い、今回記事にしようと思いました。

では、昔の私のそのセールストークとはどんなものだったのかをご紹介をしていきたいと思います。

その場の思いつき+ノリ♪

当時の私のセールストークは、なんと、
「その場の思いつき+ノリ♪」
というものでした。(笑)
(お客様と仲良くなれば売れると考えていた時代です)。

また、接客の95%を商品説明に使っていたと思います。
(最悪ですね 笑)。

お客様が手に取るひとつひとつの商品に対して、
「それは◯◯で~。あっ、そちらの商品は◯◯で~」
と、楽しそうにノリ良く話していました。(笑)

なぜこんな接客をしてしまっていたかというと、
「お客様を楽しい気分にさせて、仲良くなれれば買ってもらえる」
と、本気で考えていたからです。

もちろん売れなかったですね。(笑)
間違いなくお客様からは、うざがられていたんだと思います。

少しだけ売れはじめる! その理由とは!

そんな私も、アパレル販売員時代の最後のほうは、ポツポツ売れるようになっていました。
その理由は、
「自分からお客様に商品を提案する」
というテクニックを覚えたからです。

お客様が手に取るひとつひとつの商品に対して説明するのをやめて、
「このお客さんだったら、あの商品を提案してみよう」
と、私が売りたいものを決めるようになっていました。

そして何よりも、お客様と会話をすること自体に慣れてきたことが大きかったですね。
それで、少しですが売れるようになっていきました。

人見知りな性格

実は、私は人見知りする性格でした。
今はもう人見知りではないですが、はじめの頃は接客自体ができなかったですから。(笑)
お客様とはいえ、相手は知らない人ですから一体何を話せばいいのだろう……と毎回不安を抱えながら声をかけていました。

ただ、やっぱり人間って慣れるんですよね、いつの間にか、
「知らない人とでもけっこう会話って続くんだな……」
と、思えるようになっており、人見知りが消えていきました。
その代わりに、
「ノリ良くすることがセールスには大切だ」
と、強烈に思い込むようになっていましたが。(笑)
※実際に売ろうと思ったら、ノリを良くすることは大切ではありません。
むしろ邪魔です。
(お客様に少しでもうさんくさいヤツと思われたらアウトですから。笑)。

バンバン売るためには「ヒアリングスキル」「誠実さ」「提案力」

私の販売初心者時代のセールストークは上記のような感じでした。

ちなみに、あなたはセールスの初心者の方でしょうか?
もしそうでしたら、あなたも売るために商品説明に時間を使っておられませんか?
または、ノリ良く接客したら買ってもらる、契約が獲れると思っていませんでしょう? (笑)

このようなスタイルは、私のように売ることに苦労してしまいますので、気をつけてください。
(って大丈夫ですよね。笑)。

ただ、もしかしたら、私のようなセールススタイルの方もいらっしゃるかもしれませんので、そんな方に向けて、少しだけアドバイスをさせていただけたらと思います。

まず、お客様というのは、あなたが商品説明をしなくても勝手に買います。
(勝手に契約したがります)。
まずはそれを知っておいていただけたらと思います。

それをふまえて接客をしていくと、売れやすくなるでしょう。
ですから、お客様が勝手に欲しがってしまうように、コミュニケーションをとっていけばいいのですね。

そのためには、まずは、
「私はあなたの味方ですよ♪」
と、思いながら接客すると良いでしょう。

そして、何よりもお客様にしゃべってもらうことを意識します。
あなたがしゃべるのではなく、お客様にしゃべってもらいましょう。
どうやってお客様にしゃべってもらうのかというと、お客様の側で優しくニコニコしながら黙っていればいいです。
ほとんどのお客様が、沈黙の間に堪えられず、しゃべりはじめます。笑

その状態でお客様がしゃべってこなければ、こちらから質問していきます。
「何かご検討中ですか♪」

そうやって、質問をしていき、お客様情報をヒアリングしていきます。
そして今度は、あなたの売りたい商品や高額商品をご提案していきます。

こうやって、ヒアリングをして、提案をしてを繰り返していれば、確実に売れるようになります。
もちろん誠実に一生懸命お客様とコミュニケーションをとることを忘れてはいけません。

成約率をもっともっと高めたい方は、そこに消費者心理学が組み込まれたセールストークを用意されておくと良いでしょう。
自分でも驚くほど成約率が上がっていきますので。

ちなみに、私の経験談ですが、セールストークに消費者心理学を組み込みはじめたとたんに、販売実績が伸び、社内上位をキープできるようになりましたから。
(30人~50人との競争です)。
それほど効果がありますので、ぜひご関心があれび学んでみてください。

今回は以上になります。

この私の若い頃の経験談が、少しでもあなたの刺激になれたら嬉しく思います。

以上、「一二 三四朗の初心者時代のセールストークを公開」でした。

ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!