似合ってます……が言えないんです 接客販売の極意

接客販売の極意

「似合ってますよ♪」をニコニコして言おう!

アパレルや化粧品のように「身につける商品」を扱っている販売員の方の中には、次のような接客の悩みを抱えておられる方がとても多いようです。

「わたしはお客様に『似合ってます』が言えないんです。だって似合ってないから……」。

なるほど。

確かに、その気持ちはとてもよく理解ができます。

似合っていないのに、似合っていますと伝えてしまったらウソになってしまいます。

しかし、結論から言いますと、それではいけません。売れるチャンスを自ら逃しているからです。しかも、その「似合っていない……」という感情があなたの顔に出ていたら、お客様に確実に伝わってしまいます。それはそれでとても失礼な接客になります。

私たちはどんなお客様に対しても、堂々とニコニコしながら「似合っていますね♪」と一声をかけてあげることが必要であり、それが接客販売の極意になります。

あなたの意見なんてどうでもいいからっ!

「似合ってますよ♪」。

この一声をお客様に言ってあげることはとても大切です。

それを言ってあげることも販売員の仕事のひとつになります。

たとえその商品をあなたが「似合っていない……」と感じていたとしてもです。

その理由は、あなたの仕事が商品を売ることであるからではありますが、それとは別にお客様の買物を楽しませてあげることも仕事だからです。

つまりお客様が「欲しい♪」と感じてもらえるようにセールスコミュニケーションをとっていくことがあなたに求められていることになります。

実は、私たち販売員の個人的な意見はどうでもいいと言えばどうでもいいということを理解されておかれると、「似合っていますよ♪」が自然に伝えられるようになります。

「なぜわたしの意見がどうでもいいの? そんなはずはないでしょう?」。

それをご納得していただける例として、次のような場面をイメージしていただけたらと思います。

〔例〕
あなたが接客されているお客様がある商品を試されました。あなたは「似合っていないな……」と感じました。

一方、あなたの先輩や同僚は「似合ってる♪」と感じているとします。

この場合はどちらが正しいのでしょうか?

もちろん、この逆もあります。

あなたは「似合ってるな♪」と感じていたのに、あとで先輩や同僚から「なんであれをおすすめしたの? 似合ってなかったよ」と言われてしまいました。

この場合もどちらが正しいのでしょうか?

要は、はっきりとした答えがないのです。

ということは、それなら視点を変えて、100%お客様の気分を良くしてさしあげるチャンスと考えてみてはいかがでしょうか。

「似合っていますよ♪」。

この一声をかけてあげるだけで、お客様も気分がよくなります。

それに全員ではありませんが、お客様の中には次のような考えをもたれている方も多くいらっしゃいます。

「どうでもいいよ! あなたの意見なんて。私が気に入って買うんだから」と。

「私が不安に感じたら的確にアドバイスしてほしいけど、それ以外はせっかく欲しいと思っていたのに気分が悪くなるから、真面目にアドバイスなんていらないから」と。

したがいまして、私たち販売員はどんなお客様でもニコニコして「似合っています♪」と、一声をかけてあげたほうが良いのです。

私たちがお客様の気分を害するような表情、態度、雰囲気を出してしまってはいけませんし、それをしてしまうと売り逃してしまう可能性を自分で高めてしまうことにもなります。

ぜひ、「似合っていますよ♪」と一声をかけてあげて、気分良く買物をしていただきましょう。

「似合ってますよ♪」、これは褒め言葉です

「似合っていますよ♪」。

このフレーズはお世辞ではありません。褒め言葉です。

※お世辞とは、相手の機嫌をとるための口先だけの言葉。褒め言葉は、相手の機嫌を考えずにただ素直に褒めるという違いがあります。

「似合っていますよ♪」を口にするということは、褒め言葉を伝えることになります。お客様によっては、この一声をかけられたことによって自信を持たれる方もいらっしゃいます。

もしあなたが「似合っていますよ」に対して「お世辞だよな」というイメージをもたれているとしたら、おそらくこれからもこれを口にすることをためらわれてしまうでしょう。

しかし、「褒め言葉」とイメージできるようになれば、何度でも、何度でも言い続けてあげることができるようになります。

先ほど説明したように、あなたは似合っていないと感じたけれど、ほかの人は似合っていると感じているかもしれないのです。

それでもお世辞のイメージがとれなければ、次のようなものと同じだと理解できると褒め言葉として理解できるのではないでしょうか。

例えば「初対面の男女が出会う場面」をイメージしていただけますか。

このとき、男性が女性に対して、

「かわいいね♪」。

「失礼ですが年齢は24、25歳くらいですか♪ えっ! 29歳!? 失礼しました。……見えない♪」。

「落ち着いていて、とても上品ですね♪」。

これらをさりげなく一声かけてあげることはマナーであり、あいさつと同じです。(笑)

もちろん女性側も多少リップサービスが入っていると分かっていると思いますが、しかし本当に男性にさりげなくそう言われることで嬉しくなるものです。中にはその言葉が本当に自信になる女性もいらっしゃることでしょう。

そんなときに、男性が感じた真実を口にされたり、真実は口にしたくないので黙られたらどうでしょうか。

「失礼ですが、あなたは29歳、いや30歳ですか?」。

おしゃれをしてきた女性に対し「(ダサいし好みじゃないなぁ)……。……。あっ食べ物は何を注文しますか?」。

どちらもデリカシーがなく、とてもいただけない対応だとは思いませんでしょうか。

話を戻します。

つまり私たちが口にする「似合ってますよ♪」という一声は、マナーでもあるわけです。

さりげなく「似合ってますよ♪」と言われたら、お客様はリップサービスが入っていると分かっていながらも喜ばれます。

したがいまして、私たち販売員はどんどん「似合ってます♪」と一声をかけてあげたほうが良いのです。

あなたがお客様から商品知識にも詳しく専門家と見られていて信頼をされているのなら、なおさら「似合っていますよ♪」と一声をかけてさしあげましょう。

「似合ってますね♪」はお世辞ではありません。褒め言葉です。

そうやってお客様を楽しませてあげ、売れる可能性も高める接客をしていく必要があります。

さすがに本当に似合っていなければ、ほかの商品をご提案する

さすがに本当に「似合ってないな」と感じてしまう場合はどうしたらいいのでしょうか?

実はその場合の接客も簡単です。

ほかの商品をご提案してあげるだけで解決します。

ですから、まずはニコニコ笑顔で「似合ってます♪」と一声をかけます。そしてあなたが「お客様、あとこちらの商品も試されませんか♪ わたし個人的にはこちらのほうがお客様にはもっとお似合いなるのではと思います♪」と、楽しそうに別の商品をご提案していけば良いでしょう。

それでもお客様が似合ってないと思った商品を選ばれるのなら、それはお客様がお金を出してまで欲しかったモノです。ぜひ気持ちよく買って帰っていただきましょう。

反対に、あなたが提案した商品に関心をもたれて、それを買っていかれたなら、あなたのスーパーセールスになります。素晴らしい接客になったのではないでしょうか。

「似合ってます♪」をさりげなく言えるようになるために、日頃から練習しておきましょう!

「似合ってます♪」のような褒め言葉をお客様にお伝えすることは、接客の極意になります。

しかし、この褒め言葉を口にすることが照れくさくてできないという方が多くいらっしゃいます。または本心から口にしていないので、どことなくぎこちなくなってしまうという方もいらっしゃいます。

そこで、ぜひ日頃から褒め言葉を口にする練習をしておかれることをおすすめします。

もしあなたがご実家で暮らされているようでしたら、ご両親の今日の服装やヘアスタイル、メイクなどについて「似合ってる♪」と褒めてみましょう。

もしあなたがご家庭をもたれているようでしたら、あなたのパートナーの服装やヘアスタイル、メイクなどについて「似合ってるね♪」と伝えてあげましょう。もちろん、あなたの大切なお子さまも褒めてあげてください。お子さまの性格のこと、大好きでお気に入りにしている洋服や靴、彼らのヘアスタイルでもかまいません。

どんどんさりげなく褒めてあげましょう。

そうやって身内、社内の先輩、同僚に練習台になってもらいましょう。

「かっこいいね♪」。

「かわいいね♪」。

その人が喜びそうなフレーズをさりげなくポンッと口にする練習をしていきましょう。

えっ? 恥ずかしい? 照れくさい?

私はこんなに素敵な言葉をかけてあげられないなんて、寂しいことだと感じます。たまに、

「えっ! 『愛してるよ』を妻にですか? 言えませんよそんな恥ずかしいこと。(照)」と、真剣に照れくさそうにされている男性がいらっしゃいます。そして、本当にその大切な言葉を何年間も伝えていないようなのです。

私はいつもそういう話を聞きながら「あらら……。奥様はさみしいだろうな……」と、感じてしまっています。なぜなら、それを言葉にして伝えてあげるだけで奥様は絶対に喜ばれることが分かっているからです(もちろん離婚間近の影がちらついていないご夫婦に限りますが)。

こういう大切な言葉は誰でも「言われたい欲求」があります。

その欲求を「恥ずかしいから」と叶えてあげられない寂しさ……。

コミュニケーション能力に関係していますね。

話しが少しそれました。戻します。

今回の内容をまとめますと、お客様に「似合ってます♪」と一声をかけることは、そのお客様を喜ばせたり、自信を持つきっかけを与えてあげたりすることができる素敵な言葉だということです。

どんなお客様でも褒められたい欲求がありますので、それを叶えてあげられる言葉です。

したがいまして、私たち販売員はどんどん笑顔でさりげなく「似合ってます♪」と、お客様に伝えていきましょう。

あなたの接客がより円満にポジティブに進んでいくことになると思います。そしてそれが長期的な販売実績に大きな影響を与えることにつながります。

「似合ってます♪」と一声をかけることは、まさに接客の極意と言えます。

この記事があなたの悩みの解決のきっかけになれたら嬉しく思います。あなたのますますのご活躍を陰ながらではございますが心より応援しております。

以上、「似合ってます……が言えないんです 接客販売の極意」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

※接客販売は心理学を知っておかれるともっと楽に売れるようになります。

→→ 営業・販売現場での「メラビアンの法則」の使い方

→→ フットインザドア(一貫性の原理)の実験データを販売に利用する方法

→→ ドア・イン・ザ・フェイス(譲歩的依頼法)の営業・販売現場での使い方