笑顔になりたくないときに笑顔になれる販売員は売れる

笑顔になりたくないときに笑顔になれる販売員は売れます。なぜなら、その販売員は自分の感情をコントロールできるスキルがあるからです。販売員として非常に優秀といえます。

このように自分の感情をコントロールできるスキルがある販売員は、接客中にお客様に嫌なことを言われたりしてもそれを表情に出さず、笑顔でうまく対応することができます。そのメンタルの強さはお客様を自分のペースに引き込みたいときに必要になりますので、売れる販売員になれるのです。

笑顔を練習しよう

口角のあがった自然な笑顔が売れる確率を高めます。しかし中には不自然な笑顔になってしまう販売員もたくさんいらっしゃいます。その不自然な笑顔とは、例えば「何かたくらんでいそうな笑顔」「無理をして笑っている」「明らかな作り笑い」「目の奥が笑っていない」などです。これらの笑顔は反対にお客様の警戒心を高めてしまうことになり、売れなくなってしまう可能性を高めてしまいます。

したがいまいて、接客中に不自然な笑顔にならないよう日頃から「笑顔をつくる練習」をしておくことが大切になります。その練習方法とは鏡を見ながらお客様との会話をイメージして、心から笑顔になろうとする意識を持つというものです。そのとき口角を上げるときに使う筋肉の動きを意識することも大切になります。できれば口の形は逆三角形(^▽^)この形になるのがベストです。そうやって練習をしていると、接客のときに一瞬で自然な笑顔になれるようになります。

ぜひ、あなたが笑顔になりたくないときでも自然な笑顔になるスキルを身につけていただき、高い販売実績を出していっていただけたらと思います。

以上、「笑顔になりたくないときに笑顔になれる販売員は売れる」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

わたしが「これだけは知っておいたほうがいい」とこのブログを作りはじめたときからずっとオススメしている書籍をご紹介します。

「自分は絶対に売れるようにならなきゃいけないんだ!」とか「社内トップの実績を出せるようになる!」など、これからこの仕事をがんばっていこうとしっかり決意されている方に読んでほしいと思っています。

↑ こちらの正規サイトから買われると、なんと今なら読んだあとでも返品ができるシステムがついてきます。
しかもそのとき、本は返品しなくても良いそうです。

画像をタップして中身を確認してみてください。

私や他の購入者様の感想はこちらにあります。

接客 笑顔
最新情報をチェックしよう!