「笑顔になりたくないときに笑顔になる」という販売スキル

「笑顔になりたくないときに笑顔になる」という販売スキル

私たち販売員も人間です。仕事やプライベートで嫌なことがあれば気分は落ち込みます。そんなときは自然な笑顔をつくれません。

しかしそんなときこそ自然な笑顔をつくれるようになれると高い販売実績を出せるようになります。またクレームを起こさないことにもつながります。※私の経験上、暗い表情で接客をしてしまうとお客様の怒りを誘発させてしまうため、自然な笑顔をつくれるようになることはすごく大切です。

販売員の不自然な笑顔はお客様の警戒心を高めてしまう

笑顔には不自然な笑顔というものがあります。例えば「何かたくらんでいそうな笑顔」「無理をして笑顔になっている」「明らかな作り笑い」「目の奥が笑っていない笑顔」などです。

これらはお客様の警戒心を高めてしまいます。したがいまして、日頃から意識をして「笑顔をつくる練習」をしておくことが大切になります。

練習をする際は、心から笑顔になろうとする意識を持つと良いでしょう。そうやって練習をしていると、接客のときに一瞬で自然な笑顔になれるようになります(俳優さんたちが泣く演技を練習しているのと同じです。彼らは本番ですぐに涙が出てきます)。とにかく表情よりも「気分の切り換え」が自然な笑顔をいつでもできるようになるコツになります。

ぜひあなたが笑顔になりたくないときでも自然な笑顔になるスキルを身につけていただき、高い販売実績を出していっていただけたらと思います。

以上、「笑顔になりたくないときに笑顔になるという販売スキル」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)