年上のお客様と雑談ができない理由

年上のお客様と雑談ができない理由

※この記事は20代の販売員の方へ向けて書かれています。

年上のお客様と雑談ができないという販売員はとても多いです。

その理由は、
「情報不足」
だからです。

例えば、年上のお客様が、
「それにしても錦織くん、勝ったね♪」
と、テニスの話題を口にされたとします。

お客様のその楽しそうな表情から、どうやらお客様は錦織選手がお好きなようです。
しかし、販売員はテニスに全く関心をもったことがありません。
テニスの情報を持っていないのですね。

さて、このようなときはどうやって会話を盛り上げていけば良いのでしょうか?

様々な話題の基礎知識を頭に入れておく

※ここからはテニスを例に挙げながら解説していきますね。
もしテニスについて詳しい方が読まれていましたら「テニス」をご自分があまり関心の無い分野の話題をイメージされてみてください。

年上のお客様と雑談できるようになるためには、その話題の基礎知識がなければなりません。
ですから、年上のお客様と雑談ができなかったからといって落ち込む必要はありません。
それよりも、その接客のあと、いかにその雑談についてフィードバックできるかが大切になります。

例えばある20代の販売員が、お客様の「テニス」の雑談にまったくついていけなかったとします。
このような場合、その接客後にスマホでテニスについて調べることが大切になります。
テニスの基礎知識だけでいいので、それをインプットしてしまうのですね。

話が少しそれますが、テニスの基礎知識とは、
「4大大会」
を把握しておくことが大切です。

・オーストラリア大会(全豪オープン 1月)
・フランス大会(全仏オープン 5月)
・イギリス大会(全英オープン、別名ウィンブルドン選手権 6月)
・アメリカ大会(全米オープン 8月)

現在は2016.5.25です。
来月6月末からはイギリス(全英オープン、別名ウィンブルドン選手権)が始まりますね。
ということは、またまたテニス関連のニュースが増えますのでチェックしておく必要があるでしょう。

その次は、現在テニス界で注目されている選手を把握しておきます。

【男子】
・錦織選手(日本)
・ジョコビッチ(セルビア)
※錦織選手同様、ユニクロがスポンサーです。
年間約7億円をユニクロが支払っていると言われています。
・フェデラー(スイス)
・ワウリンカ(スイス)
・ナダル(スペイン)

【女子】
・ウィリアムズ(アメリカ)
・ラドワンスカ(ポーランド)
・ケルバー(ドイツ)
・ムグルサ(スペイン)
・アザレンカ(べラルーシ)
・土居美咲(日本)
・大阪なおみ(日本)

このような基礎知識が入っていると、お客様がテニスについて話されたとき、おぼろげながらでも理解できるようになります。
(基礎知識だけで知ったかぶりをするのは危険です。お気をつけください。笑)。

あとは、どうしてもその話題に関心が持てないときは、すぐに自分に置き換えて考えるようにすると良いでしょう。
意外とすぐに関心が持てたりします。

例えば、心の底で、
「テニスのどこが面白いの?」
と、感じていたとします。
これをすぐに自分に置き換えてみるのですね。

もし、毎年世界4都市で、
「1ヶ月間の売上げ額や契約件数を競う販売員の世界大会」
があったとしたらどうでしょうか。
しかも、その大会は歴史があり、とても権威ある大会です。
そこで月間世界No1の売上げをたたき出す優秀な販売員は誰なのかを競っているのです。
そうイメージするととてもカッコ良く感じるのではないでしょうか?
すさまじい闘いをしているのだと実感が持てるのではないでしょうか?

テニスに限りませんが、大会に多くの方が魅了されているのはまさにそこですよね。
そうやって自分だったらと想像することで、関心を持てなかったテーマに関心が持てるようになります。
関心を持てるようになれれば、とくに努力をしなくても勝手に情報収集するようになりますので、今後どんなお客様とでもテニスについて、錦織選手について雑談ができるようになっていきます。
※雑談中のお客様とのコミュニケーションを方法は、こちらの会話術を参考にしていただけたらと思います。

雑談ができるようになるには、とにかく情報収集!

年上のお客様と雑談ができるようになるためには、とにかく普段から情報収集をしておくことです。
したがいまして、仕事が終って、家でくつろいでいるときの過ごし方を少しだけ変えるとよいでしょう。
まず、バラエティ番組を観る時間を減らし、ニュースやスポーツを観る時間を増やしましょう。
同時に、自分の好きなユーチューブや無料動画サイトを観る時間を減らし、ニュースやスポーツのダイジェストを大量に観ましょう。

年上のお客様と雑談ができるようになるためには、まずは自分の関心の無いことをたくさん知っていかなければなりません。
私たちは普通、自分の関心のあることばかりに時間を使っているので、それが原因となってその狭い範囲でしか会話ができなくなってしまったのですね。

あとは、先輩または後輩と食事に出かけて自分の関心の無い話題を相手に話してもらうことも良い情報収集になります。
(先輩から「お前はそんなことも知らね―のか」と、たくさん言われた方が勉強になり、あとで仕事で役に立ちます。笑)。

様々な情報がインプットされはじめると、あるとき年上のお客様と雑談の場面になっても、何も問題なくコミュニケーションをとれるようになります。
それゆえに、会話が盛り上がりますので、成約に持ち込める可能性も上がっていきます。

ちなみに、私は20代の頃はめちゃくちゃ雑談が下手でした……。(苦笑)
そこで、
「これではダメだ」
と思い、雑談についてひとりで試行錯誤していました。
その経験から分かったことが、
「関心のないテーマの情報収集する」
だったのです。
(昔はネットがなかったので、新聞、テレビ、図書館、先輩後輩と話すくらいしか情報収集できませんでしたから、今は本当に便利です。笑)。

そして、ここがポイントですが、必ず知ったかぶりをせずに聞き役に徹することを心がけるようにしていました。
するとお客様は、
「おっ♪ この販売員はこれについて知ってるんだな。よしもう少ししゃべろう!」
と、どんどんしゃべってくれるようになりました。
雑談ができるようになったのです。

ぜひ、あなたが年上のお客様と雑談ができないとなやんでおられましたら、まずはひとつひとつ自分の関心のない話題の全体像を把握する作業に挑戦されてみていただけたらと思います。
本当にたったこれだけのことで楽しく雑談できるお客様の数が大幅に増えていきますので。

この記事があなたの刺激になれたら嬉しく思います。
あなたのますますのご活躍を心から応援しております。

以上「年上のお客様と雑談ができない理由」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!