フィードバックをしないと、いつまでたっても売れない

とにかくフィードバックをしよう!

販売の仕事は、フィードバックをしないといつまでたっても売れるようになりません。

販売実績の良い人たちは、必ずフィードバックを習慣にされています。
ですから、自分の問題点を早く見つけ出すことができます。
そしてその問題点を解決するために時間を使っています。
そんなサイクルで日々を過ごされているので販売実績が良いのですね。

フィードバックをしない男

何を隠そう……私がフィードバックを全くしない男でした……。苦笑
20代の頃は、
「ノリ♪ 気合い♪」
で売れると思っていました。
よって、気分がのらない日は全く売れません。
(この仕事で本当に気分がノッてる日なんて年間で数日ですよね。笑)。
ということでもちろん販売実績はさえないものでした。

私は当時の自分を振返ってみると恐ろしくなります。
まず仕事を終えたあとの時間の使い方です。
私は、よく友人と飲みに行っていました。
または帰宅したら、部屋で音楽を聞いたり、雑誌を読んだりとのんびり暮らしていました。
「そりゃ、販売実績なんて出せないよッ!」
と、自分でもつっこまずにはいられないような時間の使い方です。笑

ただ、もう記憶がないのですが、いつのころからか、接客を終えたあとにフィードバックをするようになっていました。

「あぁ~! ○○ってきちんと言えばよかったぁ~!」。

「あの断り文句にはどうすれば良かっただろう? ○○かな。今度は○○と伝えて切り替えしてみよう」。

「とっさのアドリブのセールストークで売れたなぁ。もしかして話す順番はさっきのほうが良いのかも。少しトークを組み立て直して実験してみよう」。

これらのように1件1件つまずいた箇所、良かった箇所を振返るようになっていました。
つまり、
「あのお客様はどうすれば売れていたか?」
について真剣に考えはじめたのです。
そして、帰宅後もそれについて考えるように過ごしていました。

大切なことなので繰り返しますが、販売の仕事はフィードバックをしなければ売れるようにはなりません。
相当な販売センスを持っている人でも、フィードバックをしなければそのセンスが実際に形とならず、数字に表われてきません。
これについては私の経験だけではなく、私が一緒に仕事をしてきた同僚、部下だった方々を観察してきたことからも真実だと確信しております。
なぜなら、フィードバックをしない人は、
「いつまでたってもお客様の断り文句をひっくり返せない」
からです。

断り文句だけでも様々なパターンがある

例えば、お客様の断り文句だけでも様々なパターンがあります。
今日はAパターン、Bパターン。
明日はCパターン、Dパターン。
来週はEパターンにFパターン……。

それに私たちの問題点は断り文句をひっくり返せないだけではありません。
提案したオファーの反応が悪い……。
セールストークが理解されない……。
価格交渉ができない……などが同時進行で山積みされていきます。
したがいまして、1つ1つフィードバックしていかなければ対処しきれません。

山のような問題点をいつまで経っても解決できなければ、昨日と同じ行動をとるようになり、結局販売実績は良くなっていかないのですね。

フィードバックのやり方

簡単ですね。
商談が終わった後、
「なぜ売り逃したのか?」
「なぜ売れたのか?」
と自問するだけです。

切り返せなかった断り文句を思い出し、
「あのとき、どう言えばよかったかな?」
と、きちんと考えるだけです。
そして、その解決方法をメモしておかれることです。

そのメモは帰りの電車、部屋で読み返します。
寝る前も、朝起きた直後も通勤途中も目を通します。
すると、たったそれだけで本当に販売が上達していきます。

もしあなたが、最近、販売実績があまり好ましくないなと感じておられましたら、ぜひもう一度フィードバックについて意識をめぐらせてみてはいかがでしょうか。

以上、「フィードバックをしないと、いつまでたっても売れない」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!