接客で笑顔をつくるの苦手なんですけど……

あなたが接客で笑顔をつくれない原因

接客で笑顔をつくるのが苦手な販売員の方はたくさんいらっしゃいます。そうなってしまわれる理由は、以下の3つが考えられます。

・がんばって笑顔をつくっているのにお客様の反応が悪い。
・お客様にこびている感じの自分がイヤだ。
・店長に命令され、無理矢理やらされている。

これらが重なり合うことで、精神的苦痛を感じるようになり、笑顔をつくることが苦手になっていくのです。

対策 真剣な表情をする

接客で笑顔をつくることが苦手な方は、ムリをして笑顔を作り続けないようにしてみることも大切です。なぜなら、ムリをし続けるとそれが精神的負担となり、仕事とお客様を嫌いになっていくからです。

今後は、接客をしていて笑顔に反応しないお客様だとわかったら、笑顔をやめましょう。その代わりに、上品かつ集中した真剣な表情をつくるようにします。これで、ムリをして笑顔をつくっていたときの精神的苦痛が無くなっていき、接客がしやすくなります。

真剣な表情をつくるときは、「無愛想」「暗い」「怒っている」のように見えないように気を付けます。

そのために、上品かつ集中した真剣な表情を目指します。上品さは、口角を少し上げると表現できます。集中をすると「接客態度が悪い」とは感じさせない効果があります。

真剣な表情は、「あなたと真剣に向き合って、集中してコミュニケーションをとらせていただいております」という意志がお客様に伝わります。つまり、販売員には笑顔がないのに、お客様はその販売員に好印象を抱くようになります。

接客で笑顔は必要!

接客で笑顔は必要です。なぜなら、私が客だったら笑顔の無い販売員の方とコミュニケーションをとりたくないと感じるからです。私のように考える人のほうが世の中多いでしょう。つまり、できるだけ笑顔で接客したほうが良いわけです。

真剣な表情で接客するときは、笑顔に反応しないタイプのお客様とコミュニケーションをとるときだけにします。そうやって笑顔と真剣な表情を使い分けましょう。

笑顔の練習をしよう

販売員が笑顔で接客をがんばっていると必ず販売実績は伸びていきます。なぜなら、そのような販売員にはリピーターがつきやすくなるからです。指名してくれるお客様をたくさん持っている販売員は必ず販売実績がトップクラスになります。

そのために、ぜひ笑顔の練習をしましょう。毎朝の洗面をするとき、お風呂に入っているときなど、鏡を見ながら顔の筋肉にあなたの「良い笑顔」を覚え込ませていきましょう。

今回はここまでになります。あなたのますますのご活躍を心より応援しております。

以上、「接客で笑顔をつくるの苦手なんですけど……」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

追記
最後に、もっと販売実績を出したいと真剣にお考えの方へ、セールスの専門書をご紹介して終わりにしたいと思います。

もしあなたが自分の思うような販売実績が出せていないのならば、それは確実にセールスの専門知識不足が原因です。すぐにお客様心理を動かせる知識を習得されてください。

ぜひこの大変なコロナ禍ではありますが、空いた時間を思う存分に自分の未来のために使ってみられてはいかがでしょうか。

→→ クロージングの心理技術21

■本の内容
・お客様の心理を自在に動かせるようになる「消費者心理学」が学べます。この一冊でセールスに使える心理学のほとんどが学べてしまえます。

私たち人間は、このような心理学をベースにした販売テクニックを使われてしまうと、ものすごく商品が欲しくなったり、今すぐ買おうと決断してしまいます。この本には、そんな「人がモノやサービスを買ってしまう心理」について詳しく書かれています。

あなたはこれらの知識を学ぶことで、今後はお客様心理を自在に動かせるようになります。そして今よりもっともっと売れるようになっていきます。

驚くことに、この本にはありえないシステムがついています。なんと、内容が気に入らなかったら、本は返品せずに返金だけしてもらえる保証がついているんです。もちろん正規販売サイトから買われる方のみの保証です。

この本できちんと勉強されれば、収入は黙っていても上がるとは思いますので、実際の本の代金はあって無いようなものだと思います。

→→ クロージングの心理技術21

PS: 私の感想もこちらに書いております。
ご参考までに。

最新情報をチェックしよう!