新入社員さんがすぐに営業実績を出すコツ

2018年11月27日アパレル販売、化粧品販売、家電販売, 訪問販売、飛び込み営業, 仕事のススメ方

新入社員さんがすぐに営業実績を出すコツ

あなたがお客様を選ぶ

筆者が新入社員時代の自分にアドバイスをするならば、まずは次の内容を伝えます。

「まずは自分の話を聞いてくれるお客様を探してみてね。そのお客様に覚えたセールストークをリラックスして伝えていってね」。

これを実践することで、売れるセールスコミュニケーションの感覚がつかめます。

簡単に表現すると「あなたがお客様を選んでね」ということです。お客様とコミュニケーションがはじまったらある程度お客様の態度がつかめると思います。「このお客さん話を聞いてくれなさそうだな」と感じたら、こちらから商談を終わらせてしまいます。

営業実績を出せない新入社員さんは、話を聞いてくれないお客様に一生懸命売ろうとします。それで疲れはててしまいます。そして「私はがんばっても売れないんだな。セールスってむずかしいんだな」という間違ったイメージを学習してしまいます。こうなると毎日が本当に苦しくて、地獄になります。

 




 

失敗経験はいらない

新入社員さんや営業初心者の方に絶対さけていただきたい経験があります。それは「失敗経験」です。

例えば、お客様に、

  • 怒られる
  • 断られる
  • 叱られる

これらを多く経験してしまうと、すぐにこの仕事が嫌いになります。

すると、あなたに売る力がついてきても「とりあえずノルマに近づけとけばいいや……」という人になってしまいます。

本当は目標を達成する力があるのに、失敗体験をたくさん積んでしまったためにお客様へアプローチしなくなります(無意識が拒否するようになるからです)。

筆者が営業マネージャーだったとき、仕事をやめていった人たち、腐って愚痴ばかり言うようになってしまった人たちをたくさん見てきました。皆、共通しているのは初心者時代に失敗経験を多く積んできてしまった点です。

 




 

あなたがお客様を選ぶことのメリット

あなたがお客様を選ぶことのメリットは、

1.成約体験を積める(売れる感覚、売れる流れを体験できる)。

2.この仕事は本当に苦しい、本当につらいなど感じずに生活できる。

この2つです。

とにかくあなたの話を聞いてくださるお客様を探すことに集中させてみてください。そして、そのお客様に用意しておいたセールストークをリラックスしながら伝えてください。これだけでコンスタントに営業実績が出せるようになります。

 




 

自信と営業実績

コンスタントに売れるようになれば、自信がつきます。「私は大丈夫なんだ!  よし、どんどん売っていこう!」と積極的にもなれます。

営業・セールスは自信がある人ほどお客様に影響を与えることができます。成功体験を覚え、失敗体験は忘れましょう。新入社員さんや営業・セールスの初心者の方ははじめはそれでいいのです。

※自信がもてない人が、自信満々に変身できる方法もご紹介しております。→→  自信をもてない人が、たった2分で自信をもつ方法方法

 




 

あせらない。毎日落ち着いて仕事に取組む

ちなみに、あなたの話を聞いてくださるお客様は少ないと思います。つまりは断られる数、自分から商談を終わらせる数は多くなるでしょう。それによって、もちろん上司に怒られる回数も増えるでしょう。

しかし、そうなってもあせらないでください。落ち着きましょう。まずは上司の言葉を右から左に流しす訓練だと思い、練習台にしましょう(相手に影響されないスキルも営業・セールスでは大切です)。

それよりも毎日の貴重な経験を忘れないようにメモをとりながら仕事をされてみてください。がんばってお客様にアプローチし続けていると、「お客様の断り文句集」ができあがってきます。

同時にお客様が商品(サービス)のどこに好反応をするのか、目の前で確認できます。

それらの情報にそって、断り文句に対する切り返しトークを用意していきます。そうしていると、売れるだけではなく、トップ営業になれてしまえます。

ぜひあなたがお客様を選びながら活動されてみてください。

陰ながらではございますが、あなたのますますのご活躍を心より応援しております。

以上、「新入社員さんがすぐに営業実績を出すコツ」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

(もしこの記事が少しでも刺激になりましたら、いつでも読み返せるようにブックマークをお忘れないように気をつけていただけたらと思います)。