営業の初心者である新入社員がすぐに結果を出せた理由

結果を出すコツ

営業・セールスの初心者である新入社員がすぐに結果を出せた理由とは、下記にご紹介する営業のコツを実践したからなんです。




あなたがお客様を選ぶ

私たちはだれもが最初は営業の初心者です。社内のトップ営業たちも、初めは「商品について、どう説明すればいいのだろう……」「う、売れない……。向いてないかも……」と、不安に押しつぶされそうになりながら仕事に取組んでいたりします。私もそうでした。

私はプロフィール「一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)のプロフィール」にも公開しておりますが、なかなかの「売るセンス」が無かった男でした。したがって、上司にこれでもかと嫌味を浴びせられながら毎日を送っていました。そこで、現在の私が昔の自分にアドバイスを送るならどんな内容にするのかを考えてみました。すると、次のような内容をアドバイスしたいと思いました。

営業・セールスで結果を出すのは簡単だよ♪ ちょっとしたコツがあるからそれを大切にして活動すれば人より実績は出せるようになるよ。ミシロウ君はお客様に毎日お声かけしてるでしょ? その中でミシロウ君が話しやすいお客様とだけ会話を続けるように意識するといいよ」。まずはこれです。

もう少し詳しく説明すると、

「お客様の中には話を聴いてくれない人、会話がはずまない人がいるでしょ? そういう人には一通り営業トークをするけどがんばって売り込まなくていいよ。どうせ売れないから。それより、とにかくミシロウ君が話しやすい人に営業トークを聞いてもらって成約を目指してみてね。なぜなら、まずは『売れるコミュニケーションの感覚、流れを体感することが大切』だからだよ。成功体験ってやつね♪ この感覚が無いまま活動していると本来売れたはずのお客様まで売り逃がすことになってしまうからね。結果が出ない営業初心者は、話がはずまない人や話を聞いてくれない人にも一生懸命コミュニケーションをとっているんだ。そして売れない苦しい体験ばかりしてる。これが原因で売れるイメージをつくることができなくなってるんだ。だから、自分とせっかく波長が合ってるお客様に出会っているのにその苦しい体験がよぎって、ネガティブなイメージのまま会話をしてしまうんだ。結局売れないんだよね。あっ、会話がはずむっていうのはあくまでなれなれしくなる会話ではないからね。ビジネスを前提とした会話ね♪」。




会話しやすいお客様は必ずいる

営業の初心者の方が絶対にさけていただきたい経験が1つあります。それは「失敗経験」です。

例えば、お客様に

・怒られる

・断られる

・叱られる

こんな経験を積んでしまうと、この仕事がすぐに嫌いになります。すると、あなたに売る力がついてきても「とりあえずノルマに近づけとけばいいや……」という人になってしまいます。本当は目標を達成する力があるのに、失敗体験が強く脳内に残っている人は踏ん張りが効かなくなるのです。目標を達成しよう! と意欲がわかなくなります。私は営業マネージャーだったとき、失敗経験だけ強く記憶に残ってしまって腐っていく人たちをたくさん見てきました。何より、昔の私がまさにその腐っていた一人でしたが。(笑)

営業・セールスの初心者のときに失敗経験ほど邪魔な経験はありません。ゆえに、そんな失敗経験をしないようにするために「自分の話しやすい人へ営業トークを聴いてもらって成約を目指す」表現を変えると「あなたがお客様を選ぶ」を実践していくのですね。




お客様を選ぶメリット

「お客様を選ぶ」というコツを実践するメリットは、

1: 成約体験ができる(成約になる流れや雰囲気を体験できる)。

2: 苦しい、つらいなど、仕事がつまらなくなる経験を減らせる。

この2つです。

とにかく会話がはずむお客様に意識を集中させてみてください。そして、そのお客様から成約を目指すように心がけてみてください。これが営業・セールスの初心者の新入社員様がすぐに結果を出すコツです。

※ もし上司が同行していて、指示をされるような環境でしたら従いましょう(例えば「あのお客様に声かけてきて!」と言われる環境)。ただ、それでも意識としては自分と会話がはずむお客様かどうかは意識しましょう。会話がはずまないお客様、話しを聴いてくれないお客様は心の中では切ってしまいましょう。上司には「すみませんでした」と、適当に言っておけばいいでしょう。ってそういう上司を心の中で切ってしまうスキルも大切です。




自信をもとう!

お客様を選びながら仕事をしていると、ある程度商談の流れが把握できるようになります。すると、成約にならなくてもお客様とのセールスコミュニケーションに対し自信がわいてきます(「これを続けていれば結果が出せる」と確信が生まれるからです)。

また、商品(サービス)の説明にも慣れてきます。これも自信になります。これらの自信をもてるかどうかが、今後結果を出していく最大のコツになります。

営業・セールスは自信がなければ相手に影響を与えることができません。成功体験を積み、揺るがない自信を育てましょう(いますぐ自信をもつ方法もご紹介しております。参考にされてみてください)。




焦らず、落ち着いて仕事に取組まれてみてくださ

ちなみに、あなたと会話がはずむお客様に出会える量は恐らく少ないと思います。したがいまして、断られたり、商談を切ってしまう数は多くなると思います。もちろん上司に怒られる確率は上がります。しかし、焦らず、落ち着きましょう。上司の言葉は右から左に流しておきましょう(相手に影響されないスキルも営業・セールスには大切です)。

それよりも毎日の貴重な経験を忘れてしまわないようにメモをとりながら仕事をされてみてください。がんばって声かけを続けていると商談経験を増やせます。すると、「生のお客様の断り文句」を集めることができます。または、お客様が商品(サービス)のどこに反応するのかを目の前で確認できる回数を増やすことができます。その貴重な経験をベースに、お客様の断り文句に対する切り替えしトークを用意していくのですね。切り返しトークをどうやって作って良いのかが分からなければ、「今日、お客様にこのように言われました。どう切返せば良かったのでしょうか? ちなみに私は○○と切返してみました。それで検討になりました」と、上司やトップ営業に質問しにいきましょう。それを繰り返しながら落ち着いて仕事をされることで必ず成約が獲れるようになっていきます。そして、そうやって成功体験にしか焦点を当てないスタイルで仕事をしているので、ストレスも少なく活動量が減らさずにいられます(失敗体験に焦点が当たっている人に比べると、本当に天国ですよ)。

さて、以上が営業・セールスの初心者の新入社員様がすぐに結果を出すコツです。ぜひ成功体験のみに焦点を当てていきましょう。そして、落ち着いて、一歩ずつセールススキルを上げていきましょう!

あなたのご活躍を陰ながらではございますが、心より応援しております。

以上、「営業初心者の新入社員が、すぐに結果を出せたコツ。」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

(もしこの記事が少しでも刺激になりましたら、いつでも読み返せるようにブックマークをお忘れないように気をつけていただけたらと思います)。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする