新入社員さんがすぐに販売実績を出すコツ

新入社員さんがすぐに販売実績を出すコツ

あなたがお客様を選ぶ

筆者が新入社員時代の自分にアドバイスをするならば、まずは次の内容を伝えます。

「まずは自分の話を聞いてくれるお客様を探してみてね。そのお客様に覚えたセールストークをリラックスして伝えていってね」。

これを実践することで、売れるセールスコミュニケーションの感覚がつかめるようになります。

これを簡単に表現すると、
「あなたがお客様を選んでね」
ということです。

接客がはじまったら、ある程度お客様の感じがつかめると思います。
「う~ん、このお客さんは、わたしの話を聞いてくれなさそうだな」
と感じたら、こちらから接客を終わらせてしまいましょう。

販売実績が伸びてこない新入社員さんは、話を聞いてくれないお客様に一生懸命売ろうとしていることが多いです。
それで疲れ果ててしまうのですね。

そして、最悪なことに、
「私はがんばっても売れないんだな。セールスってむずかしいんだな」
という間違ったイメージを学習するようになります。
こうなると毎日が本当に苦しくて、地獄になりますし、さらに売れなくなります。

失敗経験はいらない

新入社員さんや販売初心者の方に絶対さけていただきたい経験があります。
それは「失敗経験」です。

例えば、お客様に、
・怒られる
・断られる
・ウソをつかれる
などを多く経験してしまうと、すぐにこの仕事が嫌いになります。
すると、あなたに売る力がついてきても、
「とりあえずノルマに近づけとけばいいや……」
という人になってしまいます。
本当は目標を達成する力があるのに、失敗体験をたくさん積んでしまったためにお客様へアプローチしなくなります。
(無意識が拒否するようになるからです)。

筆者がマネージャーだったとき、仕事をやめていった人たち、腐って愚痴ばかり言うようになってしまった人たちをたくさん見てきました。
皆、共通しているのは初心者時代に失敗経験を多く積んでしまっていました。

あなたがお客様を選ぶことのメリット

あなたがお客様を選ぶことのメリットは、
・成約体験を積める。
(売れる感覚、売れる流れを体験できる)。
・苦しい、つらいなどを重く感じずに生活できるようになる。

この2つです。

とにかくまずは、あなたの話を聞いてくださるお客様を探すことに集中させてみてください。
そして、そのお客様に用意しておいたセールストークをリラックスしながら伝えてください。
はじめは数件しか売れないかもしれませんが、しかし、確実に買ってくれる人がいるんだなという実感がもてるようになるのと、変な人は相手にしなくても、そこそこ販売実績はつくれるんだなということも実感できるようになります。

上司は新入社員さんに先輩のトップ販売員のような実績を求めていません。
ですから、あなたの話を聞いてくれる人にしっかり売れるようになることをまずは優先していきましょう。

自信と販売実績

私たち販売員は、コンスタントに売れるようになってくると自信がついてきます。
「私は大丈夫なんだ! よし、どんどん売っていこう!」
と積極的になれるのです。

販売職は自信がある人ほどお客様の心理に影響を与えることができます。

※自信がもてない人が、自信満々に変身できる方法も詳しくご紹介しております。

→→ 自信をもてない人が、たった2分で自信をもつ方法方法

あせらない。毎日落ち着いて仕事に取組む

ちなみに、あなたの話を聞いてくださるお客様は少ないと思います。
それはつまり、断られる数や自分から接客を終わらせる数が多くなることを意味します。
それによって、おそらく上司に怒られる回数も増えるでしょう。

しかし、そうなってもあせらないでください。
落ち着きましょう。
まずは上司の言葉を右から左に流す訓練だと思い、練習台にしましょう。
(相手の言葉や感情に影響されないスキルも販売員には必要です)。

それよりも毎日の貴重な経験を忘れないようにメモをとりながら仕事をされてみてください。
がんばってお客様にアプローチし続けていると、
「お客様の断り文句集」
ができあがってきます。

空いた時間を使って、その断り文句に対する切り返しトークを用意しましょう。
何て切り返していいのかわからないときは、上司や先輩に教えてもらいましょう。

この作業をコツコツ続けられる人は、近いうちに間違いなくトップ販売員になれます。

ぜひ、あなたがお客様を選びながら活動されてみてください。

陰ながらではございますが、あなたのますますのご活躍を心より応援しております。

以上、「新入社員さんがすぐに販売実績を出すコツ」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!