アパレル接客で売るコツ【実は、来店されるお客様の警戒心は弱いということを知っておく】

アパレル接客で売るコツ・・・3

来店されるお客様の警戒心は弱いということを知っておく

3つ目のアパレル接客でたくさん売るコツは、
「来店されるお客様の警戒心は弱いということを知っておく」
というものになります。

※このコツは、これから何か技術をつけていかなければならないわけではないので、最後まで読んでいただくだけで売れるようになるかもしれません。

このアパレル接客で売るコツを意識できるだけで、アプローチ数が上がっていきます。
最終的に販売実績も上がっていくでしょう。

詳しく解説しますね。

実は、来店されるお客様は、あなたのお店自体や服に関心をもたれています。
そんなの当たり前でしょと思うかもしれませんが、売場の現実では、
「あのお客様は何だか警戒していそう。だから買わないだろう」。
「このお客様は全然しゃべってくれない。警戒心が高いのだろう。こりゃ今日は買わないな」。
などと感じてしまいます。

しかし、今後はそんなことを感じないようになります。どんなお客様が来店されても、余裕を持って接客ができるようになります。

「あのお客様は警戒してそうだけど、本当は商品に関心あるんだろうな♪」。

こう考えられるようになります。

そのおかげで、どんどんお客様へ声をかけ、売っていけるようになります。

その店や服に関心がなければ、お店に入るという行動はとれない

あなたがお客様にアプローチをしたときに、
「なんだかこのお客様は警戒してそう……」
と感じたとします。

しかし、冷静になって考えてみるとわかりますが、お客様はわざわざあなたのお店に入ってきています。
お客様が本当に警戒しているのなら、そもそもお店には入ってきません。
やはりなにかしら「関心がある」または「情報が欲しい」などがあるからお店に入ってくるわけですね。

ちなみに、筆者(男)は絶対に、
「ピーチ・ジョン」(女性用下着のお店)
には入りません。
なぜなら関心がないからです。

つまり、お客様は何かしら関心をもっているわけです。
これを意識できていると接客が変わってきます。
どう変わるかというと、接客で主導権を握りやすくなれます。
なぜなら、お客様に対して、
「そんな態度してるけど、本当は欲しいんでしょ♪ もっと商品の情報が欲しいんでしょ♪」。
と、余裕をもってコミュニケーションがとれるようになるからです。

お客様の本当の警戒心とはこんな感じです

ここからはさらに耳よりな情報をお伝えしたいと思います。

その情報とは、
「お客様の本当の警戒心とはどんなものか」
についてです。

この「お客様の本当の警戒心」をご理解いただくために、少しだけ訪問販売の世界をご紹介したいと思います。

訪問販売では、出会うお客様のほとんどが警戒心をむき出しにされています。
まぁ当然ですよね。
訪問販売員たちが家や事務所にアポなし現れるのですから。

したがって、お客様は訪問販売員をあっさりと無視します。
相手にしないのです。

中には対応をしてくださる方もいます。
でも、詐欺師が家に来たかもしれないと警戒し、攻撃的な言葉遣いや態度で対応してこられます。
(インターホンごしに、40代男性の低く威嚇する声で「おい、なに勝手にインターホンならしてんだ。お前誰だ。名刺用意してそこで待ってろ!」のような感じです)。

訪問販売は、このようなお客様を相手に、お客様が関心をもっていなかった商品を売らなければならないのです。

あなたはこんなお客様を相手に商品を売る自信はありますでしょうか?
(実際にはこのあと事情をご説明して、お客様をなだめ、きちんと売っていきます)。

アパレル接客では、お客様へ声をかけた瞬間にこんな態度をとってくる人なんて一人もいないですよね。
訪問販売では、(地域にもよりますが)1ヶ月に1回は警戒心が高すぎて、このような攻撃的な対応をしてくるお客様に出会います。笑

さて、このような人の本当の警戒心をイメージできたとしたら、今回のアパレル接客のコツは、完璧にご理解いただたことになります。

つまり、来店されているということは、お客様から先にあなたの会社へアクションをとったということです。
いかにお客様の警戒心が弱いかをご理解いただけるのではないでしょうか。

「でも、お客様は警戒しているように見えますが……」。

多少は警戒されているとは思います。
でもそれは本当に本当に弱い警戒心だということです。
なぜなら、お客様のほうから先にあなたの店へアクションをとっているのですから。

ですから、あなたがお客様にお声かけをしたときに、いきなり「話しかけんな!」と怒鳴られるなんてことはないでしょう。
(訪問販売ではインターホンごしにしょっちゅう怒鳴られます)。

したがいまして、あなたは余裕をもってお客様とコミュニケーションをとっていけばよいのですね。

ちなみに、警戒心があるように見えたお客様でも、気になる商品を見つけた瞬間にニコニコしていたりします。
そういう場合、お客様から販売員に声をかけてこられます。

または、あなたが声をかけたときに、
「おっ、この販売員は話しやすそうだ」
とお客様が感じれば、コロっと表情を変え、ニコニコしながら対応してくれます。

お客様の警戒心がいかに弱い状態であるかをご想像いただけるのではないでしょうか。

「そっか。お客様はわたしたちの店や服に関心があるんだ。じゃあ楽しく話しかければいいか♪」。

本当にこう考えるだけでアプローチ数が増えていきます。
それは年間で考えると、驚くほど販売成績に違いが出ることでしょう。

ぜひ、来店されるお客様の警戒心は弱いということを意識されながら仕事をしてみてくださればと思います。

以上、「実は、来店されるお客様の警戒心は弱いということを知っておく」でした。

商品の売り方

話は変わりますが、アパレル接客で一番多い悩みが、
「売りたいけど、売れない」
というものです。
(特に初心者の方)。

アパレル販売員にとって売れない期間が続いてしまうことは、本当に地獄の苦しみになります。
(私も20代前半の頃は、売れないアパレル販売員でした。売れないストレスにまみれながら生活していたのを今でもはっきり覚えています)。

では、一体何が原因で売りたいのに売れない販売員になってしまっているなでしょうか?

その一番の理由は、彼らが売るテクニックをまだ知らないことが挙げられます。

そして次に、ネガティブな感情を持ちながら接客してしまうというものもあります。
※ネガティブな感情とは、不安、怒り、嫉妬、無気力、無関心などをいいます。

「お客様と何を話して良いのかわからない……」。
「店長の『売れッ!』って、何だか違うような気がする……」。
「そもそもお客様が嫌い!」。

ネガティブな感情をもったアパレル販売員は、このような心理状態になっています。
おそらく自分が客だったときと、実際に売場で働くようになってから知る、
「お店の表と裏のギャップ」
に悩まされているのでしょう。

自分が「お客様」だったときは、いつも自分の好きな商品だけが目に入っていました。
しかし働く側になると自分の関心のなかった商品を扱わなければなりません。
そして、それらを手にとられるお客様に対し「似合ってます」と言わなければなりません。
本心では全くそう思っていないのに……。
葛藤に苦しみます。

※「似合ってます♪」が言えない方は、↓を参考にされてみてぐさい。
→→ 似合ってます……が言えないんです

また、自分が客だったときは買物とはゆったりとした楽しい時間でした。
しかし、今は上司や先輩からの強烈な「売れ!」の圧力がかかっています。

するとあの楽しい時間の邪魔をしたくない気持ちになってしまいます。
そのプレッシャーに耐えられなくなり、いつの間にか接客することが苦痛になっていきます。
いつしか「もう接客したくない」と拒否反応が出るようになります。

販売員がこのような心理状態になってしまうと売れません。
その理由は情動伝染によるものです。
※販売心理学 情動伝染(じょうどうでんせん)についてはこちら

そのネガティブな感情がお客様にうつってしまいます。
そして、「接客したくない……」という心理状態で接客をするので、アプローチとセールストークが消極的になっています。
よって売れないのですね。

セールスでは「売ろう!」と、積極的な意識をもたなければ売ることはできません。
いつも自分をポジティブな感情になるようにコントロールする必要があります。

そして、なんと言っても「売るテクニック」を勉強しなければなりません。

残念ながら、売るテクニックを知らない状態で毎日がんばっても、本当に結果は出ません。
それは周りを観察していればご理解できるのではないでしょうか。

したがいまして、次のアパレル接客でたくさん売るコツは「売るテクニック」についてご紹介していきたいと思います。

→→ 売るテクニック 【アパレル業界について詳しくなる】

ぜひ参考にされてみてください。

アパレル接客
最新情報をチェックしよう!