アパレル接客で売るコツ【実は、お店に入ってくるお客様の警戒心は弱い】

アパレル接客で売るコツ3: 実は、お店に入ってくるお客様の警戒心は弱い

3つ目のアパレル接客でたくさん売るコツは、

お店に入ってくるお客様の警戒心は弱い

ということを知っておくことになります。

「ん? それを知っておいて何か意味があるのでしょうか?」。

実は、あなたのお店に入ってくるお客様は、あなたのお店や服に関心をもたれています。それはつまり、

「あのお客様は何だか警戒していそう。だから買わないだろう」。

「このお客様は全然しゃべってくれない。警戒心が高いのだろう。こりゃ今日は買わないな」。

このように考えることをなくせてしまう効果があります。

したがいまして、どんなお客様にも余裕を持って、かつ積極的に接客ができるようになれます。

「あのお客様は警戒してそうだけど、本当は商品に関心あるんだろうな♪」。

こう考えているアパレル販売員はどんどんお客様へ声をかけ、自分のファン客へ変えていきます。よって、この「お店に入ってくるお客様の警戒心は弱い」を知っておくだけで販売実績は勝手に高くなっていきます。

そのお店や服に関心がなければ、お店に入るという行動はとれない

あなたがお客様にアプローチをしたときに、

「なんだかこのお客様は警戒してそう……」

と感じたとします。

しかし、冷静になって考えてみるとわかりますが、お客様はわざわざ家を出て、あなたのお店に入っています。

お客様が本当に警戒しているのなら、そもそもお店には入ってこないでしょう。やはりなにかしら関心を持っている、または情報を欲しがっているからお店に入ってくるわけです。

ちなみに、筆者(男)は絶対に「ピーチ・ジョン」(女性用下着のお店)には入りません。なぜなら関心がないからです。

大切なことですので繰り返しますが、アパレル接客でたくさん売るコツは、今回の「お店に入ってくるお客様の警戒心は弱い」をしっかりと理解することになります。これだけもあなたはセールスの主導権を握りやすくなれます。

なぜなら、お客様に対して「そんな態度してるけど、本当は欲しいんでしょ♪ もっと商品の情報が欲しいんでしょ♪」

と、精神的に余裕をもってコミュニケーションがとれるようになれるからです。

お客様の警戒心が最高潮なのに、それでも売ってこなければならない営業職もある

さて、ここからは今回のアパレル接客のコツをさらに理解していただくために、飛び込み営業の世界をご紹介したいと思います。

飛び込み営業(訪問販売)の世界は、警戒心が最高潮のお客様を相手に売ってこなければなりません。

お客様は営業マンたちが家や事務所にアポなしで突然に現れ、関心のない商品についてのセールストークをはじめるので、警戒心は最高に高まっている状態です(ケンカ腰になる方もいらっしゃいます)。

しかし、飛び込み営業マンたちはそんなお客様を相手に売らなければなりません。

もしあなたがお客様に次ように怒られたらどうされますか?

「おいっ! あんたが来るなんて連絡受けてなかったぞ! 何なんだ! 失礼だぞ! 名刺出せ!」。

こう怒鳴り声をあげながらドアを開けるお客様を相手に商品を売る自信はありますでしょうか? (実際は、このようなお客様とコミュニケーションをとりながら売っていきます)。

アパレル接客では絶対に経験することのない世界です。

「そんな世界が同じセールスの仕事でもあるのか……」。

そのように少しでもイメージしていただけたら、今回のアパレル接客のコツを完璧にご理解いただけたといえます。

店舗を構えているということは、まずはお客様から先にお店に入るというアクションをとってくださることになります。すなわち、お客様の警戒心がいかに弱いかがご理解いただけると思います。

「でもお客様は警戒しているように見えますが……」。

それは多少警戒されているとは思いますが、微々たる警戒心だということです。なぜなら、あなたがそのお客様にお声かけをしたら、いきなり怒鳴られるなんてことはないからです。

つまり、あなたは余裕をもってファーストアプローチをしていただけたらと思います。

※ちなみに、警戒心があるように見えたお客様も、気になる商品を見つけた瞬間にニコニコしながら私たちに声をかけてこられます。

または「この販売員は話しやすそうだ」と思われた瞬間、ニコニコしながらしゃべりかけてこられます。

お客様の警戒心がいかに弱い状態であるかがご想像いただけるのではないでしょうか。

「そっか。お客様はわたしたちの店や服に関心があるんだ。じゃあ楽しく話しかければいいか♪」。

こう考えることができれば営業成績は驚くほど伸びていきますので、ぜひお店に入ってくるお客様の警戒心は弱いということを意識されてみてはいかがでしょうか。

以上、「実は、お店に入ってくるお客様の警戒心は弱い」でした。

売るテクニックをたくさん知っておくこともアパレル接客で売るコツになる

アパレル接客で一番多い悩みは売れないことに対してです(特に初心者の方に多いです)。

売れない期間が続くことはアパレル販売員にとって本当に苦痛です。私も初期の頃はこの苦痛にまみれながら仕事をしていました。

さて、それでは売れない販売員は何が原因で売れないのでしょうか?

その一番の理由は、彼らが売るテクニックの存在をご存知ないことが挙げられます。

そしてネガティブな感情をもたれながら接客してしまうことも原因の一つです。
※ネガティブな感情とは、不安、怒り、嫉妬、無気力、無関心などをいいます。

「お客様と何を話して良いのかわからない……」。

「店長の『売れッ!』って、何だか違うような気がする……」。

「そもそもお客様が嫌い!」。

これらがネガティブな感情をもったアパレル販売員の頭の中です。

おそらく自分が客だったときと、実際に売場で働くようになって知る「お店の裏側のギャップ」に悩まされているのでしょう。

自分が「お客様」だったときは、いつも自分の好きな商品だけが目に入っていました。

しかし働く側になると自分の関心のなかった商品を扱わなければなりません。そして、それらを手にとられるお客様に対し「似合ってます」と言わなければなりません。本心では全くそう思っていないのに……。葛藤に苦しまれます。

※「似合ってます♪」をお客様へ言えない方こちらをご参考に。

→→ 似合ってます……が言えないんです

また、自分が客だったときは買物とはゆったりとした楽しい時間でした。しかし、今は上司や先輩からの強烈な「売れ!」の圧力がかかっています。

するとあの楽しい時間の邪魔をしたくない気持ちになってしまいます。そのプレッシャーに耐えられなくなり、いつの間にか接客することが苦痛になっていきます。いつしか「もう接客したくない」と拒否反応が出るようになります。

販売員がこの状態になってしまうと売れません。その理由はえっ! アパレル接客で売るコツってこんなに簡単だったんだでご紹介させていただいた情動伝染によるものです。

そのネガティブな感情がお客様にうつってしまいます。そして接客したくない心理状態で接客をするので、アプローチとセールストークが消極的になってしまっています。

その状態で活動しても高い販売実績を出せることはありません。

セールスは攻める意識をもたなければ売り続けることはできません。いつも自分をポジティブな感情にコントロールする必要があります。

もし、あなたの上司がプレッシャーをかけてくるタイプだったらどうしたらいいのでしょうか?

その場合はとにかく心の中で無視することです。そうしないとその上司のそばにいるだけでネガティブな感情が自動的にあなたにうつってしまいます。

私たちは、常に自分自身を「楽しい」「嬉しい」「ワクワク」「のんびり」「ドキドキ」「好き」などのポジティブな感情の状態にコントロールするスキルが必要です。そしてその感情をお客様に伝染させていくのが仕事になります。

そして、なんと言っても「売るテクニック」を学ぶ必要があります。

売るテクニックを知らない状態で毎日がんばって活動をしたとしても、結果は出ない、疲れは溜まるというだけで、いつまでたっても売れる販売員になることができません。

したがいまして、次のアパレル接客でたくさん売るコツは「売るテクニック」についてご紹介していきたいと思います。

→→ 売るテクニック 【アパレル業界について詳しくなる】

ぜひ参考にされてみてください。