えっ! アパレル接客で売るコツってこんなに簡単だったの!?

「もっとたくさん売れるように、アパレル接客のコツを知りたい……」。

この記事には、アパレル販売員の方々がすぐに現場で使えて効果の出る「売れる接客のコツ」をご紹介しております。

アパレル接客でたくさん売るコツ・・・1

「わたしは服が好き♪」という感情を持ちながら接客をする

まず、1つ目のアパレル接客でたくさん売るコツは、『わたしは服が好き♪』という感情をもちながら接客をするというものになります。なぜそれが売れるコツなのかというと、「お客様の警戒心をほぐせるようになるから」です。

アパレル販売の初心者の方や、売れなくて悩んでおられる方のほとんどが、「売るためにはお客様の警戒心をほぐさなければならない」ということをご存知なかったりされます。

セールスでは、お客様の警戒心がほぐれていないのにも関わらずセールストークを進めていっても売れません。そして、お客様が明るく、笑顔で話しているからといって、警戒心が消えているわけでもありません。警戒心がほぐれていないお客様を相手に売るのは、私でもむずかしい作業になります。

お客様は嫌いな人、嫌いな会社からは買わない

接客セールスの世界にはこんな格言があります。

「お客様は嫌いな人、嫌いな会社からはめったなことがない限り買わない」。

この格言も意外と知られていない言葉だと思います。要は、お客様に嫌われてはいけないということです。例えば、次のようなお客様の姿を簡単に想像できるのではないでしょうか。

・担当のアパレル販売員がなれなれしかったので気分が悪くなり、欲しかった商品を別のお店で買うことにしたお客様。

アパレル接客では、お客様の気分をうまくコントロールできるようにならなければ、たくさん売っていくことはむずかしいのですね。これは、販売員が売れるセールストークをもっていたとしても、お客様に人として受け入れてもらえなければ、結局、たくさん売ることができないということを意味しています。したがいまして、お客様に人として受け入れてもらう=お客様の警戒心をほぐすためにも、「わたしは服が好き♪」という感情をもちながら接客をするを実践しなければならないのです。

【超重要!】社会心理学 「情動伝染」

「わたしは服が好き♪ って思うだけで売れるようになるのなら、誰も苦労はしないと思いますが? でも、それで本当に売れるようになると言うのですか?」。

はい。売れるようになると断言します。私はそうやって接客をして、たくさん売ってきました。

では、なぜ、たったそれだけで売れるようになるのかについて、少し専門的にご説明していこうと思います。

「わたしは服が好き♪」という感情をもちながら接客するだけで売れるようになる理由は、「情動伝染(じょうどうでんせん)」が起きるからです。この情動伝染とは社会心理学の用語です。情動の「情」とは感情のことですね。感情が他人に伝染していくという意味になります。ちなみに社会心理学では次のように解説されています。

「情動伝染とは自分の感情がそのまま他人へうつること。または他人の感情がそのまま自分へうつること。しかも理由なくうつること!」。

つまり、あなたが「わたしは服が好き♪」というポジティブな感情を持つと情動伝染が起きて、お客様にあなたのそのポジティブな感情がうつるのです。すると、お客様の警戒心がみるみるうちにほぐれていくのですね。お客様の警戒心がほぐれはじめると、お客様はあなたのセールストークを素直に聞いてくださるようになります。それはつまり、あなたのセールストークが理解されやすい状態であるといえます。お客様の心理がこのようになるので、売れるようになるのです。

この情動伝染は、理由なくうつっていくため、誰でも練習なしで今すぐできる心理テクニックになっています。

もし、もっと売りたいと真剣に考えているアパレル販売員の方が、このような知識を知らなかったらとしたらどんな接客になるでしょうか? 例えば、入店されたお客様の雰囲気が、どう見ても警戒心が高そうな場合、どんなアプローチをしていくでしょうか? おそらく、この場合は、「あの人は買わないだろう。だから接客につくのはやめよう……」と考え、声かけするのをやめるでしょう。または、おそるおそる声をかけ、結局、「ごゆっくりご覧くださいませ……」と言って、そのお客様から離れるでしょう。
しかし、このアパレル接客のコツを知っている販売員の対応は違ってきます。そんなお客様であっても積極的にアプローチしていきます。なぜなら、「自分のポジティブな感情をお客様に伝染させれば売れる♪」とわかっているからです。同僚や先輩たちに、「えっ! あの買わなそうなお客様が買って帰ったの……!?」と言われることが多くなるのです。

ちなみに、お客様が情動伝染を意識されながらお店に入ってこられるなんてことは、99%ありません。ということは、あなたのポジティブな感情をガンガンうつしていけばいいと言うわけです。

注意点: この情動伝染を理解できるようになると、次のことにも気がつけるのではないでしょうか。それは、お客様の警戒心や冷たさなど、彼らのネガティブな感情を販売員側がうつされてしまう危険性についてです(上記の警戒心の高そうなお客様におそるおそる声をかけた販売員がまさにそれですね)。したがいまして、あなたは接客に入る前に充分に気合いを入れておく必要があります。お客様のネガティブな感情をうつされないためにです(おそらくもうすでに、あなたもお客様のネガティブな感情をうつされたご経験があるのではないでしょうか?)。私たちはお客様にネガティブな感情をうつされてしまったら、一瞬で販売に対して消極的になってしまいます。そして接客の主導権をお客様に握られてしまうようにもなります。結局、売り逃してしまうことになってしまうのです。
しかも、それだけで終わりません。次のお客様への声かけも消極的になってしまいます。もうそれは最悪で、「売れないリズム」「売れない雰囲気」をかもし出しながら売場に立つようになるのです。ですから、絶対にそうならないためにも、このような心理学を学び、取り入れ、実践していく必要があるのですね。
ぜひ毎回、「私のポジティブな感情をうつしていくんだ! お客様のネガティブな感情はうつされない!」と意識をされながら接客へ入っていっていただけたらと思います。

『アメトーク』が情動伝染をイメージしやすい

さて、ここからは少し詳しく、「情動伝染」についてご紹介をしていきたいと思います。
※もう次のアパレル接客でたくさん売るコツを知りたい方は、
→→ 売れてしまう接客会話術へどうぞ。

情動伝染を意識して使えるようになることは、たくさん売るためには本当に大切になります。

そこで、情動伝染をもう少しイメージしてもらいやすいような例を挙げ、理解を深めていただけたらと思います。

突然ですが、大変おそれいりますが、少しだけ、「アメトーク」をイメージしていただけますでしょうか? (もしこの番組をご存知ない方がおられましたら、「アメトーク」でユーチューブやグーグルなどで検索されてみてください)。

アメトークといえば、お笑い芸人さんたちが自分たちの大好きな趣味や、他人がついていけないほどのマニアックなテーマについておもしろおかしくトークをしてくれる番組です(有名なテーマは「ガンダム芸人」「家電芸人」など)。このとき、視聴者である私たちは、だいたいその日のテーマに対する知識や世界観については知らない状態で見ています。そして番組がはじまると、お笑い芸人さんたちがそのテーマのことを情熱をもって話しはじめます。すると、不思議と私たちは情熱をもって話しているその芸人さんたちを見ているだけで、彼らにひき込まれていきます。「この芸人さんは、このテーマのことが本当に好きなんだなぁ。楽しそう♪」。テレビを通して彼らの「好き♪」のポジティブな感情が私たちにうつっていくのです。これが情動伝染です。気がついたら視聴者は楽しい気分になっているのです。番組がはじまってから、いつの間にか楽しんでいる自分の感情の変化が、ポジティブな感情をうつされる側の心理になります。

情動伝染をどんどん使おう!

さて、話しを戻します。

このアパレル接客でたくさん売るコツは、誰でも、特別な才能などなく実践できてしまえます。ただただ何も考えずに、「わたしは服が好き♪ もちろん自社商品が大好き♪ あと他社商品も好き♪」「お客様と服の話をするのが好き♪ お客様が良いお買い物ができるように手伝ってあげたい♪」と、とにかく自分の中にポジティブな感情を用意するだけでOKです。アパレル接客を仕事にされている方は、皆さん服やアクセサリー、香水、靴などが大好きなはずですので、本当に簡単にできるコツになります。

これで、アメトークに出てくるお笑い芸人さんたちのように、はじめはお客様が冷たかったとしても、そこは少し耐えながら、でも結局最後はお客様と打ち解けていた・・・という接客ができるようになります。本当に、たったこれだけで、驚くほど売れる件数が増えていくようになるでしょう。

注意! アパレル販売員の本音が情動伝染してしまってはいけません!

しかし、気をつけなければならないこともあります。それはアパレル販売員の本音です。アパレル接客の経験が少ない方や、売れなくて困っておられる販売員の方には、ある特徴があります。それは、「本当は接客したくない……」「この人に売れるだろうか……」のような、ネガティブな感情が充満してしまっている点です(そんな気持ちになってしまうことについては、私にもよく理解できます。私も昔はそうだったので。笑)。
ここまで読まれた方ならもうお気づきだとは思いますが、そのネガティブな感情が情動伝染してしまうのですね。本人はそのネガティブな感情を隠しているつもりでも、ふとした表情や仕草でお客様にはバレてしまうことがほとんどです。例えば愛想笑いをしてしまっていたり。または笑顔のつもりが目の奥は笑っていなかったり。ふとした瞬間に表情が冷たくなってしまったり、と。どうしてもその本音が伝わってしまいます。お客様も今までの人生の中で、たくさんの販売員の方とコミュニケーションをとってこられた経験をお持ちです。ですから「本物のポジティブ」と「にせのポジティブ」を瞬時に嗅ぎ分ける力をもっておられます(おそらくあなたも客側になれば、一瞬でそれらを感じとられるのではないでしょうか?)。したがいまして、本音にネガティブな感情をもっている販売員に対して、お客様も、「なんだか一生懸命な人だった。でも買いたい気分にならなかった」といって、検討してしまうようになります。

【超重要】 結果を求めない!

もしあなたが「わたしは服が好き♪」と思っているのに、ポジティブな感情が高まってこなかったら、そのときはどうすればいいでしょうか? どうしても不安がつきまとってしまう場合です。

おそらくそのときは、売れなかったときのことを考えてしまっているのだと思います。ですから、まずは売れる売れないのことは忘れましょう。そして、何よりも、売れる売れないよりも、最後までポジティブな感情をうつそうと意識できたかどうかを気にするようにしましょう。そうやって、結果のことは考えずに、自分の販売スキルを高めていくことを楽しむ・・・そんな視点に切替えてみてください。

ちなみに、接客への不安や、販売実績への不安が全く消えないという方に共通していることは、結果を強く求めているという点です。すぐに売らなければ……。今週中に売らなければ……。明日は売る! このように結果ばかり考えています。しかし、たくさん売るためには、販売に関する専門知識と、それを使えるようになる接客スキルが必要になります。要は、それらのスキルが自分に定着していなければ、それを定着させるまでは、思い通りの結果を出し続けるなんてことはできません。でも、この当たり前のことを無視して、早く結果を求めてしまう人がとても多いのですね。だから、不安も消えないですし、思い通りにならないストレスに悩まされ続けるわけです。ですから、まずは、結果のことを考えるのをやめてしまいます。それよりも、1つ1つの接客をふり返り、反省して修正する作業に集中してみてください。
※売れるようになるフィードバック(反省)のやり方は、こちらをご参考いただけたらと思います。

たったそれだけで、仕事への不安な気持ちが消え、楽になれると思います。気持ちが楽になれれば、販売スキルを高めることに集中できるようになります。すると、早ければ数ヶ月後には、当然のように今よりもっと売っている自分になれています。ぜひ騙されたと思って1度お試しいただけたらと思います。

アパレル接客でたくさん売るコツ・・・2

売れてしまう接客会話術

長くなりましたが、以上がひとつ目のアパレル接客でたくさん売るコツでした。

さて、それでは、次のアパレル接客でたくさん売るコツをご紹介していきたいと思います。

次の接客のコツとは、「売れてしまう接客会話術」というものになります。この会話術をマスターしていただくと、どんなお客様であっても楽しく会話ができるようになりますので、あなたのセールストークがどんどん理解されるようになっていきます。そしてさらに、あなたを指名してくださるリピーターがめちゃくちゃ増えはじめます。つまりは、勝手に売れてしまうテクニックともいえます(会話術がヘタなアパレル販売員は、どんなに「売る!」と決意していても、悲しいかな売れることはありません……)。
ぜひ、売れてしまう接客会話術にも目を通していただけたらと思います。

以上、「えっ! アパレル接客で売るコツってこんなに簡単だったの!?」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

追記
最後に、もっと販売実績を出したいと真剣にお考えの方へ、セールスの専門書をご紹介して終わりにしたいと思います。

もしあなたが自分の思うような販売実績が出せていないのならば、それは確実にセールスの専門知識不足が原因です。すぐにお客様心理を動かせる知識を習得されてください。

ぜひこの大変なコロナ禍ではありますが、空いた時間を思う存分に自分の未来のために使ってみられてはいかがでしょうか。

→→ クロージングの心理技術21

■本の内容
・お客様の心理を自在に動かせるようになる「消費者心理学」が学べます。この一冊でセールスに使える心理学のほとんどが学べてしまえます。

私たち人間は、このような心理学をベースにした販売テクニックを使われてしまうと、ものすごく商品が欲しくなったり、今すぐ買おうと決断してしまいます。この本には、そんな「人がモノやサービスを買ってしまう心理」について詳しく書かれています。

あなたはこれらの知識を学ぶことで、今後はお客様心理を自在に動かせるようになります。そして今よりもっともっと売れるようになっていきます。

驚くことに、この本にはありえないシステムがついています。なんと、内容が気に入らなかったら、本は返品せずに返金だけしてもらえる保証がついているんです。もちろん正規販売サイトから買われる方のみの保証です。

この本できちんと勉強されれば、収入は黙っていても上がるとは思いますので、実際の本の代金はあって無いようなものだと思います。

→→ クロージングの心理技術21

PS: 私の感想もこちらに書いております。
ご参考までに。

アパレル接客
最新情報をチェックしよう!