えっ! アパレル接客で売るコツってこんなに簡単だったの!?

アパレル接客でたくさん売るコツ・・・1

「わたしは服が好き♪」という感情をもちながら接客する

アパレル接客でたくさん売るコツは、
「わたしは服が好き♪」という感情をもちながら接客する
というものになります。

このコツを使って接客すると、
「簡単にお客様の警戒心をほぐせる」
ようになれます。

アパレル販売の初心者の方や、売れなくて悩んでおられる販売員の方は、売るためにはお客様の警戒心をほぐす作業が必要であることをご存知なかったりされます。

セールスでは、お客様の警戒心がほぐれていないのにも関わらずセールストークを進めても売れません。
警戒心がほぐれていないお客様に売るのは、私でもむずかしいです。

お客様は嫌いな人、嫌いな会社からは買わない

接客セールスの世界にはこんな格言があります。
「お客様は嫌いな人、嫌いな会社からはめったなことがない限り買わない」。

これも意外と知られていない言葉ですね。

例えば、こんなお客様を簡単に想像できると思います。

・担当のアパレル販売員がなれなれしかったので不快になり、欲しかった商品を別の店で買ったお客様。

アパレル販売は嗜好品を扱っています。
お米や冷蔵庫のように必ず必要だから買う商品でありません。
つまり、販売員がお客様の気分をうまくコントロールできるようにならなければ、たくさん売っていくことはむずかしいのですね。
ということは、売れるセールストークを考える前に、そもそも人としてお客様に受け入れてもらうテクニックを身につけておかなければ売れないのです。
そこを見逃してしまっているアパレル販売員の方は多いです。

そして、人としてお客様に受け入れてもらうテクニックが、
「わたしは服が好き♪」という感情をもちながら接客する
になります。

【超重要】社会心理学 「情動伝染」

「わたしは服が好き♪ って思うだけで売れるのなら誰も苦労しないと思うのですが? それでも簡単に売れるようになると言うのですか?」。

はい。
売れるようになると言い切ります。
私はそうやって接客をして、たくさん売ってきました。

それでは、なぜそれだけで売れるようになるのかについて、少し専門的にご説明していきたいと思います。

売れるようになる理由は、
情動伝染(じょうどうでんせん)」
が起きるからです。

情動伝染とは社会心理学の用語です。
情動の「情」とは感情のことですね。
感情が他人に伝染していくという意味になります。

ちなみに社会心理学では次のように解説されています。

「情動伝染とは自分の感情がそのまま他人へうつること。または他人の感情がそのまま自分へうつること。しかも理由なくうつること!」。

つまり、あなたが「わたしは服が好き♪」というポジティブな感情を持つと情動伝染が起きて、お客様にあなたのポジティブな感情がうつってしまうのですね。
すると、お客様の警戒心がみるみるうちにほぐれていきます。
お客様の警戒心がほぐれたら、お客様はあなたの話を素直に聞いてくださるようになります。
お客様があなたの話を素直に聞いてくれるようになれば、セールストークが伝わりやすいですので、それは売れやすくなることを意味しています。

この情動伝染は「理由なく!」うつっていくため、誰でも練習なしでできてしまう心理テクニックなんです。

もし、販売員がこのような知識を知らなかったらとしたら、例えば、どう見ても警戒心が高そうなお客様が来店されたときに、
「わたしには売れないだろう。接客につくのはやめよう……」と考え、声かけをしません。

しかし、このアパレル接客のコツを実践できる販売員は違います。
そんなお客様でもガンガン声かけにいきます。
なぜなら、
「自分のポジティブな感情をお客様に伝染させれば売れる♪」
とわかっているからです。

「えっ! あの買わなそうなお客様が買って帰ったの……!?」。

こんなことを同僚や先輩たちに言わせる回数が増えていくでしょう。

ちなみに、お客様が情動伝染を意識されながらお店に入ってこられることなんて99%ありません。
ということは、あなたのポジティブな感情をガンガンうつせるというわけです。

注意点: この情動伝染を理解できるようになると、次のことにも気がつくと思います。
それはお客様の警戒心や冷たさなど、ネガティブな感情をうつされてしまう危険性についてです。
したがいまして、あなたは接客に入る前に充分に気合いを入れておく必要があります。
お客様のネガティブな感情をうつされないためにも。
(おそらく、もうすでにあなたはお客様のネガティブな感情をうつされたご経験があるのではないでしょうか?)。

私たちはお客様にネガティブな感情をうつされてしまったら、一瞬で販売に対して消極的になっていきます。
そしてお客様に接客の主導権を握られてしまうようになります。
結局「また来ます」と売り逃してしまうことになります。

それだけで終わりません。
次のお客様への声かけも消極的になります。
最悪な「売れないリズム」「売れない雰囲気」をかもし出す販売員として売場に立つことになってしまいます。
そうならないためにも、このような心理学を知り、それを実際に使えるようになっていく必要があるのですね。

ぜひ毎回「私のポジティブな感情をうつしていくんだ! お客様のネガティブは絶対にうつされない!」と意識されながら接客へ入っていただけたらと思います。

『アメトーク』が情動伝染をイメージしやすい

さて、ここからは「情動伝染」についてもう少し詳しくご紹介していきたいと思います。

※とりあえず、次のアパレル接客のコツを知りたい方は、こちら「売れてしまう接客会話術」へどうぞ。

情動伝染はたくさん売っていくためにとても大切なアパレル接客のコツになります。
そこで、情動伝染をよりイメージしてもらいやすいような例をご紹介していきます。

突然ですが、大変おそれいりますが少しだけ「アメトーク」をイメージしていただけますでしょうか?
(もしこの番組をご存知ない方がおられましたら「アメトーク テレビ朝日」でユーチューブやグーグルなどで検索されてみてください)。

アメトークといえば、お笑い芸人さんたちが自分たちの大好きな趣味や、他人がついていけないほどのマニアックなテーマについておもしろおかしく話してくれる番組です。
※有名なテーマは「ガンダム芸人」「家電芸人」など。

このとき、視聴者である私たちはだいたいその日のテーマに対する知識や世界観について知りません。
しかし、お笑い芸人さんたちがそのテーマのことを情熱をもって話している姿を見ていると、不思議と芸人さんたちにひき込まれていきます。

「この芸人さんは、このテーマのことが本当に好きなんだなぁ。楽しそう♪」。

テレビを通して芸人さんたちの「好き♪」の感情が私たちにうつっていきます。

これが情動伝染です。

あの感情の変化が、ポジティブな感情をうつされる側の心理になります。

情動伝染をどんどん使おう!

さて、話しを戻します。

このアパレル接客のコツは、誰でも、特別な才能を要することなく実践できるものです。

ただただ何も考えずに、
「わたしは服が好き♪ もちろん自社商品が大好き♪ あと他社商品も好き♪」。
「お客様と服の話をするのが好き♪ お客様が良いお買い物ができるように手伝ってあげたい♪」。
というように、自分で思うだけでOKなのですから。笑

アパレル接客を仕事にされている方は、皆さん服やアクセサリー、香水、靴などが大好きなはずですので、本当に簡単にできてしまえます。

アメトークのお笑い芸人さんたちのように、はじめはお客様が冷たかったとしても、そこは少し耐えながら、でも結局最後はお客様と打ち解けていた・・・という接客ができるようになります。
すると、驚くほど売れる件数が増えていくようになります。

注意! アパレル販売員の本音が情動伝染してしまってはいけません!

しかし、気をつけなければならないこともあります。
それはアパレル販売員の本音です。

アパレル接客の経験が少ない方や、売れなくて困っておられる販売員の方には「ある特徴」があります。

それは、
「本当は接客したくない……」。
「この人に売れるだろうか……」。
そんなネガティブな感情を持っておられることです。
(その気持ちになってしまうことについては、私にもよくわかります。私も昔そうだったので。笑)。

ここまで読まれた方ならもうお気づきだとは思いますが、そのネガティブな感情がめちゃくちゃ情動伝染してしまうのですね。
本人はそのネガティブな感情を隠しているつもりでも、ふとした表情や仕草でお客様にはバレているのがほとんどです。

例えば愛想笑いをしてしまっていたり。
または笑顔のつもりが目の奥は笑っていなかったり。
ふとした瞬間に表情が冷たくなってしまったり、と。
どうしてもその本音が伝わってしまいます。

これは接客においては大問題です。
お客様もたくさんの販売員とコミュニケーションをとってこられています。
ですから「本物のポジティブ」と「にせのポジティブ」を瞬時に嗅ぎ分ける力はお持ちです。
(おそらくあなたもお客さんの側になれば、一瞬でそれらを感じとられるのではないでしょうか?)。

したがいまして、お客様も、
「なんだか一生懸命な人だった。でも買いたい気分にならなかった」
と、検討してしまうようになります。

【超重要2】 結果を求めない!

もしあなたが「わたしは服が好き♪」と唱えているのに、ポジティブな気分が高まってこないとしたらどうすればいいでしょうか?
どうしても不安がつきまとってしまう場合です。

おそらく、そんなときは、売れなかったときのことを考えてしまわれているのだと思います。
しかし、その不安こそが情動伝染して売れなくなる原因になります。

まずはお客様に自分のポジティブな感情を情動伝染させることに集中していきましょう。
集中さえ高まれば、そのときだけは不安を消せます。
そして、たとえ売れなかったとしても、最後までポジティブな感情をキープする練習と考えましょう。

それでも不安が消えないのなら、結果を求めることをやめてみてください。
本当に結果を求めるのをやめてみてください。
結果のことを一切考えずに、自分の販売スキルを高めていくことを楽しむ・・・そんな視点に切替えてみてください。

販売実績への不安が消えない人は、結果を強く求めてしまっている人に多いです。

すぐに売らなければ……。
今週中に売らなければ……。
明日は売る!

このように。

しかし、売るためには、高い販売スキルが必要です。
また、売れるタイミングなどもあります。
要は、すぐに望むように売れるわけではありません。
つまり、強く結果を求めている人は、毎回結果が思い通りにならないため、とてもストレスを感じてしまうわけです。

ちなみに、セールススキルがまだ高くない人なら、それを高めていく必要があります。
そのためには、どうしても1つ1つの接客をふり返り、反省して修正をかけていく作業が必要になります。
要は時間がかかります。
※売れるようになるフィードバック(反省)のやり方はこちらをご参考いただけたらと思います。

したがいまして、結果を求めることを一旦やめてみてください。
とても楽になれます。
自分の気持ちが楽になれば、販売スキルを高めることに集中できるようになります。
早ければ数ヶ月後には、今よりもっと売れるようになっています。

ぜひ騙されたと思って1度試してみてください。

アパレル接客でたくさん売るコツ・・・2

売れてしまう接客会話術

ひとつ目のアパレル接客のコツは、ご理解いただけましたでしょうか。
ぜひ、あなたのポジティブな感情をお客様に情動伝染させて、あなたのセールストークが素直に聞いてもらえる環境をたくさん作っていってくださればと思います。

さて、それでは、次のアパレル接客のコツをご紹介していきます。

次のアパレル接客のコツは、
「売れてしまう接客会話術」というものです。

この売れてしまう会話術をマスターしていただくと、どんなお客様とも楽しく会話ができるようになりますので、あなたのセールストークがお客様にどんどん伝わるようになっていきます。
そして、あなた指名のリピーターの数もめちゃくちゃ増えていきます。
つまり、労力を使わずに売れるようになるテクニックになります。
(アパレル販売員は会話術がヘタだったら、どんなに「売る!」と決意されていても売れません……)。

ぜひ売れてしまう接客会話術にも目を通していただけたらと思います。

以上、「えっ! アパレル接客で売るコツってこんなに簡単だったの!?」でした。
ありがとうございました。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

追記
最後、私からおすすめの本をご紹介して終わりにしたいと思います。
その本はこちら
(今、けっこうな額の値下げ中です)。

この本は、お客様心理を動かせるようになるので、確実に1件1件を売りきる能力がつきます。
まだこういう知識を学ばれたことのない方は、ぜひ学ばれてみてください。
とても素晴らしい本です。
この知識をしっかりと覚えていけば、本当にあなたの売れ方が変わると思います。
ぜひ参考にされてみてください。
(とても面白いと思いますよ)。

※この本は、信じられないシステムがついています。
なんと、買ってみて、気に入らなかったら、本は返品せずに返金してもらえるんです!
(購入される方は、返金してもらえない古本を選ばれるより、返金システムがついているキレイな新品を選ばれたほうが良いとは思います)。

PS: 私の感想もこちらに書いております。
ご参考までに。

アパレル接客
最新情報をチェックしよう!