魅力の返報性

魅力の返報性とは?

今回は販売で使える心理学、
「魅力の返報性」
をご紹介していきます。

魅力の返報性とは、
「自分に好意を寄せてくれる人へ、好意をお返しをしたくなる心理」
のことをいいます。

例えば、あなたがお客様に好意を示したとします。
(ここではお客様をたくさん褒めたとしますね)。

するとお客様心理が自動的に
「この人は暑い中がんばっている」。
「あなたはとても感じが良い販売員だね」。
と、あなたへ好意をもってくださるようになるのです。

魅力の返報性の使い方

では、魅力の返報性をどう接客に使えばよいのでしょうか?

その使い方は、
・お客様を好きになる
という、シンプルなものです。

販売員がお客様を好きになれれば、お客様に対する接し方が変わります。
声のトーン、言葉づかい、態度などからその好意がお客様へ伝わります。

するとお客様はその販売員に好意をもちはじめますので(恋愛感情のような好意ではないですよ、念のため)、セールストークを素直に聞いてくださるようになります。

お客様がセールストークを素直に聞いてくだされば、売れる確率は上がります。

売れる確率を上げることはとても大切です。
お客様を好きになることが販売テクニックになるのですね。

お客様を好きになるなんてムリですが……。

そんな販売員の方もいらっしゃると思います。
できるのならお客様1人1人を好きになれると良いのですが、最初はムリをしなくても大丈夫です。

その代わり、まずは「お客様全体」を好きになるようにします。
(私も知らないお客様をいきなり好きになることは苦手です)。

演技は見破られる

もしかしたらお客様自体を嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんね。笑
その場合、お客様のどこか良い点を見つけ、そこを好きになっていく努力をされてみてください。

ちなみに注意点があります。
販売員がお客様を好きになったふりをしてはいけません。
演技はよほどの演技力がない限りお客様にはあっさりバレてしまうからです。
お客様も動物的勘をもっているため、そこは嗅ぎ分けられます。

もし、演技がバレたら、お客様は絶対にお金を支払ったり、契約書へサインすることはありません。

その点に気をつけながら、ぜひ魅力の返報性を接客に使い、販売実績を出していってくださればと思います。

以上、「魅力の返報性」でした。

あなたのますますのご活躍を陰ながらではございますが、心より応援しております。
ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

販売心理学
最新情報をチェックしよう!