初心者営業マンなのに実績をバンバン出せるようになるコツ

初心者営業マンのままでは売れない

初心者営業マンなのにバンバン実績を出せるようになるコツは、「早く初心者営業マンから卒業する」というものです。

実は、先日、私は知り合いの20代前半の営業マンに次のような言葉を言われてしまい、驚いた経験をしました。

「ぼくの営業能力はまだまだです。初心者だから実績を出すのに時間がかかります」。

私はこれを聞いて固まってしまいました。どうリアクションをしてあげていいのやら……。そこでとりあえず「がんばってね」とだけ伝えておきました(私はその彼を指導する立場になかったのと、彼からアドバイスを求められなかったからです)。

ただ、このときふと、もしかしたら私の記事を読まれている方の中にも彼のような「初心者意識」をお持ちの方がいるかもしれないというのが頭をよぎりました。そこで今回は記事にすることにしました。

結論から書きますと、営業マンが初心者意識を持ったままでいると売れません。残念ながらこの世の中、初心者が実績を出し続けるなんてことはありません。例えば、スポーツの世界で考えるとすぐに理解できると思いますが、サッカーの初心者の方はドリブルがうまくできません。ご本人はクリスティアーノ・ロナウド選手やメッシ選手をイメージしてプレイしているつもりでも、現実はボールを全くコントロールできないわけです。それなのにその方がもし「試合で少しくらいは相手ディフェンダーを抜き去れるだろう」と期待していたらどうでしょうか? いい大人の考えではないことがわかるのではないでしょうか。

営業マンも同じです。初心者の営業マンは売れません。ですからとにかく早く初心者営業マンから抜け出すことが、実績をバンバン出せるようになるコツになるのですね。

初心者から抜け出した営業マンだけが売れるようになる

営業マンになって日の浅い方は、まずはあなたの中にある「初心者意識」を捨てていただけたらと思います。

この初心者意識が無くなると、営業スキルが全く足りていない自分自身に気がつけ危機感が芽生えてきます。

その危機感が、営業スキルを向上させないとヤバいとアラームを鳴らしてくれるため、営業スキルを上げようと意識が働くようになります。

そして実際に営業スキルを上げるために、先輩たちの仕事ぶりを観察して真似をしてみたり、商談に同行させてもらってセールストークを勉強したり、「売れる心理学」が書かれている営業本を買って心理学を勉強をしたり、さらにはセミナーにも参加して、業界トップのオーラに触れたりして、そんな毎日を送っていると営業実績が出はじめるようになるのですね。

したがいまして、とにかく早く初心者意識を捨てることに挑戦していただけたらと思います。

まずは交渉の専門知識を習得

初心者営業マンは、交渉術(セールスの専門知識)やお客様心理の特徴について何も知らないことがほとんどです。

ですから、例えば後輩に「お客様の心をどうやったら動かせますか? 教えてください」と言われたとしても何も教えてあげることができません。

右往左往してとまどってしまいます(初心者っぽいですよね)。

実績をバンバン出したい営業マンが交渉術(セールスの専門知識)やお客様心理の特徴を知らないまま仕事を続けてはいけません。

絶対にNGになります。

もうとにかくいち早く交渉術(セールスの専門知識)について勉強して、何も知らない状態から脱け出さないといけません。

※私は昔からこの本で交渉術(セールスの専門知識)やお客様心理の特徴について勉強をすることをおすすめしています。

まずは「知」の部分を初心者から卒業しましょう。

接客後は毎回反省し、営業トークを調整する

商談の交渉術(セールスの専門知識)の勉強をはじめると、営業トークが変わりはじめます。

営業トークが変われば、お客様の反応も変わります。

すると、そのとき、自分がイメージした展開になったかどうかを毎回反省するようにしていきます。

この反省作業を真剣に繰り返していると、お客様心理についても肌でわかるようになってきて、そのコミュニケーションの質がどんどん良くなっていきます。

そうやって毎日を過ごすことで、売れる感覚がつかめるようになります(おそらく、手に取るように自分に営業能力がついてきているという実感を得られると思いますよ)。

初心者意識を早く捨てましょう!

営業マンになってまだ日の浅い方は、とにかく初心者意識を捨てましょう。

そのためには、
・専門知識の勉強
・実戦での経験および反省

これらを毎日繰り返しましょう。

この作業はもしかしたら面白くなくて、すぐにやめてしまいたくなるかもしれません。

しかしそこはグッと耐え、実績をバンバン出せるようになるために通る道と考え、やりぬきましょう。

そうやって努力をしていると「自分はもう初心者ではない!」と強烈に思えるようになれます。

ちなみに、この初心者から抜け出そうとしている期間は、思い通りにならないことが多いため、ストレスまみれになります。

そのストレスを緩和させてる方法がありますので、併せてご紹介をします。

まず、思い通りにならないときのストレスの原因は、あなたが強く結果を求めているためにおこっています。

ですから、努力期間中は「結果」のことを考えるのはやめましょう。

本当に本当に結果を求めるのをやめましょう。

あなたは結果よりも、「勉強」「実践」「反省」「調整」の作業に集中しましょう。

なぜなら、これらの作業に集中しても、急に営業スキルは上がらないからです。つまり、すぐに結果なんて出ないのです。

これはあなたに限らず私もでしたが、営業スキルは努力を続けて続けて続けて、それでほんの少し成長します。

ほんの少し努力をしたらバンバン売れるようになるだろうという考えは現実的ではありません。むしろストレスを招く危険な考えです。

それに、何年も何年も一生懸命に努力を続けて結果を出されている方々に失礼でもあります。

どの業界でも実績をバンバン出されている方々は、その仕事に必要な能力を上げるためにたくさんの時間を投入されています。

ですから、あなたも結果を強く求めるのは一旦やめて、ストレスをできる限り少なくした精神状態で営業スキルを高めていっていただけたらと思います。

そうやって早く初心者から抜け出していってくださればと思います。

今回は以上になります。

わたしが「これだけは知っておいたほうがいい」とこのブログを作りはじめたときからずっとオススメしている書籍をご紹介します。

「自分は絶対に売れるようにならなきゃいけないんだ!」とか「社内トップの実績を出せるようになる!」など、これからこの仕事をがんばっていこうとしっかり決意されている方に読んでほしいと思っています。

↑ こちらの正規サイトから買われると、なんと今なら読んだあとでも返品ができるシステムがついてきます。
しかもそのとき、本は返品しなくても良いそうです。

画像をタップして中身を確認してみてください。

私や他の購入者様の感想はこちらにあります。

行動を続けてしまう目標の立て方の画像です。
最新情報をチェックしよう!