結果が出る目標の立て方

結果が出る目標の立て方

結果が出る目標の立て方は、「行動をした瞬間に結果が確認できる目標にする」ことです。なぜなら、私たちはすぐに結果を求める性質があるからです。例えば、好きな人とはすぐにデートがしたいですし、明日にはお金持ちになっていたいです。同じように明日には、お腹の脂肪がすっきりなくなっていてほしいと願うでしょう。つまり、すぐに結果がほしいのにも関わらず、ほしい結果が手に入らないのはストレスになります。私たちはストレスが続くと、そのうちその目標を達成させることをあきらめてしまうようになり、結果が出せなくなります。したがって、ほしい結果をあきらめてしまわないように行動をした瞬間に結果が確認できる目標にすることで、ほしい結果を出すことができるようになるのです。

具体的な目標の立て方は、月間100件の販売目標を立てている販売員の方ならば、「月間」という長い期間を改め、1日に代えます。「今日は6件を目標にする。昼12時までに3件アプローチする → 17時までに6件アプローチする → 19時までに3件アプローチする」。こうやって目標を立てると、すべての目標に対して結果が確認できます。もし結果が出せていれば、これを繰り返すことで月間100件の結果を出せるようになります。反対に、結果が出せていなければ、どうやったら結果を出せたのかを考えます。そして、その考えを次の日に反映させて活動していきます。つまり、月間100件を重要視するのではなく、1日の目標を重要視する毎日を過ごすことで結果を出せるようになっていくのです。

ちなみに、結果が出にくい目標の立て方は、「月間100件を達成させる」のような目標です。なぜなら、この目標の立て方には、すぐに結果を確認することができる要素がないからです。例えば、第2週目で22件の結果が出せていても「このままのペースでいけるだろうか……」とストレスがつきまとってしまいます。できれば、1日ごとに結果を確認して、前の日の結果は引きずらず、その日結果を出すことだけに集中していくほうが結果は出やすくなります。

もしあなたが、立てた目標に対して、結果を出せていない回数が多いようでしたら、今回の目標の立て方を参考にしていただけたらと思います。

この目標の立て方があなたのお役に立てたら嬉しく思います。

以上「結果が出る目標の立て方」でした。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。
ありがとうございました。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!