集中力を高める方法

集中力と営業実績

営業マンの仕事は営業実績を出すことです。
そして、それを可能にしていくためには目標に対して集中し続けるメンタル力が求められます。
例えば、トップセールスマンの方々がなぜ毎月高い営業実績を出せているのかといいますと、この集中力が高いからです。
彼らのほとんどは目標を達成させることに集中されながら生活されています。
営業力(売るスキル)がいくら高くても、目標を達成させることに集中されていない営業マンは、やはり未達成で月末を迎えられたり、進捗90%前後で着地されたりします。
営業実績を出し続けるためには、高い集中力が必要になります。

単純! 集中力を高める方法は「集中し続ける」

集中力を高める方法は単純明快です。集中し続けることです。
最近流行の瞑想(マインドフルネス)の時間をもつことは良さそうですね。
とにかくなんでも良いので集中し続けることで高まっていきます。
そして、疲れを感じて集中が途切れるようになるまで集中を持続させることです。

筆者の私は数多くのトップセールスの方々に出会ってきました。
彼らは皆さんセールストークが素晴らしく、なおかつセールスコミュニケーションも抜群にうまいです。
そして、そこにメンタルスキルである「集中力」を持ち合わせておられました。

トップセールスの方々は、毎日、毎週、毎月、毎年、とにかく目標を達成させることに集中されています。
常に意識を高く保っておられます。
そして、ほかの営業マンとの最大の違いが、1日の仕事を終えても彼らは集中を切らすことをされないところです。
例えば、普通、1日の仕事を終えたら「ハァ~疲れた。家に帰ってゆっくりしよう」と考えます。そして、会社を出た瞬間に休憩モードに意識が変わると思います。
しかし、トップセールスの方々は違います。彼らは会社を出ても、家に帰ってごはんを食べながらでも、お風呂に入りながらでも、常に頭の片隅に目標のことを考えておられます。今日の反省や明日どうやって営業実績を出すかなど、仕事のことばかり考えています。本当に集中が途切れないのですね(もちろん身体はリラックスされていますよ)。彼女や彼氏、または奥さま、ご主人さまと一緒の時間を過ごしていたとしても、頭の片隅でセールスのことを考え、集中されています。
トップセールスマンの方々は、このように集中し続けることを自然とされているので、とても集中力が高いです。

集中力を高める方法は、とにかく集中し続けることです。そしてその集中が限界を迎えるまでキープすることです。
そうやって鍛えていくことで高まっていきます。

集中力が高まってくると結果も出はじめる

突然ですが、あなたはリフティングをされたことはありますでしょうか?
↓ リフティング

リフティングをしたことがある方ならすぐにイメージしてもらえると思いますが、リフティングは集中していないとすぐにボールを地面に落としてしまいます(動画でも右側のブラジル代表ネイマール選手が冒頭でこぼされていますね。ただ、このときシューズがスパイクではないですね)。
集中せずにリフティングをはじめると、1、2、3、よ……あぁ~失敗した、を何度か繰り返します。
しかし、それを何度か繰り返していると――集中が安定しはじめると――10回まで連続でできるようになっていきます。
そして、そのまま20回……30回と連続でリフティングができるようになっていきます(サッカークラブに入っている人なら、100回~と続いていきますね)。
そして、「今日はもうおしまい!」と、集中を切ると不思議とすぐにボールを落としてしまいます。

実は、このような現象は営業の仕事でも起きています。
目標を達成させようと集中状態に入っても、実際にそれが安定しはじめるまでは営業実績に大きな変化は出ません。
営業職の場合は休日もはさみますので、最低でも20日間くらいは安定させるのに時間がかかります。
その代わりそれを30日間、60日間、90日間と続けることができると「今の自分は売れる感覚しかない。売れる気しかしない」となっていきます。
そして実際に営業実績が出はじめます。

もちろん中には目標を意識し続けることに、集中力を維持することに苦痛を感じてしまわれる方もいらっしゃるとは思います。
しかし、もし今、思うように営業実績が出せていないとしたら、または毎月安定した営業実績を出せていないとしたら、おそらく毎日、毎日、目標に対する集中をブツンと立ち切っておられると思います。
または1ヶ月一生懸命がんばった次の月、反動で無意識に休憩モードに入り、目標を意識する集中がブツンと切れているはずです。

集中をキープすることで営業実績は出はじめます。
集中力を高めて、キープできる日数を伸ばしていっていただけたらと思います。

まとめ

営業マンが高い営業実績を出すためには、このようなメンタルスキルにあたる集中力をコントロールするスキルも大切になります。
ぜひ目標に集中し続けてみてください。
毎日、「ふぅ~。今日も仕事が終わったぁ~」と同時に、せっかくの集中状態をとかないでいただけたらと思います。
そのときは身体の力を抜いてリラックスをしつつ、頭の片隅では明日どうするか? 今日良かったところは? 今日会えた見込み客を次、どうやって成約させるか? など、考え続けてみてください。
このようなプライベートの時間の過ごし方で、月末の営業実績は恐ろしく変わってきます。

目標に対するその集中力を途切らせることがなければ、リフティングのときになぜかサッカーボールがずっと続けられるように、私たち営業マンのセールストークやセールスコミュニケーションもお客様に響いていくようになります。
集中状態の私たち営業マンの雰囲気にお客様が影響を受けられるからです。
ぜひ、この単純な集中力を高める方法を試してみていただけたらと思います。

以上、「集中力を高める方法| 営業マンのメンタル」でした。
一二 三四朗でした。
ありがとうございました。