営業マンは午前中が勝負| 営業の基本

午前中が勝負

実績の高い人たちにはある共通点があります。それは「午前中に必ず成約を獲る」です。彼らは午前中に確実に成約を獲ることで、その1日に良いリズムをつけています。

さて、あなたはいかがでしょうか? あなたは午前中という時間帯に対してどんな意識をもたれておられますでしょうか? 私たちは「午前中にどう行動するのか?」を意識するだけで1日、1ヶ月、1年間の実績が圧倒的に変わってきます。




午前中に成約が獲れる理由

午前中に成約が獲れるのには理由があります。まず個人宅への訪問販売(飛び込み営業)、保険販売などならお客様の在宅率が高い時間帯だからです。アパレル販売、化粧品販売、家電販売など店舗販売ではお客様が買いに来ている確率が高い時間帯だからです。

午前中=朝です。したがいまして、お客様の心理状態もポジティブです(人は朝から嫌な気分になりたくない心理を無意識に持っていますよね)。まさに午前中はお客様が私たちの話を聞いてくださる確率が上がっているのですね。これは午前中に誰かが自分の家にたずねてきた、あるいは午前中に何かを買いにお店に出かけてたときをイメージするとすぐにご理解いただけると思います。

例えば、私たちが午前中にお店に出かけるには早起きして準備をしなければなりません。なぜなら、私たちは日々の仕事の疲れが残っているものですから、午前中はゆっくりと過ごしたいという心理が働いているからです(お子様がおられるご夫婦は午前中も必然的に活動的ですが)。そんな心理状態にあるのに、わざわざ店に出かけるのです。その商品に関心がなければそんな行動はとりません(年齢が高い方ほど確実に買いに来られています)。それは「買うよ」のシールが貼られているお客様であると言えてしまえます。それゆえに、成約にもち込める確率は12:30頃~17:00頃より高まっていることになります。

そして、それを裏付けるように実績の高い人たちは「午前中に成約を獲っている」というデータもあります(これは社内トップの人たちの実績を成約になった時間帯で分析されてみると分かると思います)。実績が高い人たちは午前中に必ず成約を獲っています(「午前中に成約が獲れると、その日はほぼほぼイケますよね♪」と、私が影響を受けた後輩の天才営業マンはよく口にしていました。そして私が出会ってきた優秀なセールスマンは必ず午前中に成約を獲っていました)。

午前中は「お客様の心理状態が良い。ゆえにコミュニケーションが取りやすい。だから成約しやすい」。これが午前中に勝負をかける理由です。

それでは、どうすれば確実に午前中に成約が獲れるようになっていけるのでしょうか?




前日の夜に準備をする!

午前中に確実に成約を獲るためには、前日の夜に準備をすることで可能になります。例えば「明日の効率的なエリアの回り方をイメージしておく」「午前中にアポイントを入れておく」「退店する前に在庫状況をチェックし、明日何を売ればいいのか把握しておく」など準備をしておくことが大切になります。すると、午前中の時間の使い方が変わります。迷い無く効率の良い販売行動ができるようになります。「午前中に成約するぞ!」と集中力も高まっていますので獲りこぼしがありません。

前日の夜の準備。この時間にいかに明日の動き方をイメージできるのかが次の日の午前中の動き方、セールストークのキレを変えていきます。




早起きしてランニングやストレッチをする

ちなみに私は「勝負の日」や販売コンテストなどの「勝負の月」には、早起きしてランニングをしていました。なぜなら、ランニングによって全身の血流が良くなるので、顔色が健康的な色になるからです。

人は、健康的な顔色の他人と出会うとポジティブな心理になりやすくなります。顔色が良い人は印象が良いのです! しかし、いかにも「1時間前に起きました」というむくんだ顔つきでお客様と出会ってしまうば印象は良くありません。「一生懸命、仕事をしている」という雰囲気が全く感じられず頼りなくなるものです。それを回避するために早起きをしてランニングをしていたのです(雨の日は風邪をひいてはいけないので汗が出てくるくらいのストレッチ)。

午前中は、成約を獲るためのゴールデンタイムです。前日の夜にしっかりと準備をする。朝もすっきりとしたイキイキとしたオーラをまとう。それらが揃うと、実績は必ず伸びていきます。ぜひ、午前中の活動を大切にされてみてください。今までこのことを意識されてこなかった方ならば、高い確率で実績が伸び始めます。

陰ながらではございますが、あなたのご活躍を心より応援しております。

以上、「営業マンは午前中が勝負| 営業の基本」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする