販売員は午前中が勝負!

販売実績の高い人たちの共通点

私が出会ってきた販売実績の高い人たちにはある共通点があった。それは「午前中に必ず売る」というものだ。彼らは午前中に確実に売ることで、その1日を良いリズムにしていた。

私たち販売員は「午前中にどう行動するのか?」を考えることが大切だ。これを考えるだけで1日、1ヶ月、1年間の販売実績が圧倒的に変わってくる。

なぜ午前中が売れるのか?

なぜ午前中は売れるのか? それには理由がある。私は次のように考えている。個人宅への訪問販売(飛び込み営業)ならお客様の在宅率が高い時間帯だからだ。アパレル販売、化粧品販売、家電販売など店舗内での販売では、お客様が買いに来ている確率が高い時間帯だからだ。また、午前中=朝である。つまり、お客様の心理状態もポジティブだ(人は朝から嫌な気分になりたくない心理を無意識に持っている)。それゆえに午前中は、お客様が私たち販売員の話を聞いてくれる確率が高くなっているといえる。これは自分だったらとイメージしていただくとご理解いただけると思う。例えば、午前中からいくらアポなし訪問販売員が来たからといって、警戒心をMAXに発動させ争いたくはない。また、午前中にお店にいるということは、早起きして準備をしていたことになる。私たちは日々の仕事の疲れが残っており、午前中はゆっくりと過ごしたいという心理があるため(お子様がおられるご夫婦は午前中も必然的に活動的ですが)、そんな心理のはずなのに、わざわざ店に出向いているということは、何かしら商品に関心をもっているからである(年齢が高いお客様ほど確実に買いに来られている)。

そして、そんなお客様心理を裏付けるように販売実績の高い人たちは「午前中に売っている」というデータもある(あなたの社内トップ販売員の販売データを時間帯で分析してみてほしい。午前中に皆、実績を出しているはずだ)。
「午前中に売れると、その日はほぼほぼイケますよね♪」と、私の尊敬する後輩の天才販売員はよく口にしていた。

要は、午前中は「お客様の心理状態が良い。ゆえにコミュニケーションが取りやすい。だから売れやすい」。これが午前中に勝負をかける理由である。

前日の夜に準備をする!

午前中に確実に売るためには、前日の夜に準備をしておくことがポイントとなる。例えば、
・明日の効率的なエリアの回り方をイメージしておく。
・午前中にアポイントを入れておく。
・帰る前に在庫状況をチェックして、明日何を売ればいいのか把握しておく。

前日の夜に準備をしておくと、その日の午前中の時間の使い方が変わる。迷い無く効率の良い販売行動ができるようになる。「午前中に売るぞ!」と集中力も高まっている。何も考えていない販売員より確実に販売実績を出せるようになるのだ。私はそうやって売ってきた。

早起きしてランニングやストレッチをする

ちなみに、私は月末〆日近くの「勝負の日」や、販売コンテスト中の「勝負の月」などには早起きをして「早朝ランニング」をしていた。なぜなら、早朝ランニングをすると全身の血流を良くすることができ、10時頃、お客様の前にいる私の顔色が健康的に見える状態になるからだ。お客様はそんな私を見ることでポジティブな心理になる(顔色が健康的な人の印象は良いものだ)。

しかし、いかにも1時間前に起きましたと、むくんだ顔つきでお客様と出会ってしまえば印象は最悪だ。「一生懸命、仕事をしている人」という雰囲気も一切感じられない。

私のように早朝にランニングまでしなくてもよいと思うが、しかし毎朝強めのストレッチをしておくのは良いかもしれない。こちらも全身の血流が良くなり、顔色が健康的に見えるようになる。

ぜひ、午前中という時間帯を再度見つめ直してみてはいかがだろうか。この内容を初めて知った方なら、爆発的に販売実績が伸びるだろう。

最新情報をチェックしよう!