マル秘人脈活用術 購入者レビュー(感想)

『マル秘人脈活用術』の中身

マル秘人脈活用術の中身を少しだけ公開します。

ぜひイメージをつかんでいただけたらと思います。

このあとのページには、

「どうやったら自分に250人規模の勢力圏(応援してくれる人たち)のネットワークをつくっていくのか」が丁寧に解説されています。

『マル秘人脈活用術』から得られるメリット

私はマル秘人脈活用術から得られるメリットは2つあると思います。

  1. 紹介をもらえるスキルが高まる。
  2. そのお客様たちと長期的に良い人間関係を築けるようになる。

※著者はボブ・バーグ氏。彼の経歴は、テレビキャスター → 営業マン → 営業部長 → 独立後コンサルティング会社社長。アメリカでは止まらない紹介の連鎖を構築できる人脈ノウハウを提供するビジネスマンとして高く評価されています(※本書は全米でロングセラーのようです)。

マル秘人脈活用術は「お客様と良い人間関係を築くには、どんな心構えでいるべきか?」が一貫したテーマになっています。それをベースに紹介をもらえるノウハウおよびテクニックが記されています。

その中のひとつをご紹介すると、例えばお客様との人間関係にギブ・アンド・テイクをもちこまないように著者は説明しています。普通ビジネスで出会う人間関係はギブ・アンド・テイクで成立すると考えられていますが―――心理学的な視点「返報性の原理」からもそれは正しいとされています―――しかし著者はこれを勧めておられません。

なぜなら「あなたがお客様と良い人間関係を築くためである」とシンプルかつ本質をつく説明をされています。本書ではギブ・アンド・テイクなしでも大きな利益を出せる仕事のやり方を丁寧に解説されています。

したがいまして、今よりもっと新規顧客を獲得したい方(それを紹介によって、しかもその新規客と長い関係を維持されたい方)にとってはぜひ知っておかれて損がない内容となっているのではないでしょうか。

⇒⇒ マル秘人脈活用術

『マル秘人脈活用術』のデメリット

もうすでにお客様と良い人間関係を築けている、または紹介をたくさんいただけている(数百人規模のネットワークを構築できている)ようでしたら、当たり前のことが書いてあると感じるのではないでしょうか。

紹介をもらうノウハウ(250人のネットワークのつくり方)については、お客様との接し方や行動にうつる前の考え方についても丁寧に説明されています。もしかしたらそのあたりが不要に感じてしまわれるかもしれません。

そして当然ですが、紹介をもらってそれを太い人脈にしていくには時間と労力がかかります。その時間と労力を無視して「マル秘人脈活用術を読んだらすぐに紹介がもらえるようになって、わたしの営業実績が上がりはじめるだろう」と結果をはやく求めてしまわれる方にも個人的には向かないと思います。

マル秘人脈活用術 購入された方々の感想

ここからは実際に『マル秘人脈活用術』を購入されて満足されている方々のレビューをご紹介していきたいと思います。

即戦力で使える手段の連続

2016/9/26 By  長井章浩

その即戦力で使える手段の中で私が感動して即実行したことがあります。それがこのアイディア。「相手が答えていて、楽しい質問をする」。…この文章を読むまでの私は、「相手が聞いてほしいこと」を考えながら会話するように心がけていました。たとえば、「こないだお客様からお礼の手紙をいただいたんだー」と言われたら、「オーー。何て書いてあったの??」というような感じに。…正直、この考え方でも、相手は楽しそうな笑顔で話してくれていたことが多かったと思います。何度か、聞き上手だよね。と言われたこともありました。ですが、相手の聞いてほしいことを聞く…というこの行為は、「相手が何かを話したがっている状態」が既にある場合でしか、大きな効果はありませんでした。それ以外の時では、私はただの《ごく普通の人》だったんです。そこでこの本の「相手が、答えていて楽しくなる質問をする」というアイディアを取り入れて、行動してみることにしました(3人のお客様に、このアイディアを意識して会話してみたんです)。そうしたら、《3人とも、いつもより笑顔が多くなっていた》自信を持って、そう断言できます。私も、その笑顔をみて、とても嬉しく感じました。…しかもこのアイディア、相手が楽しくなっちゃう質問の実例が、10個もあるんです。私は、その中の5つしか覚えきれていませんし、それしか使えていません。そのたった5つだけでも、こんなに長々とストーリーを書くくらい感動したということです。もちろん、ほかにもたくさんの人脈を増やすための手段が載っています(今までお話した私のストーリーは、たったの6ページを活用しただけに過ぎません)。是非あなたも手にとってみて、ご自身でその効果を体験なさってください。ノンストップで長々と書いてしまいましたが、少しでもこのレビューが参考になれたらいいなーと思っています。では! 失礼いたします。

拝読してみて

2016/9/24 By  森 栄澄

営業職に従事される方必見! この本はすごい! 購買プロセスの挨拶、注意を引く一番はじめの段階。お客様にいかに懐に入り込むか? がすんなりとマスター出来るメソッドが身に付きます。挨拶後の自身をさりげなく売り込むメソッドもツールを使いお客様にソフトに印象づけ浸透させる点も、「なるほど」と思える内容です。世の営業書物は、提案や応酬などやり方説明などの売り手都合文献が多数のようですが、この本は買い手側の見方でも説明されており目から鱗でした。フィールグッドクエスチョン®により初対面の方と会話の深みが出てきて、また相手の警戒心が取れていく様をたった数分で実感した際には、この本と巡りあえて良かったと感じました。営業のみならず日常生活の希薄した隣人との会話にも活かすことが可能ですよ。ぜひご一読下さい。オススメです!

紹介制度の仕組み化

2017/7/13 By 森田

新規顧客からどれだけの紹介を獲得して母数を増やしていけるかがよく書かれています。参考になることばかりで即実践して即効果が出たのもありますので、そのテクニックをこの本で学べます。

自営業も勤務人も一読の価値あり

2017/1/15 By 三木啓丞

個人事業主であれ、営業職であれセールスの方法は昔から変わらない。飛び込み・TELアポ・メディア・紹介がメインとなる。その中でも紹介は成約率が高いので、私のサラリーマン時代上長は兎に角紹介を取れと毎朝バカの1つ覚えの如く叱咤激励していた。しかし、ではどのように紹介を取るのか? という問いの対しては「顧客に頼み込め!信頼関係があれば紹介をくれる!」と言った曖昧な根性論しか返ってこなかった。本書は紹介とはそもそも何であるのか? を説き、紹介を獲得するためのテクニックやマインドセットだけに留まらず、紹介が連鎖する人生観さえも余すこと無く伝えてくれている。洋書の翻訳とは思えぬくらい読みやすく、ほんの僅か纏まった時間があれば直ぐに読み終える事も出来る。しかしながら、内容を理解し行動し深化させていくには相応の時間が必要ともなる。但し、広大なマーケットを地図も無しに彷徨い歩き途方に暮れてしまうような状況から抜け出す為には、本書は現存する紹介獲得の書籍の中で最も適したテキストであると思われる。

なるほどが一杯!

2016/12/17 By  三星 紀子

最初にこの本を読んでみようかなっと思ったきっかけは、本屋さんで売っていない本と言う言葉に惹かれました。私は本屋さんがとても好きで、ほぼ毎日の様にあしげく本屋さんに通っては様々な本に触れ、目をザッと通して気に入ったものを購入すると言うスタイルだったので、手に触れず目を通すことも出来ないん本はどんな感じなのかと好奇心からこの本を購入しました。正直少し怖かったです。何故ならこのお値段‼︎ 幾らおすすめですよって言われても納得出来なければ残念な気持ちにもなりますし、また、ダマされた‼︎ や悲しく思う事もあったと思います。ですが返品可能とありましたので思い切って購入してみました。読んで見て思ったのは、とても細かく章が分かれて居るので、今知りたい事をチョイスして読み進める事が出来るので、とても入り易くかつポイントがまとめられているので、そこをより心に感じ気持ちの面でも納得が出来るので、頭だけの理解に留まらない事がとても素敵だと思いました。また、何度か読み返しをするたびに、そのつ度、気付きも得る事が出来ました。ここまでベタ褒めさせて頂きましたが、1点だけ海外の書籍なので例えがイマイチ分かりづらいなと言うが気になりました。ですが、あえて上げさせて頂いた部分なので、海外ではこんな感じでビジネスを進めているんだなとそれも楽しみながら読ませて頂いております。かなりの長文になりましたがお伝えしたい事は、読んだ方だけが感じるなるほどが一杯な素敵な本だと言う事です。

⇒⇒ マル秘人脈活用術

ご検討中の方へ

ぜひこの人脈構築スキルを活用されて、もっともっと高い営業実績を長く出し続けていっていただけたらと思います。

ちなみに、こちらの本には「返品保証」がついています。もし実際に実践してみて結果が出なかったら90日以内なら返品できるようになっています(購入した本を返品できるなんて信じられないですけどOKみたいです)。

約3ヶ月もありますので、じっくり読み込んで、実践して、その結果を検証してみてはいかがでしょうか。

以上、「マル秘人脈活用術 購入者レビュー(感想)」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする