一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)のプロフィール

いつもこのブログに目を通してくださりありがとうございます。

改めまして一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)と申します。

今回は簡単ではありますが、私の自己紹介をさせていただこうと思っております。

ぜひよろしくお願いいたします。

一二 三四朗の個人実績

まずは私の個人実績から。

私が皆さんに胸をはって公表できる販売実績があるとしたら通信業界の商材(光回線)を訪問販売していたときのものがある。

クライアントが主催する首都圏販売コンテストで何度も1位や2位を獲得していた(当時営業マンは1000人まではいかないが、確実に数百人はいたと思う)。

その競争環境でクライアントから表彰をされたりボーナスをいただいたりしていた。
(中でもキャンセル件数が群を抜いて少なかったのでそこを特に評価してもらえていた)。

そんな私は20代前半の頃から様々な商材をセールスしてきた。

・インポートスーツ
・健康食品
・電化製品や通信回線
・食品や調理器具

これらのセールス経験が高齢者から学生さんまで幅広い年代のお客様とスムーズにコミュニケーションをとれる基礎となってくれた。

そして気がつけばマネージャーという役職がついていた。セールスする側から教える側になっていた(現在は会社に所属した立場でのセールスからは身を引いている)。

ただ……実は……私は元々セールスセンスのない男だった……。

たった今「表彰された」とさも優秀な営業マンっぽい雰囲気を出したがそうなるまでに長い期間売れない営業マンとして君臨していた……。

友達もそこそこ多いし、年上からも好かれてるからセールスなんて余裕でしょ♪♪

これが全く違っていた。

特に20代前半の頃は全く売れなかった。

本当に見事に売れなかった。

あなたはご経験されたことはないかもしれないが、お客様と楽しく会話はできるのに売れないのだ。

当時はなぜ売れないのか本当に不思議で不思議でしょうがなかった。

何度も何度も売ろうとがんばって感じよく接客をするのだがお客様は買わずに帰るのだ。

その頃セールスしていた商材はインポートスーツだ。店内での接客セールスでその店は有名店だった。

お店はお客様からの信頼を得ている。だけど私がセールスすると皆さん買わない(今ふりかえってみると売れない原因は分かるが、当時は本当に悩んだ)。

だから当時の上司によくこんなことを言われていた。

「話だけ長くて結局売れないお前は一番タチが悪い!」。

こういう言葉は……忘れないものだ。

いまだにハッキリと覚えている。(笑)

ある社長の言葉がきっかけで売れはじめる

そんな私は毎日上司からキツイお叱りと嫌味を言われながら仕事をしていた。そして毎晩肩を落としながら帰宅していた。

ところがある日、この状態を脱出するきっかけがおとずれた。父親の知人に会社経営者がおり、その社長が現役を引退されたとのことで家に遊びに来ていたのだ(その社長は私がスーツ販売をしていることを知っていた)。

私が暗い表情で帰宅するのを見た社長が気にかけてくださったのだ。これが転機になった。

「ミシロウくん。セールスは訓練しないと実績は出せないよ。セールスは甘くない。自分をコントロールしてやらないと絶対に売れないからね。一生懸命がんばりなさい」。

おぉ! 私の心にありがたい気持ちがわき上がると同時に、社長、具体的に売れる方法を教えてよとものすごい自分都合な要求心もわきあがっていた。

でも次の瞬間、私の心の声が聞こえたのかその社長から売れなかった私がトップセールスにまで成長できるきっかけとなった決定的な一言をくださったのだ。

「トップ営業マンをマネなさい。彼らのセールスを見せてもらいなさい」。

それから私ははじめて先輩のセールスを観察するようになったのだ(今ふりかえるとそこに気がつけるまでが遅すぎる。笑)。

私はそうじをするフリをしながら聞き耳を立てた。

するとあることに気がついた!

よく売っていた先輩のセールストークは私のものとは全く違っていたのだ。

それからの私は販売実績の高い人たちのセールスのマネをするようになっていった。

トップ営業マンをマネるとめちゃくちゃ売れるようになる

私は自分を営業マンとして評価してみるとき、オレほどセールスセンスの無いやつはいないよな……となってしまう。

その理由は私がトップ営業マンたちのマネをして販売実績が良くなりはじめると天狗になり、天狗になった私は自分のやり方で実績を出そうとオリジナリティーを出しながら自分の視点でセールスを試みるのだがそのときだけぱったりと売れなくなるのだ。(笑)

本当に不思議だった。

私も男なので人のマネを続けるのは嫌だ! とオリジナリティーを出そうと奮闘するのだが、その瞬間から美しいほどパッタリと売れなくなるのだ……。

だから今では自分にセールスセンスが無いことを認めていて、結局トップ営業マンたちのマネをすることが1番ストレスなく楽に販売実績を出せるんだなと理解できている(20代の頃はセールスセンスのない自分に自己嫌悪していたが、今では良い思い出だ)。

私はセールスという仕事は向き不向きがはっきり分かれる職業だと思う。

セールスに向いている人はオリジナリティーを出しながらガンガン販売実績を出す。中には独立して自分で会社を立ち上げる人もいる。

でも反対に私のようにこの仕事に向いていそうな人柄にもかかわらず実際には不向きの人もいる。

ただ、先ほど登場した社長の言葉にあるように不向きな人でもトップ営業マンをマネて訓練を続けていけば売れる営業マンになれる。

大物トップ営業マンにまではなれなくても社内で上位の販売実績を出し続ける存在には簡単になれてしまえる。

まわりにトップ営業マンがいない人や、トップ営業マンが仕事を見せてくれない場合はどうするか?

その場合は有名人のセミナーに出かけるといいだろう。

私の経験上、たくさんのトップセールスのノウハウを知っておくと良いと思う。

上司からの今日○○件、絶対契約してこい! というプレッシャーを無視してトップセールスのノウハウをマネすることに集中していると徐々にセールスセンスがついてくるし販売実績も伸びてくる。

セミナー代や書籍代などにお金はかかります。

自分の売る能力を高める方法はとても簡単だ。

スキルアップのためにお金をかければよい。

本当は良い先輩が近くにいて、無料でセールスを学べたら一番いいのだが、セールス職の世界ではそれがなかなかうまくいかなかったりする。

頼れるはずの先輩が逆にプレッシャーをかけてきて潰そうとしてくるし、ライバル心からかセールス現場を見せてくれなかったりする。

だからスキルアップにつながりそうな有益な情報は業界の有名人たちから取得していくことになる。

つまりお金がかかる。

私は売る能力を高めるためにたくさんお金を使ってきた。

これは勉強やスポーツと同じだ。

塾やスポーツクラブに入った人が速く成長していく。何でもこの原則を理解している人がライバルたちより速く、そして良い実績を出せるようになる。

「いや……でもローンもあるし。遊べなくなるし……。今月は厳しいッ!」。

まさにその人の人生のセンスの見せどころだ。(笑)

ちなみに私はセールスに関する心理学の本をたくさん買って読んだし、トップ営業マンを食事にに招待して(居酒屋だが)楽しく飲みながら彼らのセールスノウハウをすべて聞き出していた。
(めちゃくちゃお金はかかったがトップ営業マンたちにかなり好かれたので面白い話をたくさん聞けた。笑)。

※ちなみに私はセールス歴が3年未満の方には本当に本当に本当に良い先輩や良いセールスの本に出会ってほしいと思っている。その理由はセールスを何十年もしているベテラン組になってから「良いセールス本」や「良い考えをした人」に出会ったとしてもプライドが邪魔したり結局面倒くさくて行動しなかったりと、変われないからだ。

つまりそれはお金をかけても成長しない時期に突入してしまっているのだ。

だから本当に良いセールス本や良い先輩に出会ってほしいと思っている。

訓練あるのみ!

セールス職は誰でもトップ営業マンになれる。もちろん高収入(会社の給与システムにもよるが)もらえる。会社からの高評価も得られる。

すべて叶えられる。

それもすべてはセールスの訓練をするだけでOKだ。

ただ、気合いと根性でピアノが弾けたり作曲ができるようにならないのと同じで、セールスも気合いと根性だけでは売れるようにはならない。

ピアノを弾いたり作曲をするためには必ず専門知識の勉強が必要になる。

セールスも売るための専門知識の勉強が必要になる。

昔の私のようにそこに気がつけないまま毎日をただただがむしゃらにがんばってしまわないように気をつけなければならない。

そんなことをしていると疲れ果ててしまいセールスが大嫌いになってしまう。あなたは昔の私のように長く苦しい時間を過ごしてほしくない。

私は真剣に販売実績を出したいと考えている人を心の底から応援している。

だからぜひセールスの専門知識を学ぶことに挑戦してみてほしいと思っている。

音楽家が楽譜を読みそのメロディを簡単に再現しているように、あなたも今よりもっとお客様に商品を欲しがらせて売れるようになっていってほしい。

本ブログでおすすめしている書籍です。
こちらは「売れる心理学」が学べます。

詳しくは画像をタップして、
ご確認ください。

↑ こちらの正規サイトは、
全額返金保証がついています。
リスクなしでご購入いただけますので、
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

私や他の購入者様の感想はこちら

最新情報をチェックしよう!