やる気を出す方法を知っておこう

行動する → やる気が出る……は間違い!

やる気を出す方法として巷で解説されているのは、
「行動する → やる気が出る」
です。
(具体的には小さい目標をつくって行動 → やる気が出てくるという流れです)。

それが理由で私たちの上司も、
「行動しないからやる気が出ないんだ! まずは行動しろ!」
と声高に叫んでいるのですね。

でも、私たちはそれを読んだり聞くたびに、
「アホか! その行動ができなくて悩んでるんだよ!」
と心の中で反論しているものです。

その行動ができていたら悩まないのです。

仕事に対する感情をポジティブなもの変える → やる気が出る → 行動できる

やる気を出すためには、自分の「感情の状態」がポイントになります。
私たちがやる気をなくす原因には、仕事に対するネガティブな感情が必ずあります。
(例えば、販売が嫌い。販売に飽きた。上司が嫌いなど)。
このように仕事に対する感情がネガティブな状態だと「行動しよう!」というやる気は出ません。

これは結婚に例えると理解がしやすいと思います。
例えば、結婚5年目のAさんがいるとします。
Aさんはパートナーを信頼できなくなる出来事を経験して感情が沈んでいるとします。
このとき、相談した友人に、
「結局はAがパートナーをもう一度信じて、愛することだよ!」。
と言われたとします。
安っぽいドラマなら「そうだな!」となるでしょう。
しかし現実は違います。
Aさんにしてみたら、
「あんな憎たらしいパートナーなんて愛したくもない! 気持ち悪い! 今すぐ別れたい……」
となります。
なぜなら、パートナーへのネガティブな感情で心が埋め尽くされているからです。
夫婦関係を元に戻すための行動なんてとれません。
もちろんやる気も出ません。

ちなみに、私たちは感情がネガティブで支配されていると、新しい刺激を求める傾向があります。
(Aさんの場合だと「浮気」という行動をとりはじめるでしょう)。

仕事も同じです。
仕事に対してネガティブな感情をもっていると、仕事中にサボるようになっていきます。
仕事中なのに頭の中はプライベートのことばかりだったり、転職をどうしようかと考えたりと、新しい刺激の世界へ心が奪われていくようになります。

もしくは、新しい刺激の世界へ関心が向かないように忍耐される方もおられます。
この方々は仕事に対するネガティブな感情を抱えたまま生活されようとされます。
渋々ご自分の気持ちにブレーキをかけられます。
最近は、この渋々ご自分の気持ちにブレーキをかけられる方が軽いうつ症状を患っているように思えます。

つまりは、やる気を出す方法とは、仕事に対する感情をポジティブなものに変えなければならないのです。
そのスキルがなければなりません。

それでは、どうやって仕事に対するネガティブな感情をポジティブな感情へと変えていけるのでしょうか?

その方法はこの仕事をするポジティブな目的をくっきり、はっきりとイメージすることがポイントになります。

例えば、ある会社にGさんがいます。
Gさんは入社当時から出世したいと考えていました。
(ポジティブな目的ですよね)。
しかし、最近仕事の実績が悪いのでやる気が出せずにいます。
何だかもう出世のことなどどうでもよくなってきています。
こんなときには……

・出世できたときの自分をくっきり、はっきりイメージします。
(しっかりと映像を描きます)。
すると、Gさんはそれを現実にしたい(具体的に形にしたい)と必ず思い始めます。
(自分の感性に基づいた目標だからです)。
このとき初めて「行動したい」と、もう一度やる気が出るようになります。
そして実際に行動にうつしていきます。

・上記1をすることで行動しはじめます。
するとそのイメージが少し現実になってきます。
それが原因で喜びを得られるようになります。
仕事で喜びが得られるようになるとやる気が出てきますし、継続するようになります。

まとめ

私たち販売員がやる気を出す方法は、

・仕事に対する感情をポジティブなものに変える。
・ポジティブな目標をくっきり、はっきりとイメージする。
・やる気が出る。 → 行動できる。 → 結果が出る。

このように、まずはあなたの内面(心)に理想のイメージ(形や映像)を描く作業が必要になります。
あなたは今の仕事を通してどうなりたいでしょうか?

以上、「やる気を出す方法を知っておこう」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!