成長しない販売員の特徴とは?

成長しない販売員の特徴

実は彼らは心底「成長したくない」「変わりたくない」と思っている

成長しない販売員には次のような特徴があります。

彼らの本音には、
「成長したくない」
「今の自分を変えたくない」
という信念があるのです。

私はマネージャー時代、それに気がつけました。

それでは、なぜ彼らは、
「成長したくない」
「自分を変えたくない」
と思っているのでしょう?

その理由は、彼らの性格や仕事に対する意識に原因があるわけではありません。
実は心理学的に説明ができてしまえます。

まず、私たち人間は、
「現状維持」
をしようとする動物です。

「現状維持」とは、読んで字のごとく今の心地良い生活を維持しようとする意識です。
皆、苦痛や不安はさけて、できるだけストレスの少ない環境で生活したいのですね。

ですから、接客していても最小限のストレスで済むような接客をします。
粘ったり、切り換えしたり、押してみたりしないのです。
それらの行為は苦痛ゆえにさけるのです。
常に家にいるときのようなストレスなしの状況を維持して生きていたいのです。

このような心理的な力が働いているため、本音ではそもそも成長なんて目指していないのです。
成長を目指していないので成長しないのですね。

おそらく、彼らはそうやって現状維持をしていても、クビになるような会社ではないのでしょう。
またはクビになるギリギリの最低限の販売実績を出せる能力はあるのでしょう。
(クビになったとしても、次を探せば良いと考えておられるかもしれません)。

実は、お金持ちになんかなりたくないと思っている

成長しない販売員は上記の現状維持の力が強く働いている人たちです。
とは言っても、彼らも、
「トップ販売員になってみたい」
と口にはされます。

しかし、それはまるで私たちが、
「お金持ちになりたい」
と口にすることと似ています。

私たちは、
「お金がたくさん欲しい」
と思いながらも、本当にそれを目指して行動をとっているわけではありません。
その理由は、

「自分は金儲けに走って、ガツガツした人間になってしまうのではないか……?」。

「優しい自分が、自分の利益のために他人をぞんざいに扱ってしまってまで稼ぐようになるんじゃないのか……?」。

そう考えてしまうからです。

これは、お金持ちになりたいと思いながら、
「自分が変わってしまうのではないか……?」
という不安が同時に発生している状態です。

そうなると、そんな不安を早く追い出したいので、結局現状維持のための行動になるわけです。
だからお金持ちになりたいと口にしながらも、実際にはそのための行動を起こさないのです。

つまり目標をかかげているのに、それに向かって行動できない理由は現実維持をしようとしているからなのです。

普通、目標に向かって行動することには苦痛や不安、忍耐などのストレスがともないます。
でもそのストレスは避けたいのです。
だから3日坊主になるのですね。
(ちょうど3日くらい時間が経つと元に戻ろうと現状維持意識が働き出すのです)。

このような人間の心理的カラクリを理解できていれば、今後は販売員として成長していけるようになります。

もっと優秀な販売員になりたい!

成長しない販売員が成長していくには、やはり現状維持をしようとするパワーに対抗していかなければなりません。

成長とは、表現を変えると、
「現状がポジティブに変化する」
ことと言えます。
つまりそれは、現状維持をしようとしている自分にとっていらないイベントなのですね。

では、どうやったら現状維持をしようとするパワーに対抗して、自分を成長させることができるようになるのでしょうか?

それは、
「もっと優秀な販売員になりたいかどうか?」
と自問しなければなりません。

やはり自分の中にレベルアップしたい意欲がなければ現状維持をしようとする自分に対抗できないでしょう。

もしレベルアップしたい意欲があることが確認できたのなら、あとは努力をしていかなければなりません。
おそらく販売実績は日本中の販売員の中でトップグループではないはずです。
これからは日本の販売員のトップグループに入るために、販売スキルを磨く毎日にしていきましょう。
そして、ぜひその毎日の努力を楽しんで生活していってくださればと思います。

このような生活を送る販売員ならば、確実に成長していきます。

以上、「成長しない販売員の特徴とは?」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

行動を続けてしまう目標の立て方の画像です。
最新情報をチェックしよう!