トップセールスは全員気合いが入っている

トップセールスになるには「気合い」も必要

あなたがトップセールスになりたいとお考えでしたら、今回の記事は参考にしていただけると思います。
まず、本気でトップセールスになろうと思ったら「気合い」を入れて仕事をする必要があります。

トップセールスは、気合いを入れているので断り文句をたくさん切り返せる

あなたはトップセールスの商談をご覧になったことはありますでしょうか?
私が出会ってきたトップセールスたちは、皆さん気合いを入れて仕事をされていました。そして、そのタイプも様々でした。

  • おだやかなタイプのトップセールス。
  • ギラギラタイプのトップセールス。
  • 軽快なおしゃべりタイプのトップセールス。

彼らは共通してお客様の断り文句をきちんと切り返しにいきます。そして「お客様に嫌われるのでは……」「お客様の気分を害するのでは……」などと一切考えません。何としてでも売るという意識をもっています。
一方、営業実績を出せない人たちは気合いが入っていないことがほとんどでした。彼らはお客様のご気分をうかがうセールスをするため、断り文句を切り返せずにいます。自分と相性が悪いお客様との商談になれば、検討されてしまいます。
このようなメンタルの違いが月末の営業実績の差になっています。

「そんなセールストークしてたら、ぼくだって売れませんよ」

この言葉は、あるトップセールスマンが言っていたものです。言われた営業マンは、そのとき営業実績を出すことに苦しんでいた私です。
ちなみに具体的には次のように言われました。
「ミシロウさんのようなキレイなセールストーク……というかおとなしいコミュニケーションしてたって営業実績なんて出せませんよ。もっと泥臭くいかなきゃ。そんなのんびりとしたセールストークしてたら、ぼくだって売れませんよ」。
私はこの言葉で目が覚めたことを今でも覚えています(そんな彼は私の倍の営業実績を出していた天才と呼ばれていた後輩です。彼については下記リンクにも登場しています)。

→→ えッ! 訪問販売で売るコツってそんなに簡単なの!?

もし営業マンに気合いが足りていなければ、粘らなければならないときに粘らなかったりします。
しかし毎日気合いを入れることができれば、粘らなければならないときにきちんと粘ることができるようになります。
そしてお客様との商談に失敗したとしても行動量が減ることはありません。なぜなら弱気にならないからです。もし弱気になりかけたら気合いで吹き飛ばしてしまいます。

気合いの入れ方

実は、気合いには入れ方があります。
その方法は

  1. 大きなジェスチャーをする(仁王立ちする、胸を張るなど)
  2. 大きな声を出す
  3. この2つを同時にする

女子レスリングの名トレーナー、アニマル浜口氏をご存知でしょうか?
「気合いだぁ! 気合いだぁ! 気合いだぁ~!」の方です。あれは一番分かりやすい気合いの入れ方になります。
まず声が出せる環境で――例えば朝のシャワー中、車の運転中など――そこで大きく胸をはりながら、拳をつけて声を出して気合いを入れていきます。
声があまり出せない環境ならば、身体の一部を強めに叩いて気合いを入れます(スポーツマンが、本番を迎える前に身体を叩きながら集中しようとしている姿を見たことがあるのではないでしょうか。あれです)。
余談ですが、そうやって気合いを入れたあとは、全身の筋肉の力を抜くことが大切です。なぜなら気合いを入れるとどうしても全身に力が入ってしまい、疲れを早めてしまうようになるからです。そうやって高い集中力を長時間維持していきます。

誰でもトップセールスになれる

毎日気合いを入れて仕事をしていれば、着実に売るスキルが高まっていきます。なぜならお客様の断り文句を余裕をもって切り返せるようになるからです。そうなれると思いのほか簡単に営業実績は上がっていきます。
気がついたらトップセールスになっていた、となるかもしれません。
ぜひ、ますます気合いを入れて仕事に取り組まれてみてはいかがでしょうか。

以上、「トップセールスは全員気合いが入っている」でした。
陰ながらではございますが、あなたのますますのご活躍を心より応援しております。
ありがとうございました。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)