人間不信になりかけた訪問販売員が、こうやって立ち直った話

訪問販売をしていると、お客様から冷たく扱われたり、罵声を浴びせられたり、平気でうそをつかれたりと、人間の冷たさをこれでもかと体験するはめになります。
しかも、それがたまにあるというレベルではなくて、アプローチをするたびにあるので、精神的ダメージははかりしれません。
そんな環境ゆえに、人間不信になってしまう販売員の方が必ず出てしまいます。
これは本当に不幸なことです。
その方は、今後の人生に、ずっと他人に対して不信感を抱きながら生活することになるからです。

しかし、不思議なのですが、全く人間不信にならない販売員の方もおられます。

そこで今回は、この2者の違いについてご紹介していこうと思います。

※筆者の私は人間不信に「なりかけた」販売員でした。

訪問販売員の役目を真剣に考える

私がマネージャーをしていて、人間不信になっていく販売員とそうでない販売員とを間近でみてきました。

私の経験からすると、この2者には違いがありました。

まず、人間不信になる訪問販売員は、
「自分の仕事の役目を忘れている」
という特徴が見られました。

反対に、人間不信に全くならない訪問販売員は、
「自分の仕事の役目を意識し続けている」
という特徴が見られました。

では、その、
「自分の仕事の役目」
とは、なんでしょうか?

訪問販売員の役目とは、自社のサービスを提供する代わりに、お客様からその価格を入金していただけるように説得(交渉)してくることです。

人間不信になってしまう訪問販売員は、この役目に対する意識が低下していることが見受けられます。
それよりも、
「お客様と笑顔で信頼関係で結ばれたい。人と人とのつながりを味わいたい」
というような、平和な人間関係を望んでおられるのです。

訪問販売員が、このような平和な人間関係を望みながら仕事をしてしまうと、現場でのあの容赦ない冷たさ、攻撃に耐えられなくなります。

そうやって何度も何度も自分の愛情に似た優しい気持ちを容赦なく踏みにじられる経験をしてしまうので、人間不信になっていくのですね。

反対に、人間不信にならない訪問販売員は、この仕事の役目を果たすことをだけを意識されています。
お客様には、サービスを通して利益を。
自分たちは入金してもらうことで利益を。
ただただ利益追及を意識されているのです。

もう人間不信にはならない! 人間は知らない人には冷たく、攻撃的

今後、人間不信にならないために、次の法則を知っておかれると良いでしょう。
その法則とは、
「人間は知らない人に対しては、冷たく攻撃的になる」。

なぜそうなるのかというと、騙されないためです。
例えば、あなたと筆者で考えてみます。
あなたは全うな人間でも、筆者は本当にそうなのかが付き合いがないのでわかりません。
ということは、はじめは警戒しながら対応することになります。
逆もそうですよね。

つまりは、訪問販売とは、冷たく攻撃的な人たちにアプローチしにいく仕事であるという意識をもっておかないといけないということです。
そして、その冷たく攻撃的な人たちをあなたのコミュニケーションで普通の状態にして、交渉をしていくわけです。

お客様と良好な人間関係を求めるのではなくて、お客様と自社に利益を与えている自分になれているかどうかを求めるようにしていきましょう。

もし、あなたが人間不信になってしまっていたのなら、一度落ち着いて仕事に対する考え方を見直されてみてはいかがでしょうか。
お客様は今後もずっと冷たく攻撃的であることには変わりはありませんので。

以上、「人間不信になりかけた訪問販売員が、こうやって立ち直った話」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!