セールスを苦手としている人の特徴

結果だけを意識している

セールスを苦手としている人には特徴があります。

その特徴とは、
「結果だけを意識している」
という点です。

ですから、この仕事に面白味を感じておられません。
なぜなら、セールスという仕事は結果が出ないことのほうが多いからです。
結果を出そうと意識してがんばっているのに、その結果が出ないわけです。
セールスに対する苦手意識が生まれるのは当然と言えるでしょう。

ウソはつかなくていい

セールスを苦手としている人は、結果のためにお客様に小さなウソをついたりします。
そして、そんな自分に耐えられなくなり、苦手意識が増幅していきます。

例えば、法人営業の新人さんがいたとします。
お客様から、
「失礼ですが、○○さんは入社されて何年目ですか?」
と聞かれた場合に、次のように考えてしまうのです。

「うっ……。『入社6ヶ月目です』と言ったら成約にならないんじゃないか……。だから3年目と言った方が良いんじゃないか……」。
このような小さなウソを思いつくようになり、そして実際に「3年目です!」と言ってしまったりします。

この現象は、結果だけを追求したがために起こっています。
本来なら余裕をもって真実を伝えたら良いのですね。
例えば、次のようにお客様へ伝えれば、スムーズに商談は進みます。
「はい。入社6ヶ月目です♪」。
この一言を爽やかに伝えます。
そしてもう一言付け加え、
「新人でご不安を抱かせてしまいましたら申し訳ございません。ただ弊社のサービスの質とお客様の利益には何も影響はございませんのでご安心ください♪ 私が責任を持って担当させていただきます♪」。

ウソをつく必要はありません。
※ちなみに、お客様は自分に利益を与えてくれるのなら、担当が新人だろうが誰であろうが気にされません。
このことは自分自身が営業をかけられる側になるとより実感できると思います。

セールスに苦手意識があるのは「あること」ができていない

セールスに苦手意識がある方は、
「自社サービスの強みを伝える準備」
が不足している可能性があります。

したがいまして、自分でも、
「うちのサービスって、別に無くてもいいでしょ……」
のように考えていたりします。
それゆえにセールスに対して自信をもっていません。
自信をもっていなければ、セールスを苦手を感じざるを得ません。

本来セールスとは、お客様へ自社サービスの強みを伝える仕事とも表現できます。
つまり、自社の商品知識、他社の商品知識、業界の知識などを日頃から勉強しておく必要があります。
そして、自社の強みを自信満々にお客様へ伝えられるように準備しておかなければなりません。

お客様はその自信満々のセールスマンの姿を目にすることで、商品への関心がわいてきたりします。

セールスに対する苦手意識を消す方法

最後にセールスに対する苦手意識を消す方法をご紹介して終わりたいと思います。

セールスに対する苦手意識を消す方法とは、

・自社商品の強みを整理する。
・他社商品の弱みを整理する
・ウソをつかないと決める。

・結果を求めすぎない。
・イメージトレーニングをする。

もしあなたがセールスに対して苦手意識をお持ちでしたら、これらを意識しながら活動をされてみてください。

高い確率でセールスに対する苦手意識が消えていくと思います。

以上、「セールスを苦手としている人の特徴」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!