売れないときはどうするか? 接客業でうまくいかない販売員の特徴

接客業、売れないときはどうするか?

接客業の目的はお客様を会話で楽しませたり、喜ばせることではありません。接客業の目的はただひとつ「売ること」です。販売実績を出すことがその役目になります。例えば、あるお客様を会話で楽しませ、喜ばせていた販売員がいたとします。でも結局他社で買われてしまったことがわかったらどうでしょうか? なぜ自分から買ってもらえるようなコミュニケーションをとっておかなかったのだろうと後悔されるはずです。これは自分の役目が「売ること」であることをしっかりと認識されているからです。

接客業では売れないときがあります。毎日がんばって接客しているのですが、販売実績に結びついていかないときです。このようなときに一体どうするのか? 今回はそれについてご紹介していきたいと思います。




接客がうまくいかないときは「学ぶチャンスの時」ととらえる

接客業で売れないときはどうするのか? がんばっているのにうまくいきません。

そのようなときは、販売に対する考え方を見つめ直すときです。そして接客がうまくいかないときこそ「学ぶチャンスの時」ととらえ、仕事を楽しまれることです。うまくいかないと思い悩み、肩を落としながら生活されるのではなく、「売れている販売員はどんなセールストークをしているのだろう?」と目を輝かせ、「今度、トップ販売員A先輩と食事をして、私に足りないスキルを評価してもらおう♪」など、前向きに考えて生活されることが大切です。

私が営業マネージャーだったとき、たくさんの営業マンを観察してきました。神がかり的に営業実績を出してくるトップ営業マン。同い年で営業経験も同じような年数なのに、恐ろしく低い営業実績を出してくる営業マン。上から下までたくさんの営業マンとコミュニケーションをとってきました。

そのときに強烈感じたことがこの学ぶ姿勢でした。営業実績を出してくる営業マンは、うまくいかないときはそこから何かを学んでいました。売れないときは「なぜ売れないのか? どこをどう変えるのか?」と、常に考えているのです。そして足りないスキルがあるとわかれば勉強もされていました。

しかし、売れない営業マンは、ただただ肩を落とし、うまくいかなかった昨日の方法で現場に出ていました。そして、いつの間にか明るかった性格までもどんよりと暗い雰囲気をただよわせるようになっていきました。

まだ何もされていないのに、「私には販売のセンスがない……」「こんな仕事やってられない。はやくやめたい」「販売スキルなんて人柄がなせるわざ。努力したってつけられるものじゃない」などと信じこむようになるのです(筆者の私もこのタイプでしたので。笑)。

ちなみに、はっきりと断言できますが、販売スキルやコミュニケーション能力なんて才能の有無は全く関係ありません。なぜなら、努力することができれば誰でも伸ばすことができるからです。一番簡単な方法は売れている販売員のセールストークとお客様とのコミュニケーションをそのままマネることです。たったこれだけでお客様の反応が変わりますので、本当にすんなり売れ出すときもあります。そうやって、「こんな感覚でお客様とコミュニケーションとっているのか!」と、自分にない世界観を体験することで成長していくのですね。




売れないとき、うまくいかないときは接客の専門知識を学ぶ

自分の周りにいるトップ販売員の人たちが全員協力的だとは限りません。中には販売実績が高いからといって周りを見下してくる販売員もいます。または売れる接客スキルについて教えてくれない人もおられます(教えてしまったら自分の販売実績が落ちて評価が下がることをおそれているからです)。

接客が売れずにうまくいっていないときは、やはり自分の力で乗り切っていくことが基本になります。

ちなみに、私の場合は下記の2点でいつも困難を乗り越えておりました。

  • トップ営業マンと食事に行く
  • 書籍を買ってむさぼるように勉強する

ちょうど半々くらいでしょうか。

そうやって売れるようになっていきました。

その中でも、やはり一番役に立ったのが消費者心理学です。私はお客様と楽しくコミュニケーションはとれるほうだったので、あとはきちんと自分から買ってもらえるようになることが課題でしたので、消費者心理学を勉強して、それをセールストークに組みこめるようになったときに営業実績がはじけましたね。それからは営業実績を安定して出せるようになり、気がついたら営業スキルを教える側になっていました。

もしあなたが今、接客業で売れない状況で「うまくいかない……」と、少し暗い気分になっているようでしたら、ぜひトップ販売員と食事に出かけ、その席で接客について、売ることについて熱く話し込んでみてはいかがでしょうか。または下にご紹介している「売るための専門知識」から、全部覚えるくらいに真剣に学ばれてみてはいかがでしょうか。

接客業(営業職)はセールスコミュニケーション能力があればとても楽な仕事です。しかしセールスコミュニケーション能力がなければ地獄の日々を送らなければならない仕事です。

ぜひ、売れないときは、うまくいかないときは「学ぶチャンス!」ととらえ、成長していっていただけたらと思います。

この記事があなたの刺激になって、少しでも販売実績を高めるお役に立てたら嬉しく思います。あなたのますますのご活躍を心より応援しております。

以上、「売れないときはどうするか? 接客業でうまくいかない販売員の特徴」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

(もしこの記事が少しでも刺激になりましたら、いつでも読み返せるようにブックマークをお忘れないように気をつけていただけたらと思います)。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする