寓話『ウサギとカメ』に学ぶ自信のつけ方

自信のつけ方

今回は、「自信のつけ方」についてご紹介していきたいと思います。

もし今あなたが自信を持てていなければ、参考にしていただけると思います。

さて、さっそく結論から書いていこうと思いますが、自信をつけるには、次の2つをよく理解する必要があります。

1.あなたがあなた自身の長所を理解する。
2.あなたがあなた自身の基準を持って生活をする。

これをよく理解するためには、寓話『ウサギとカメ』がとても役に立ってくれます。

「どうしてそんなにのろいのか」

ウサギとカメの物語の中にはこの有名なセリフがあります。

ウサギがカメに向けて言い放つ言葉ですね。

この一言がきっかけになり、お互いがかけっこで競い合うというストーリー展開です。

そして結末はご存知の通り。

この物語は油断大敵、能力が低くとも努力を続ければ成功できるなどを教訓としています。

さて、ここで考えていただきたいことがあるのですが、例えばウサギがもう一回勝負しようとカメに言ったらどうなるでしょうか?

しかもこんな言葉で挑発してきたら。

「なんだ逃げるのか? やっぱりお前はのろまだな。勝ち逃げしておきたいんだな。勝ったことがないやつの無様な考え方だな」。

おそらくカメの性格を考えると、よしもう一回やってやろう! となるでしょう。

そして二回目のレースが行われるでしょう。

そしてカメは負けるでしょう。

なぜなら二回目のウサギは油断しないからです。

レース後ウサギは言います。

「やっぱりお前はノロマだな w」。

カメはもう1度勝負を申し込みます。

「また、勝てる! 一生懸命やってればまたチャンスがくる!」。

しかし手抜きをしないウサギには絶対に勝てません。

するとしだいにカメはこう考えるようなるのです。

「なんで僕は足が遅いのか……」。

「なぜウサギに生まれなかったのか……」。

カメは自信を失ってしまうのです。

自信をもてない人たちの共通点

さて、この寓話について、感の良い人ならあることに気がつけるでしょう。
(ちなみに私は全く気がつけなかったですが)。

それは、そもそもなぜかけっこで競争し続けなければならないのか? です。

すべてはここに問題があります。

カメはウサギにこう言ってやれば良いのです。

「よし、次はどちらが泳ぎが速いか勝負しろ! でかい図体してて逃げんなよ♪」。

しかしカメはそう言わないのです。

そして陸地で勝負し続けます。

しかも相手はかけっこのプロです。

では、なぜカメはかけっこで勝負を挑んだのでしょうか?

それはカメが「私は足が遅い」という劣等感をもっていたからです。

その劣等感をウサギに刺激されたのでムキになったのです。

これは表現を変えるとカメは自分の基準を持っていなかったということになります。

このような自分の基準を持っていない人には、次のような特徴があります。

・自分の長所を理解していない。
・他人の基準を持って生きてきた。

営業職の現場でも、このウサギとカメに似たようなことが起こっています。

例えば営業職の評価基準は「売上」です。

しかし実際の現場では売上=価値の高い営業マンではありません。

以下のような数字が高ければセールススキルに問題があると言えます。

・キャンセル率が高い
・金につながらない
・お客様との取引期間が短い
・クレームが多い

自分の評価基準が「売上」だけだったら、カメの評価基準が「足が速い」だけだったようにずっと負け続ける可能性があります。

そなると誰だって自信を失っていきます。

しかし、自分の評価基準をつくって、それに沿って仕事をしていけば、本来のカメが「水中ではウサギより圧倒的に強い」というように、自信を失うことなく仕事を続けることができます。
(あと、あなたの人生は会社からの評価が全てではないはずです。何ならその会社を辞めても良いですし、自分で会社を創ってもいいわけです)。

具体的な自信のつくり方

あなたはあなた自身の長所を理解する。あなたはあなた自身の基準を持って生活する

あなたの中に具体的に自信をつくっていくためには、次の点を大切にしていく必要があります。

・あなたはあなた自身の長所を再度見つめ直す。
・あなたはあなた自身の基準をこっそりと設ける。

私たちは仕事をしているとついつい自分の長所を忘れてしまうものです。

そこで再度、自分の長所を理解することが大切になります。

次にあなた自身の基準を設けることです。

一度、会社の基準を満たそうとするのを控えてみてください。

「私は私の基準を満たしている。他の人が私の基準を私以上に満たせるのか?」。

このように考えられるようになると自信がついてきた証拠になります。

ウサギとカメにおけるカメの長所は陸と水中で活動できる点です。

そして圧倒的な寿命の長さもあります。

「かけっこで勝つ」という他人の評価基準で勝負しようとせず、自分の長所を中心として活動することが大切です。

もしそれで自分の基準で他人と競争できればしめたものです。

おそらく良い結果が出せるでしょうから、ますます自信がついていきます。

※営業マンのための「自分の長所の見つけ方」はこちらをご参考ください。

→→ 販売力を強化するシンプルな方法

ぜひあなたの長所および基準を設けていただけたら嬉しく思います。

確実にあなたは自信満々で生活できるようになると思います。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

あなたがお客様に話しはじめれば、
確実に売れてしまうようになる
「売れる心理学」をご紹介します。

自分の売る能力を高めたい方、
今、売れなくて困っている方、
「どうしてトップセールスマンだけ
売れるのか?」を知りたい方に
ぜひ読んでもらいたいと
思っています。

↑ こちらの正規サイトから
購入されますと、
内容が気に入らなかったとしたら
全額返金をしてもらる特典が付いています。
しかもそのとき本は返品しなくていいそうです。

詳しくは画像をタップして、
本の内容や価格、返品システムについて
ご確認ください。

私や他の購入者様の感想はこちら

最新情報をチェックしよう!