休憩をうまくとろう!

休憩と営業実績

私がマネージャーとしていろんな営業マンを見てきて思ったことは、休憩の取り方がうまくない人は営業実績が伸びないということです。

セールスの仕事はお客様とのコミュニケーショで気苦労しますし、外回りの人はたくさん歩きます。ですから心身ともにヘトヘトになってしまいます。

お客様は私たち営業マンが疲れきっていれる姿をその負のオーラから敏感に察知されます。

するとお客様のこの人から買ってあげようという気持ちがなくなってしまいます。

だから私たちはこのような状況を生み出さないように、積極的に休憩をとらなければなりません。

ちなみに、私はその日の営業実績に関係なく、基本的に小まめに休憩をとっていました。

意識していたのは、つねにスッキリした表情、雰囲気でお客様と商談に臨めるようにしていました。

休憩の取り方

私の場合ですが、まず休憩時間の終わりをしっかり決めることが大切です。

そしてその時間までは思い切り休むようにしていました(私はストレッチを入念にしていましたね)。

思い切り休んだあとは次の休憩時間を決めます。

その時間がくるまでは集中してセールスに打ち込むようにします。

1週間後の休日、1ヶ月後の休日なども手を抜かず充実させよう!

私はその日の休憩だけを大切にしていたわけではありません。

1週間後の休日についても意識していました。

休日は本当に自由に過ごしていました。

寝る! と決めた日は思い切り寝ていました。

自分のしたいことをして、脳と身体をリフレッシュさせていました。

ちなみに休日に疲れを取ろうと考えた場合は身体を軽く動かされたほうがよいでしょう。

あと、カフェインの摂取をやめると夜ぐっすり眠ることができるようになります(カフェインはコーヒー、緑茶、チョコなどに入っていますね)。

ぜひあなたも積極的に休憩をとってストレスをコントロールしてほしいと思っております。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

あなたがお客様に話しはじめれば、
確実に売れてしまうようになる
「売れる心理学」をご紹介します。

自分の売る能力を高めたい方、
今、売れなくて困っている方、
「どうしてトップセールスマンだけ
売れるのか?」を知りたい方に
ぜひ読んでもらいたいと
思っています。

↑ こちらの正規サイトから
購入されますと、
内容が気に入らなかったとしたら
全額返金をしてもらる特典が付いています。
しかもそのとき本は返品しなくていいそうです。

詳しくは画像をタップして、
本の内容や価格、返品システムについて
ご確認ください。

私や他の購入者様の感想はこちら

最新情報をチェックしよう!