ちょっと待った! 販売職を辞めたいあなたへ

もうこんな仕事、やめたい!

実は、筆者もそうでした。
みんな同じですよね。

多くの販売員が、
「もうこんな仕事、やめたい!」
と考えます。

個人宅への訪問販売、法人への飛び込み営業、アパレル販売、化粧品販売、家電販売、保険外交員などなど、全て気苦労が絶えません。
そして、上司からの実績追及。
毎日が思い通りにならないことだらけで、ストレスまみれになります。

ストレスを消す方法

販売職において最大のストレスは、
「上司の実績追及」
「商談中の気苦労」
ではないでしょうか?
(筆者はそうでした)。

「あなたは味方じゃなかったの!?」
と思わず口にしたくなるほど上司は厳しく実績追及をしてきます。

さらに、お客様の機嫌を損ねないようにコミュニケーションをとらなければならず、この気苦労が本当にこたえます。
やってられません。

そこで、このような販売職特有のストレスを消す方法をご紹介したいと思います。
もう上司にも、お客様にも気を遣わなくてもよくなります。
そんな魔法がありますので、ぜひ読み進めてみてください。

「関係ないっ!」と頭の中で叫ぼう!

販売職におけるストレスを消す方法とは、
「関係ない!」
と、頭の中で叫ぶというものです。

とにかくいつも、
「関係ない! 関係ない!」
と頭の中で強く連呼してみてください。

接客中も頭の片すみで、
「関係ない! 関係ない!」
と叫ぶのです。

これができるようになると、上司やお客様に一切気をつかうことなくコミュニケーションがとれるようになります。

筆者の経験では、この方法で約80%のストレスを減らせました。
そして精神的に軽くなれたおかげで、その後、契約がバンバン獲れるようにもなったことを今でも覚えています。

余談ですが、契約が獲れるようになった理由は、おそらく堂々と振る舞えるようになったからだと思います。
私は「関係ない! 関係ない!」と頭の中で叫び続けていたので、お客様からするとご機嫌をうかがってこない、なんだか自信満々な販売員という印象を受けたのだと思います。

感情的に絡まない

お客様とのコミュニケーションで気苦労してしまう販売員は、
「お客様の機嫌を損ねないようにしなければ」
と考えておられます。
そうすれば買ってくれると信じておられます。

しかし、現実のお客様は、機嫌を損ねなかったとしても買いません。
親身になってたくさん説明してあげたのに検討されます。
そしてほかの店で買っていたりします。

そんなとき、気苦労しやすい販売員は、
「裏切られた」
と感じます。
傷つき、やる気が失くなっていきます。

ただ、実は、
「お客様の機嫌を損ねなければ買ってもらえる」
と考えていることが売れない原因なのですね。

お客様の機嫌を損ねないように気を遣っている態度は、
「うさんくさい営業マン」
「自信がなさそうな営業マン」
「主張がない営業マン」
などのマイナスな印象を与えてしまっているのです。

そこで、そんな印象を与えないためにも頭の中で
「関係ない! 関係ない!」
と連呼していただきたいのです。

するとあなたから、
「機嫌を損ねないように気遣う雰囲気」
「好かれたい雰囲気」
が消えます。

お客様からすると、さっぱりとした感情的に絡んでこない販売員という印象になります。
逆に好印象なのです。

上司やお客様から好かれる必要はない!

販売職は、気苦労さえなければ楽しい仕事です。

上司からの厳しい実績の追及も、
「やります!」
と一応は口にしますが、頭の中では、
「関係ない! 関係ない!」
と唱えるようにします。
すると不安なく仕事ができるようになります。

今までは、
「わたしは気苦労だらけ……。実績も思い通りにならない……。はぁ~」
と、ストレスまみれでした。

しかし今後は、純粋に実績を追いかけるだけの作業となります。
ただ販売活動をするだけです。
とても楽です。

もし、販売職をやめたいと考えておられた方は、1度だけ騙されたと思って、
「関係ない! 関係ない!」
と、頭の中でとなえてみてください。
そして上司、お客様から好かれようとするのをやめてみてください。
それだけでストレスを大きく減らせます。

すると、
「まぁ別に辞めなくてもいいな。転職は大げさだな……」と踏みとどまれるでしょう。

関係ない! と唱える際の注意点

「関係ない! 関係ない!」と、唱えることがうまくなってくると、お客様の反応がガラリと変わります。
すると、おそらくもっと実績を出したいと思うようになるでしょう。
筆者の場合はそうでした。
お客様の反応が今までと違うので楽しくなりました。

ただ、これには注意点があります。
それは「関係ない! 関係ない!」と頭の中でとなえていると、ついついお客様に冷たく対応してしまうことがあります。
そこだけお気をつけください。

筆者ははじめの頃、失敗しました。
「関係ない! 関係ない!」と頭の中で強く叫んでいると、ついその言葉につられてしまい、お客様に無表情かつ冷たく対応していました。
もちろん契約を獲りこぼしていました。(笑)

これを唱えながら、感情はさっぱりと、爽やかになるようにコントロールしていただけたらと思います。

他人はコントロールできない。コントロールできるのは自分自身だけ

販売職でお客様の感情を気にすることは無駄な労力になります。
なぜなら、100%思い通りにできないからです。
他人がどう反応するのか、何を考えているのかなんてわかりません。
したがいまして、私たち販売員はお客様に伝えたいことを伝えるだけです。
言わなくていいことを言わないだけです。
お客様をコントロールするのではなく、自分自身をコントロールすることに意識を向けていきます。

ですから、お客様の感情を気にして悩み、苦しんでいる時間は損をしているだけになります。
100%コントロールできるのは自分自身だけです。
今後はお客様のことを気にすることなく、自分自身だけをコントロールしていきましょう!

以上、「ちょっと待った! 販売職を辞めたいあなたへ。」でした。

ありがとうございました。

あなたのますますの活躍を心より応援しております。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!