ちょっと待った! セールスを辞めたいあなたへ

もうこんな仕事、やめたい!

実は私もそうだった。
みんな同じだ。

おそらく多くの営業マンがもうこんな仕事やめたいと考えたことがあると思う。

個人宅への訪問販売、法人への飛び込み営業、アパレル販売、化粧品販売、家電販売、保険外交員などなど、全て気苦労が絶えない。

そして上司からの実績追及。毎日が思い通りにならないことだらけでストレスまみれだ。

ストレスを消す方法

営業マンにとって最大のストレスは、上司の実績追及または商談中の気苦労ではないだろうか? (私はそうだった)。

あなたは俺の味方じゃなかったの!? と少し混乱してしまうほど上司が厳しく実績追及をしてくるのだ。

さらにお客様の機嫌を損ねないようにコミュニケーションをとらなければならず、この気苦労が本当にこたえる。それで安月給となればぶっちゃけやってられない。

そこで私がよく使っていた一瞬でストレスを消す方法というものがあるのであなたにご紹介したいと思う。

これでもう上司にもお客様にも気を遣わなくても済むようになる。

関係ない! と頭の中で叫ぼう!

私が使っていたストレスを一瞬で消す方法とは関係ない! と頭の中で叫ぶというものだ。

とにかくいつも関係ない! 関係ない! と頭の中で強く連呼してみてほしい。

接客中も頭の片すみで関係ない! 関係ない! と叫ぶのだ。

これができるようになると、上司やお客様に一切気をつかうことなくコミュニケーションがとれるようになる。

私はこの方法でほとんどのストレスを減らせていた。

ストレスさせ減らせれば精神的に軽くなれるため、その後契約がどんどん獲れるようにもなる。

余談だが、契約がどんどん獲れるようになる理由としては、おそらくお客様の前で堂々と振る舞えるようになったからだと思う。

私は関係ない! 関係ない! と頭の中で叫び続けながら接客をしていたので、お客様からすると妙に機嫌をうかがってこないさっぱりとした何だか自信満々な営業マンという印象を受けたのではないかと思っている。

感情的に絡まない

お客様とのコミュニケーションで気苦労してしまう営業マンはお客様の機嫌を損ねないようにと考え気を遣っている。

そうすればお客様が買ってくれると信じている。

しかし現実はお客様の機嫌を損ねなかったとしてもお客様は買ってくれない。

あなたが親身になってたくさん説明してあげたのに検討しますと言い残し去っていく。そして他店で買っていたりする。

このような現実に対して気苦労しやすい営業マンは裏切られたと感じるのだ。傷つき、やる気を失くす。

だが実はお客様の機嫌を損ねなければ買ってもらえると考えていたことに問題があったのだ。

営業マンがお客様の機嫌を損ねないように気を遣っている態度は、うさんくさい営業マン、自信がなさそうな営業マン、主張のない営業マンなどのマイナスな印象を与えてしまいやすいのだ。

そこでお客様にそんな印象を与えないためにも頭の中で関係ない! 関係ない! と連呼しながら接客をしてみてほしい。

するとあなたからお客様の機嫌を損ねないように気遣う雰囲気やお客様に好かれたい雰囲気を消せる。

お客様からするとさっぱりとした感情的に絡んでこない営業マンという印象になる。それが逆に好印象なのだ。

上司やお客様から好かれる必要はない!

セールスは気苦労さえ軽くできれば案外楽しい仕事ではないだろうか。

上司からの厳しい実績の追及に対してもやります! と一応口にはするが、頭の中では関係ない! 関係ない! と唱えるようにしておけばよいのだ。

すると本当にストレスが減っていく。

今後はただ純粋に販売活動に専念するだけでよくなる。

とても気楽だ。

もしあなたがセールス職をやめたいと考えているなら、1度だけ騙されたと思って関係ない! 関係ない! と頭の中で唱えてみてほしい。

そして上司やお客様から好かれようとするのをやめてみてほしい。それだけでストレスを大きく減らせると思う。

上手くいけば別に仕事を辞めなくてもいいなと感じるはずだ。

関係ない! と唱える際の注意点

関係ない! 関係ない! と唱えているとお客様の反応がガラリと変わる。

私はそれが楽しんでいた記憶がある。

ただ、これには注意点がある。

関係ない! 関係ない! と頭の中で唱えていると、ついついお客様に冷たく対応してしまうことがあるのだ。

そこだけが注意点だ。

私はそれで失敗したことがある。

いつものように関係ない! 関係ない! と頭の中で強く唱えていたら、ついその言葉につられてお客様に無表情かつ冷たい対応をしていたのだ。

もちろん契約を獲りこぼした。(笑)

やはり最低限の笑顔や爽やかさを失ってはいけない。

他人はコントロールできない。コントロールできるのは自分自身だけ

実は営業マンがお客様の感情を気にすることは無駄な労力といえる。

なぜならお客様の感情は100%自分の思い通りにすることができないからだ。

他人がどう反応するのか、何を考えるかはわからない。だから私たち営業マンはお客様に伝えたいことを伝えるだけでいいのだ。

そして言わなくていいことを言わないように注意しておけばよいのだ。

私は常にお客様をコントロールするのではなく、自分自身をコントロールすることに意識を向けてきた。

だから私はあなたにもお客様の感情を気にして悩んだり苦しんだりしないでほしいと思っている。

100%コントロールできるのは自分自身だけだ。

今後はお客様のことを気にすることなく、自分自身だけをコントロールすることに集中していっていただけたらと思う。

陰ながらではございますが、あなたのますますのご活躍を心より応援しております。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

本ブログでおすすめしている書籍です。
こちらは「売れる心理学」が学べます。

詳しくは画像をタップして、
ご確認ください。

↑ こちらの正規サイトは、
全額返金保証がついています。
リスクなしでご購入いただけますので、
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

私や他の購入者様の感想はこちら

最新情報をチェックしよう!