あなたのネガティブ思考をポジティブ思考に変える方法

ネガティブ思考の原因

あなたはネガティブ思考ですか? いかがでしょうか?

もしあなたがネガティブ思考で、それに頭を抱え悩まされているとしたら、まずはなぜネガティブ思考になってしまうのか、その原因を知っておかなければいけません。

なぜ私たちはネガティブ思考になってしまうのか、その原因は、「自分の中に劣等感(れっとうかん)があるから」です。

劣等感とは「自分が他人より劣っていると感じてしまう心理」をいいます。

人は劣等感を持つと不安に支配されるようになります。例えば、「自分には価値がないのでは……」「自分の経済力は友人たちの中では一番低い……」「私は未婚だ……」。このように心のどこかでうっすらと不安が充満しているのです。普通、こんな心理状態のとき、人の思考はネガティブなります。

劣等感の特徴

・他人と張り合う
劣等感を持っている人は他人と張り合おうとします(いかがでしょうか? あなたは他人と張り合おうとしていませんか?)。他人と張り合おうとする理由は自分が他人に勝っていると確認したいからです(自分が他人に勝っていれば安心できますよね)。

また、その張り合い方も特徴的です。まずさわやかさはありません。お互いが切磋琢磨して向上していく……のではなく、妙に絡み付いてくるような「俺のほうがすごい。お前はダメだな」のような張り合い方をしてしまいます。

・価値観の変化
次に、劣等感を持った人は価値観が変わりはじめます。まず、他人と自分に対して「優劣」をつけはじめるようになります。これがとてもやっかいです。

例えば、
・実績の高い低いで優劣をつけ、人を評価する。
・年収の高い低いで優劣をつけ、人を評価する。
・権力の有り無しで優劣をつけ、人を評価する。

このように優劣をつけ出すようになったため、そこで自分の低いポジションを認識してしまい、不安に襲われるようになるのです。よってネガティブ思考になっていきます。

ネガティブ思考をポジティブ思考にする方法

ネガティブ思考をポジティブ思考に変えるためには、劣等感を捨てなければなりません。ただやっかいなことに劣等感を捨てる作業はとても難しいといわれています。その理由は、その人が劣等感を持つようになったきっかけにあるからです。

人が劣等感を持つようになるきっかけには「その人にとって大切な方が持っていた価値基準を超えられない」というものがあります。

ちょっと理解しにくいと思いますので、下の例文を読んでみていただけますでしょうか。

【例】
1.「販売実績の無い営業マンには価値がない」と尊敬していた先輩が口にしていた。

自分に販売実績が無かった。

「自分には価値がない」と感じはじめる。

劣等感が生まれる。すると自分と他人を販売実績で比較しはじめ、優劣をつけはじめる。

2.「年収の低い男性と結婚してはいけないよ」と慕っている母親の言葉を信じて育った娘。


年収の低い男性を好きになる。このとき間違った人を好きになってしまったと悩む。

劣等感が生まれる。なぜか他人に彼氏を紹介するのが恥ずかしくなる。自分の彼氏を他人の彼氏と比較し優劣をつけはじめる。

3.「マスコミ業界は優秀な人たちの多い」と認めている人が報道番組やバラエティ番組の情報を真に受ける(例えば「勝ち組、負け組み」「婚カツ特集」など)。


自分が負け組みに所属していると知る。

劣等感が生まれる。自分と他人を「結婚しているしていない」などで優劣をつけはじめる。

4.大好きな彼女が「結婚相手には年収○○万円はあってほしい」と知った男性。


その額を何年経っても越えられなかった。

劣等感が生まれる。彼女と別れたあとも、女性と付き合うのが不安になり、なおかつ年収の高低で男の価値を評価しはじめる。

このように、人が劣等感を持つようになるきっかけのほとんどは、その人にとって大切な方が持っていた価値基準を超えられなかったことが関係しています。

私の体験談で恐れ入りますが、私が売れない営業マンだったときに尊敬していた先輩はいつも「売れない営業マンは価値がない」と口にしていました。ですから私は自分には価値がないと感じはじめるようになっていきました(その当時、私に実績がなかったからです。先輩の価値基準を越えられませんでした)。

このように、私の頭の中には「売れない営業マンは価値がない」という言葉がしっかりとインストールされていたのでした。このインストールされてしまった価値基準はスマホのアプリのように簡単にアンインストールできません。尊敬している人の言葉なので、中々アンインストールができないのです。

自分の経験をポジティブに説明してみよう

もしあなたがこれまで説明してきた内容に少しでも当てはまるなら、その大切な方の価値基準に反論してみるといいでしょう。私の場合、先輩の言葉に反論し続け、今ではきれいさっぱり忘れることができるようになりました。

あなたの中の劣等感が弱まってくると、不安も感じなくなっていきます。不安を感じなくなってきたら、その次は自分が経験してきたことをポジティブに説明する作業をします。この作業こそがネガティブ思考をポジティブ思考へ変える方法になります。

例えば家にあるA4のコピー用紙や裏紙などを使って、自分が経験してきた仕事、部活、勉強の成績、恋愛などを思い返し、それらについてポジティブに説明してみてください(ぜひ本当に騙されたと思ってトライしていただけたらと思います)。これを週1回(毎日できる人は毎日)していると、あなたは生活すべてにポジティブな視点を持てるようになっていきます。それでポジティブ思考になれるのですね。

ただし、実はこの作業もはじめは大変です。その理由は、自分についてポジティブに説明するためには、自分の経験(過去)をポジティブな視点でとらえ直し、そのとき使う単語もポジティブなものを選ばなければならないからです。

でも、真剣にこの作業を続けていれば、ポジティブ思考とはどういうものかが実感としてわかってきます。例えば私の場合、売れない時代の経験についてポジティブに説明し直すと「俺は今まで売れないやり方を学んでいたんだな。この経験は俺が誰かの先輩になったときに『何をすると売れないのか』と教えてあげられるぞ。とても良い経験をしてきた♪」という感じになります(実際にマネージャーになったとき、本当に役に立ちました)。

でも劣等感がまだ心の中に残っていれば「俺にはセールスのセンスなんてないんだなあ。ダメだなあ」「売れる人たちはウソをついてまで売っている。俺はそんな汚い人間になりたくない」「いつまでたっても実績が出せない……。やめようかなこの仕事」のように、ネガティブ思考が発動するのです。

大切な方の価値基準をアンインストール + 自分をポジティブに説明しよう

ネガティブ思考をポジティブ思考にするために、ぜひあなたもあなたの大切な方の価値基準をご自分の頭からアンインストールされてみてください。あなたをネガティブ思考にさせている価値基準は一体なんでしょうか? それは誰の言葉でしょうか? 両親? 祖父母? 兄妹? 有名人? 親友? 学校の先生? 部活のコーチ? 会社の上司?

あなたの劣等感を小さくするために、ぜひその方の価値基準を越えなくていいことを知っておいてほしいと思います。そしてひとつひとつ変わっていこうと努力を続ければ、早ければ1ヶ月後にはネガティブ思考がポジティブ思考へと変わっていると思います。ぜひ騙されたと思ってお試しいただけたらと思います。

今回は以上です。

私はあなたのますますのご活躍を心から応援しております。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

セールスで使える心理学が網羅された一冊です。

心理学を含んだトークはお客様の心を本当に動かせるので、確実に売れるようになります。

トップセールスを目指されている方へ、おすすめの一冊としてご紹介いたします。

↑ こちらの正規サイトからご購入される方には、今なら出版社が2点ほど特典を用意しているようです。

1つ目は、内容が気に入らなかったら読んだあとでも返品ができて、しかもそのとき本は返さなくても良いというもの。

2つ目は、キャンペーン価格で販売中。
(私や多くの方は定価の3700円で買いました)。

ぜひ一度、画像をタップしてその実際の中身をご確認ください。

あと、私や他の購入者様の感想もこちらにありますので、ご参考にされてみてください。

最新情報をチェックしよう!