ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法

ネガティブ思考の最大の原因は「劣等感」

なぜあなたはネガティブ思考になってしまうのでしょうか?
その理由は、あなたの心の中に劣等感があるからです。

私は営業マネージャーだったとき、多くの部下、多くの他社営業マンたちとコミュニケーションをとってきました。
その中には、それはそれはネガティブ思考な営業マンの方々が多くいらっしゃいました。
私は彼らと接しているうちに、ある特徴に気がつくようになっていきました。

どんな特徴かと言いますと、下のようなものになります。

  • 真面目な性格
  • 負けず嫌い
  • 他人を信じない
  • 自分に厳しい
  • 自分の失敗を許さない
  • 批判的思考
  • 他人と自分を比較して無力感を味わう

パッと見、これらは営業マン(販売員)として素晴らしい資質のようにも思えますよね。
でもそうではないんです。
実は、これらの特徴があるおかげで、彼らは生産性を恐ろしく下げてしまっていたのです。

これらの特徴の根底にあるのが劣等感です。
もちろんご本人たちは自分が劣等感に支配されているなんて気がついていません。でも、実際にはネガティブ思考が止まらない営業マンの方々の心の奥底には、すさまじい劣等感がうずまいているんですよね。

劣等感とは?

では、そもそも劣等感とは何でしょうか?
劣等感とは、
「自分が他人より劣っていると感じている心理状態」
のことをいいます。
「劣等感を持ち続ける人は、人生を不幸に生きる」。
精神科の医師、心理学者などがよくこのような内容を口にされています(うつ病の原因、ニートになってしまう原因の一つとも考えられています)。

この劣等感には面白い特徴があるんですよね。
それはご本人にとって客観的な事実が無視され続けるという特徴です。あくまでご本人の中の解釈で「私は劣っている」と思い込んでおられるんです。
したがいまして、劣等感をもっている営業マンは常に不満足で生活されています。他人から見れば別に問題なさそうで、むしろうまくいっているように見えるんですけど、ご本人は常に「ダメだ……。まだ足りていない」と感じておられるんですね。
そして、その状態が長期間続くことで、「自分は価値のない人間だ」と信じこんでいかれます。
すると、今度は「本当に私には価値がないのか? いや、そんなはずはない!」と危機意識というかあせりが生まれてくるようになります。
それによって「私には価値がある! 本当はすごいんだぞ!」と自分の有能性を(いかに優秀かを)周りに示そうとするんです。猛烈な承認欲求が生まれてくるんですね。
しかし悲しいかな、現実世界では他人が自分を認めてくれることなんてほとんどありません。これが本人にとって激しい欲求不満になります。それが原因となって何とか承認欲求を満たそうと仕事をがんばるようにもなります。
と同時に、プライベートでの趣味の時間、友人たちと過ごす時間に一切楽しさを感じないようにもなっていきます。
「有能な自分! すごい自分!」
が達成されていないからです。
目の前の楽しみなんてどうでもよくなりはじめるんですね。
こうやって劣等感をもっている人たちは「人生を楽しめず不幸になる」という言葉通りになっていきます。

他人と張り合う

「まだ足りていない……」。
「私には価値がない……」。
劣等感をもっている人たちは、日々、無意識でこのように感じています。そして、それを何とかかき消そうと考えておられます。
ですから「負けない! とくに他人には負けない!」と負けず嫌いが発動するようになります。なぜなら、他人に勝っていれば自分は劣っていないんだと確認ができるからです。
これが劣等感をもっている人たちの特徴「他人との張り合い」です。

ちなみに劣等感が強い営業マンの価値観はとても分かりやすいです。

  1. 営業実績で人の優劣を評価します。
  2. 年収で人の優劣を評価します。
  3. 権力・権威の有無で人の優劣を評価します。

人を「優劣」で評価します(自分の評価も)。
例えば、異性とのお付き合いも「この人と付き合ったら他人が羨ましいと感じるだろう」と考えます。
なんでも優劣で判断するようになっていくんです。

では、なぜ彼らはこんなにも劣等感に支配されるようになってしまったのでしょうか?
それは営業・セールス職が、毎日自分と他人を結果で比較する環境だからです。
ほかにもあります。受験競争のときの比較、テレビに出てくる金持ちセレブたちの生活ぶり、SNSで友人、知人の幸せそうな情報などなど、自分と他人を比較してしまうからです。

営業・セールス職は、まさに毎日、毎月、毎年、優劣をつけられる仕事です。
すると優しかった人も、毎日のように営業実績を比較される中で劣等感をもつようになります。
いつしか優しかった人の人相が厳しくなり、他人や自分を「優劣」で評価するようになってしまうんですね。

劣等感を持つようになったきっかけ

ネガティブ思考からポジティブ思考になるためには劣等感を捨てなければいけません(簡単そうでとても難しい作業です。中には一生劣等感を捨てることができない方もおられるようです)。

では、劣等感に支配されてしまっている人たちは、なにがきっかけで劣等感を持つようになってしまったのでしょうか?

「え? 他人と自分を比較したからでしょ? そして優劣をつけたからでしょ?」。

そう思うのですが、実はもう少し複雑です。

人が劣等感を持つようになるきっかけは、自分にとって大切な人、または特別な人がもっていた基準を意識しはじめるときなんです。
例えば、昔から自分と他人を比較される環境はありました(学校での成績や、家庭で兄妹間の能力差など)。
しかし、皆さんそれがどうしたと、そんな比較では劣等感をもつまでにはならなかったでしょう。
「勉強が200人中150番だったけど、でも別にいいや♪」のように。

しかし、自分にとって「大切な人」「特別な人」がもっている基準を意識しはじめると話が変わってきます。

【例】
1.「営業実績の無い営業マンは価値がないぞ」と尊敬していた先輩が言っていた。


自分に営業実績が無かった。ゆえに「自分には価値がない」と感じはじめる。 → 劣等感が生まれる。すると、他人と自分の営業実績を比較しはじめる。優劣をつけはじめるようになる。

2.「年収の低い男性と結婚してはいけないよ」と、慕っている母親の言葉を信じて育った娘。


年収の低い男性を好きになる。このとき間違った人を好きになってしまったと悩む。 → 劣等感が生まれる。なぜか、他人に彼氏を紹介するのが恥ずかしくなる。自分の彼氏を他人と比較し優劣をつけはじめる。

3.「マスコミ業界は優秀な人たちの多い」と認めている人が、報道番組やバラエティ番組の情報を真に受ける(例えば「勝ち組、負け組み」「婚カツ特集」など)。


自分が負け組みに所属していると知る。 → 劣等感が生まれる。自分と他人を「結婚している、していない」などで優劣をつけはじめる。

このように劣等感を持つようになるきっかけは、あなたの大切な人、または特別な人が口にしていた基準に自分が到達していないときなんですね。

ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法

ネガティブ思考からポジティブ思考になるためには、まず劣等感を持つきっかけになった人たちの基準や言葉を頭から消し去さる作業からはじまります。そして、今後はその人たちとのコミュニケーションを控えるようにしていきます。
それと同時に、自分の今までの経験をポジティブに説明してみることに挑戦します。スマホのメモアプリでもカレンダーアプリでも、あとウラ紙でも何でも良いので、自分のことをポジティブに説明した文を書いていきます。
この作業をするには、自分の経験や自分自身のイメージについてポジティブにとらえていなければいけません。そうやってポジティブ思考の練習をするようにします。
ネガティブ思考の営業マン(販売員)は、とにかくご自分のことをネガティブにとらえており、説明するとなるとネガティブに説明してしまわれます。これは、自分自身に対するイメージがネガティブなものだからです。ここに力を加えて変化させていかないと、ネガティブ思考がポジティブ思考になることはありません。

あと、マスコミ(ニュース、新聞など)の情報に気をつけましょう! なぜならマスコミの情報はネガティブな表現が意図的にされているからです。
そんな情報に触れ続けていたら、物事をとらえる視点がネガティブにならざるを得ませんよね。
ちなみに、マスコミとしては、ネガティブ表現をしたほうが圧倒的に視聴率がとれたり、アクセスがあったり、部数が売れます。ですから容赦なく面白ろおかしく表現してきます。
私たちはそれらの表現を真に受けていてはいけません。もし何も考えずに真に受けてしまっていたら、あっという間に洗脳されてしまいます。(笑)
これはマスコミが悪いのではなく、真に受ける側が悪いので、そこも注意が必要になります。
例えるなら「セールスマンの言葉を信じて従ったら、必要のない高額商品も買っていた」という状況と同じですね。
マスコミ業界の人たちも私たちと同じように営業実績を追われています(販売部数や視聴率がそれです)。そして、なりふり構ってられない高額が動いている世界です。

もし仮に次のようなタイトルの記事があったとしたら、あなたならどちらに目を奪われますか?

  1. 若者を飛躍的に成長させてくれる仕事は「営業!」
  2. 詐欺集団か!? 営業マンの育成に失敗した中小企業の罪!

おそらく2に目を奪われるのではないでしょうか。

ネガティブのパワーは強烈に人をひきつけます。
彼らはそうやって表現することで「読みたい! 見たい!」と思わせ、購買やサイトへのアクセスに結び付けています。
もちろん、中に書いてある文章もネガティブな表現です(そのほうが面白いからです。他人の不幸は蜜の味ですから)。
このような世界観に毎日どっぷりとつかっていると、いつの間にか物事をとらえる視点がネガティブになっていたりします。
それを回避するために、マスコミ情報に触れるときは、つねに反論してやろうと考えながら触れることをおすすめいたします。

もしあなたが「そう言われたら、自分は劣等感に支配されているかもしれない……」と少しでも感じるようでしたら、すぐに劣等感をもつきっかけになった人や情報を思い出してみてくださいね。そして今後はそれらから距離を置くことを意識されながら生活されてみてください。
そうすれば、ネガティブ思考がポジティブ思考へと変わりはじめると思います。

ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法 まとめ

  • ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法は劣等感を捨てる。
  • 自分をポジティブに説明する(そのためにはポジティブな認知が必要)。
  • マスコミ情報を真に受けない(つねに反論してみる)。

あなたに劣等感をもたせたきっかけとなった人は、もしかしたら親友かもしれません。両親かもしれません。目の前に置いている本かもしれません(そんな本、燃やしてしまいましょう!)。上司かもしれません。

とにかく誰であろうと、その人たちとのコミュニケーションを極力0にしましょう。
これができるようになれば、精神的に楽になります。そして心に余裕が生まれ、営業力(販売力)も高まっていくと思います。

ぜひ、ネガティブ思考をやめて、ポジティブ思考へと切替えていっていただけたらと思います。
この記事があなたの刺激になれたら嬉しく思います。
陰ながらではございますが、あなたのますますのご活躍を心から応援しております。

以上、「ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法」でした。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。
ありがとうございました。