ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法

ネガティブ思考が止まらない原因は「劣等感」

なぜ私たち販売員はネガティブ思考が止まらなくなってしまうのでしょうか?
その原因は劣等感に支配されているからなんです。

劣等感とは何か

劣等感とは、
「自分が他人より劣っていると感じている心理状態」です。

劣等感をもっている人には面白い特徴があります。その特徴とは、本人にとって客観的な事実が無視され続けるというものです。あくまで本人の中で「私は劣っている」と思い込んでいるのです。

劣等感に支配された人の特徴

・他人と張り合う

劣等感に支配された人たちは、他人と張り合おうとします。
その理由は、他人に勝っていれば自分は劣っていないと確認ができるからです。
つまりそれが次のような価値観を持つようになります。

・販売実績の高低で人の優劣を評価します。
・年収の高低で人の優劣を評価します。
・権力や権威の有無で人の優劣を評価します。

要は、人を「優劣」で評価するようになってしまいます。
(自分自身の評価も)。

これは販売職の環境がそうさせています。
毎日毎日自分と他人を販売実績で比較される環境なため、自分でも知らぬ間に人を優劣で評価するように変化してしまうのですね。

優しかった人も毎日毎日販売実績を比較されて劣等感に支配されていきます。
するといつしか優しかった人の人相が険しくなり、他人や自分を「優劣」で評価してしまう、なんだか嫌な人になってしまうのです。

劣等感の捨て方

ネガティブ思考からポジティブ思考になるためには、この劣等感を捨てなければなりません。

しかし、これが中々捨てられません。
なぜなら、劣等感は自分にとって大切な人がもっている『価値基準』を意識したときに生まれているからです。

例えば、昔から自分と他人を比較される環境はあったはずです。
(学校での成績、兄妹間の能力差など)。

しかし皆さんそれがどうしたと、そんな比較では劣等感をもつまでには至らなかったと思います。

「勉強の成績が200人中150番だったけど、まぁ別にいいや♪」のように。

しかし、自分にとって「大切な人」がもっている「価値基準」を意識しはじめると話が変わってきます。

【例】
1.「実績の無い販売員は価値がない」と尊敬していた先輩が口にしていた。


自分に販売実績が無い。→ 「自分には価値がない」と感じはじめる。 → 劣等感が生まれる。すると自分と他人の販売実績を比較しはじめる。
優劣をつけはじめるようになる。

2.「年収の低い男性と結婚してはいけないよ」と慕っている母親の言葉を信じて育った娘。


年収の低い男性を好きになる。
このとき間違った人を好きになってしまったと悩む。 → 劣等感が生まれる。なぜか他人に彼氏を紹介するのが恥ずかしくなる。自分の彼氏を他人と比較し優劣をつけはじめる。

3.「マスコミ業界は優秀な人たちの多い」と認めている人が報道番組やバラエティ番組の情報を真に受ける。
(例えば「勝ち組、負け組み」「婚カツ特集」など)。


自分が負け組みに所属していると知る。 → 劣等感が生まれる。自分と他人を「結婚している、していない」などで優劣をつけはじめる。

このように、人が劣等感を持つようになるきっかけのほとんどは、その人にとって大切な人が口にしていた価値基準を意識しはじめ、なおかつ自分がその基準に到達していないと認識しはじめたときなのです。
大切な人の価値観が影響しているため、劣等感を簡単に捨てることができないのです。

【重要!】 ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法

ネガティブ思考からポジティブ思考になるには、まずは劣等感を持つきっかけとなった人たちの価値基準を思い返すことからはじめます。
そして彼らの言葉を頭から消去する作業をしていきます。さらに、今後はその人たちとのコミュニケーションを控えるように意識して生活をしていきます。

次に、自分の今までの経験をポジティブに説明してみることに挑戦します。
スマホのメモアプリでもそのへんのウラ紙でも何でも良いので、自分が経験してきた仕事、スポーツや勉強の成績などを思い返し、それについてポジティブに説明した文を書いていきます。

この作業を成功させるためには、自分の経験や自分自身のイメージをポジティブにとらえなければなりませんし、使う単語もポジティブなものへ変えなければなりません。
これがネガティブ思考からポジティブ思考へ変わる大切な練習となります。

ネガティブ思考の人たちは、とにかく自分のことをネガティブにとらえています。
ですから自分について説明をするときは、必ずネガティブな視点でネガティブな単語を使って説明されます。

しかしそれは一種のくせのようなものです。
このくせをやめることができればネガティブ思考はポジティブ思考へと変わっていきます。

まとめ

ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法は以下の通りです。

・劣等感を捨てる。
・大切な人の価値基準を捨てる。
・自分の過去の経験をポジティブに表現しながら説明してみる。

あなたに劣等感をもたせた人は、もしかしたら親友かもしれません。
両親かもしれません。
上司かもしれません。
目の前に置いている本かもしれません。
(そんな本、燃やしてしまいましょう!)。

とにかく誰であろうと、その人たちとのコミュニケーションを極力0にしましょう。
あなたがネガティブ思考からポジティブ思考に変われたら、精神的にとても楽になります。
それが心の余裕になり販売実績もどんどん高めていくことが可能になります。

ぜひネガティブ思考をやめてポジティブ思考へと切替えていっていただけたらと思います。
この記事があなたの刺激になれたら嬉しく思います。
陰ながらではございますが、あなたのますますのご活躍を心から応援しております。

以上、「ネガティブ思考からポジティブ思考になる方法」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!