滑舌(かつぜつ)

販売員の滑舌

販売員の滑舌が良いと、お客様に好印象を与えることができます。
そしてセールストークもしっかりと聞き取ってもらえるため、より理解されやすくなり、成約率を上げることができます。

滑舌とは?

そもそも滑舌(かつぜつ)について説明をしていなかったので、簡単に説明します。

滑舌とは、舌をなめらかにして、発音をはっきりさせるスキルのことです。
テレビ、ラジオ、演劇などの業界用語です。

お客様は滑舌の悪い販売員に対して、心の中では、
「んっ? 何? 何%節約できるって? 20%? 50%……? もう一回言ってもらいたいなぁ……。けど聞き返すのもな……」。
このように不快になっているのですね。

しかし、滑舌が悪い販売員ほど自分の滑舌について意識されていません。
なぜなら、普通まさか自分の声がお客様に聞こえづらいだなんて考えないからです。

私たちはお客様へセールストークを一言一句しっかりと伝え、内容を理解していただかなければ、成約の確率を下げてしまうことになります。

滑舌(かつぜつ)を良くする方法

では、どうやったら滑舌を良くできるのでしょうか?
さっそく、その方法をご紹介していきます。

1.母音を意識して発音する。
この方法は、劇団四季の舞台俳優さんが日頃練習されている方法になります。
(放送、演劇業界では常識だそうです)。

母音とは、
「あa・いi・うu・えe・おo
のことです。

例えば、
「お疲れ様です!」
の母音を見てみます。

この場合、
「o・tsu・ka・re・sa・ma・de・su!」
と発音しますよね。
そこで母音部分をピックアップします。
o・tsu・ka・re・sa・ma・de・su
お・う・あ・え・あ・あ・え・う

これが母音です。
これを意識しながら
「お疲れ様です!」
と発音すると、相手にはっきりとくっきりと聞こえるようになります。

さて、この母音を意識しながら発音ができるようになるためには、
「おうあえああえう。おうあえああえう。おうあえああえう……」
を何度もハッキリと発音練習をします。

単語が「おはようございます」なら、
「お・あ・お・う・お・あ・い・あ・う」
です。

ですから、
「おあおうおあいあう。おあおうおあいあう。おあおうおあいあう……」
母音だけをピックアップして発音練習を繰り返します。

この母音発音の練習を繰り返していると、一音一音がハッキリ発音できるようになります。
私たちのセールストークもしっかりとお客様に伝わり、理解されるように変わりはじめます。
※この練習は楽しいと思いますよ。
これがクセになると、お客様の前で、まるで劇団員のようにハッキリ話す自分になり、楽しく仕事ができるようになるとおもいます。
(私はそうでした。笑)。

下記に発音について参考になる動画をご紹介します。
さすがアナウンサーの方です。
お声が一音一音はっきりと聞き取れます。
とても好印象を持てる話し方です。

2.あ行か行さ行……各行をはっきりと連続でハッキリと発音する(舌を素早く動かす練習)。
例えば、
「あいうえお あいうえお あいうえお」
「まみむめも まみむめも まみむめも」
のように、各行を連続でハッキリと素早く発音します。

これを続けていると舌の動きがなめらかになります。
そして口の周りの筋肉もほぐれてきます。
このような練習を朝のシャワー時間などにやっておかれると、現場に「イイ声」の状態で入っていけます。
自分の意識も、
「お客様にセールストークをハッキリと伝える!」
となっておりますので、1日の仕事への意欲も高めることができます。

以上が「滑舌を良くする方法」でした。
ぜひ毎日、滑舌の練習も取り入れてみてくださればと思います。

滑舌も販売能力のひとつになります。

この記事があなたの刺激になれたら嬉しく思います。

以上、「滑舌(かつぜつ)」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!