滑舌(かつぜつ)を見直そう| 営業マンの基本

営業マンの滑舌(かつぜつ)| あなたは大丈夫?

「ええ……。ええ……。……」。

おや……何だかお客様の反応が良くありません。

あなたはお客様にこのような反応をされたことはありますでしょうか? これは私の同僚の営業マンがお客様によくされていた反応でした。彼の営業トークはお客様に正確につたわっていませんでした。お客様は彼に気をつかってくださり、話を合わせてくれているだけだったのですね。

今回は、「どうも検討になることが多い……」のようなことにならないように、営業マンが持っている情報をお客様に正確に伝える技術についてご紹介していきたいと思います。

営業マンの滑舌(かつぜつ)| 何を言ってるのかわからないんだけど……

お客様の反応がいまいちなのは、営業トークの内容が悪いわけではありません。セールスコミュニケーションが悪いわけでもありません。意外にもその営業マンの言葉がお客様に正確に伝わっていない……聞こえていなかったりするのですね。それゆえに、お客様はその営業マンの営業トークをところどころ理解することができません。そして、それが原因で決断もできません。結構ストレスになっていたりします。

このような反応をされてしまう原因のひとつに「営業マンの滑舌(かつぜつ)※が悪い」が挙げられます。

※滑舌(かつぜつ)とは……「舌をなめらかにして、発音をハッキリさせること」。テレビ、ラジオ、演劇などの業界の用語です。

さて、繰り返しになりますが、営業マンの滑舌が悪いとお客様に営業トークの内容が正確に伝わりません。それゆえに検討を招いてしまいます。営業マンはしっかりと伝えているつもりでも、お客様には伝わっていないのです。お客様には「ボソボソ」と聞こえているのですね。したがいまして、お客様は心の中で「んっ? 何? 何%節約できるって? 20%? 50%……? もう一回言ってもらいたいけど聞き返すのも……」、このように営業トークが理解できないのですね。

しかし、滑舌が悪い人はそこに気が付けていません。まさか自分の声がお客様に聞こえづらいだなんて考えないのです。ですからそのまま一生懸命営業トークを進められます。それゆえにお客様の気分は下がっていきます。同時にその営業マンに対する信頼感も下がっていってしまいます。もし、あなたが「あ!? 私のことだ……。私、滑舌が悪いのかも?」と少しでも思われるようでしたら、早急に対策を練ってほしいと思っております。

私たちは営業・セールスマンです。営業マンはお客様と信頼関係が無い状態から、信頼を築き、成約へと導かなければならない仕事です。私たちの営業トークを、一言一句しっかりと伝え、内容を理解していただかなければ、成約の確率を下げてしまうことになってしまいます。

営業マンの滑舌(かつぜつ)| 対策

では、どうやったら滑舌は良くなるのでしょうか? さっそく、その対策方法をご紹介していきます。

1.母音を意識して発音する。

この方法は、劇団四季の舞台俳優さんが日頃練習されている方法になります (※放送、演劇業界では常識だそうです)。お風呂やご自分の部屋などで練習されてみてください。

では、その母音を意識して発音するやり方について説明いたします。まず、母音とは「あa・いi・うu・えe・おo」のことです。例えば、「お疲れ様です!」の母音を見てみます。この場合、「o・tsu・ka・re・sa・ma・de・su!」と発音しますよね。そこで母音部分をピックアップします。

o・tsu・ka・re・sa・ma・de・su

お・う・あ・え・あ・あ・え・う

これが意識する母音になります。この「おうあえああえう」を何度もハッキリと発音練習します。単語が「おはようございます」なら「お・あ・お・う・お・あ・い・あ・う」です。母音をしっかり発音します。

さて、この母音発音の練習を繰り返すと、一音一音がハッキリ発音できるようになります。営業マンの営業トークもしっかりとお客様に伝わり、理解されるように変わりはじめます。

※この練習は楽しいと思いますよ。これがクセになると、お客様の前で、まるで劇団員のようにハッキリ話す自分になり、楽しく仕事ができるようになるとおもいます。

下記に発音について参考になる動画をご紹介します。さすがアナウンサーの方です。お声が一音一音はっきりと聞き取れます。とても好印象を持てる話し方です。

2.各行をはっきりと連続でハッキリと発音する(舌を素早く動かす練習)。

例えば、「あいうえお あいうえお あいうえお」「まみむめも まみむめも まみむめも」と各行を連続でハッキリと素早く発音します。これで舌の動かし方がなめらかになります。そして口の周りの筋肉もほぐれてきます。

このような練習を朝のシャワー時間などにやっておかれると、現場に「イイ声」の状態で入っていけます。自分の意識も「お客様に営業トークをハッキリと伝える!」となっていますので、セールスコミュニケーションの質も変わってきます。

営業マンの滑舌は成約を導くためにはとても大切な内容です。その営業マンの印象にもつながっていますので、軽く考ることがないように、しっかりと意識しておきたい内容です。ぜひ、練習されてみてください。

この記事があなたの刺激になれたら嬉しく思います。あなたのますますのご活躍を陰ながらではございますが、心より応援しております。

以上、「滑舌(かつぜつ)を見直そう| 営業マンの基本」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございまいた。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする