あなたの「目つき」が売れない原因かもしれない

目つきと販売実績

私がマネージャーだった頃、接客中の自分の「目つき」について意識されている販売員の方に出会ったことはありませんでした。

接客中の自分の「目つき」については、ぜひ意識をしておいていただけたらと思います。
その理由は、私の経験談を通してお伝えしていきたいと思います。

明らかに売ろうとたくらんでいる……。それが目つきに表れていました

「売りたい! 絶対に売りたい!」。
そんな感情がお客様に伝わっていました。

私が初めて接客中の自分の「目つき」を確認したのは、訪問販売員として活動しているときでした。
ある日、私がお邪魔したお客様宅の玄関に大きめな鏡が設置されていました。そして、その鏡の設置角度がたまたま私の接客中の表情を確認できる角度だったのです。
私ははじめ無意識に、
「おっ。鏡がある」
とだけ思っていました。
そして鏡のことなど忘れて接客をしていました。

すると、そこで人生で初めての事件が起きたのです!
私はクロージングの真っ只中でした。
お客様は契約を渋っておられます。
まさに、
「どうしようか……。うーん」
と考え込んでおられます。

私は集中力が切れ、ふと何気なく一瞬だけお客様から視線をそらし、鏡に視線を移しました。

「えッ……!!」。

私は驚きました。
今でも忘れません。
ふと何気なく鏡を覗いたときの私の目つきがえげつなかったのです。

なんと私の「目つき」が、
「売りたい!! 売りたい!! オレは売りたいんや~!!」
と、それはえげつないほどギラギラした状態だったのです。

私のイメージでは、
「さわやかな優しい笑顔の青年♪」
でしたが、現実は180度違っていたのです。笑
本当に驚きました。

目つきに本心が出る

私たちは、自分が他人と会話をしているときの「目つき」を確認する機会がありません。

確認できているのは、毎朝、毎晩、鏡に映っている自分だけです。
そこでは、
「キリっとした男らしい目」
「クリっとした可愛い女性らしい目」
のような自分の都合の良い「目つき」のみを確認している状況です。

私は、そのお客様の玄関先で初めて接客中の「目つき」を確認できたのでした。
まるで自分じゃないような感覚でしたから。

私の「目つき」は明らかにたくらんでいたのです。
(透けて見えるもんですね。「目つき」を通して人の心の状態は)。

「あッ! こいつはとにかく売りたいんだ!」と、自分でもはっきりと確認ができたのです。

ということは、他人は100%そう感じているでしょう。
私はその場で一瞬で悟りました。
「こんな目つきをしながら接客をしていて売れるわけがない!」。

接客中の「目つき」を確認しておこう

自分の接客中の「目つき」を確認されておいて損はされません。

自分の接客中の「目つき」を確認する方法は、

・ロープレを動画撮影をする。
・鏡の前でエア接客をする。

この2つで確認できます。
ぜひ、一度は確認しておいたほうがいいのではないかと思います。

さて、もしあなたの接客中の目つきが、次のような状態になるようなら、かなり危険です。

・ギラつく。
・恐い。
・エロい(いやらしい)。

・不機嫌
・無気力
・目の奥が笑っていない

あなたの目つきがこれらの状態だった場合、お客様は次のように感じてしまうでしょう。

「なんだかこの人感じ悪くなってきたな……」。

「あれ、最初と雰囲気が変わった?」。

販売では、お客様を不安にさせる=検討させるを意味します。

ぜひ、販売実績を出し続けるために、自分の「目つき」をコントロールできるスキルも備えていきましょう。

簡単! 目つきをコントロールする方法

まずは接客中の「目つき」を確認しましょう。

その次に、
「あなたのベストな目つき」
を自分で確認しておきましょう。

基本的に、ベストな「目つき」とは、
「目に微笑みがのっている状態」
です。

このような目つきの販売員なら、お客様は、
「この人は敵じゃない」
と感じてもらえやすくなります。
お客様の警戒心を安心感へ変えていけます。

では、どうやったらそんな「目に微笑みがのっている状態」になれるのでしょうか?

それについてはこんな練習でできるようになります。
まず、お風呂場で鏡を用意します。
そして今まで自分が「楽しい!」と感じた過去の体験を思い浮かべます。
同時にあなたが他人から優しくされて嬉しかった体験や、他人に優しくしてあげて感謝された体験を思い浮かべます。
当時の映像とそのときの感情もしっかりと思い浮かべてみてください。

それが終わったら、鏡に向かって微笑んでみます。
その時の状態が、
「微笑みがのっている状態」
の目つきです。
しっかりと、このときの感覚を顔の筋肉に覚えこませます。

その次です。
今度は、部屋であなたの全身が映る鏡の前に立ちます。
そして、鏡の前でエア接客をいつも通りの接客ではじめてください。
普段あなたがされている服装、そして普段使われている道具やパンフレットも用意します。
そして、そのときお客様の反応もリアリティ溢れるほどにイメージします。

・厳しい断り文句を言う人のパターン
・素直に話を聞いてくれる人のパターン

そしてお客様を成約へ導いてください。

さて、そのエア接客中のあなたの「目つき」は、どんな状態だったでしょうか?
あなたの目つきは鋭くなかったですか?
うさん臭くなかったですか?
目の奥はきちんと笑っていましたか?

私自身、これを実際に行ったときにまたまた驚きました。
なぜなら、私はクロージングが近づくにつれ、目がギラつくのです。
そしてクロージング中、お客様が考え込んだときをイメージすると、
「キャンセルになるかも……」
と、不安が目に漂いはじめていたのです。
そのことにはじめて気がつきました。
(同時に呼吸が少し乱れることもわかりました。緊張しはじめるからですね)。

今でも覚えていますが、私は夜中に鏡の前でエア接客をしながら、
「うさん臭い笑顔だなぁ……おれ」
「クロージングで雰囲気が変わったぞ……? うわぁ、売りたいんだ……」
と、自分では全く想像していなかった現実を知りました。

私は、自分のことを「良い笑顔」だと思っていました。
しかし、実際は胡散臭い笑顔だったのです。
そして、とにかく、
「売りたい!」
「なんとか売りつけよう!」
という内面が透けていました。

販売員が自分の心理状態をお客様に見抜かれてしまうのは絶対にNGになります。
なぜなら、自分の心理状態を見抜かれてしまえば、お客様が接客の主導権を握れるようになるからです。
また、お客様は販売員の下心を察知した瞬間、その販売員を信用しなくなります。

私は自分の目つきの現状を知ってからは猛練習して修正しました。

もし、あなたがエア接客をされたことが無ければ、ぜひ試してみていただけたらと思います。
あなたは私のように胡散臭くないとは思いますが、良くも悪くもあなたの現状を知ることができます。
それを知ることができれば、明日からの活動に活かすことができ、実績に良い影響を与えられます。

ぜひ、この記事があなたの販売実績の向上のためにお役に立てれば嬉しく思います。

あなたのご活躍を心より応援しております。

以上、「あなたの『目つき』が売れない原因かもしれない」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

本ブログでおすすめしている書籍です。
こちらは「売れる心理学」が学べます。

詳しくは画像をタップして、
ご確認ください。

↑ こちらの正規サイトは、
全額返金保証がついています。
リスクなしでご購入いただけますので、
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

私や他の購入者様の感想はこちら

最新情報をチェックしよう!