訪問販売員こそヘアスタイルをコントロールしよう

個人相手にせよ法人相手にせよ、訪問販売はちょっと特殊な販売環境といえる。なにが特殊なのかというと、お客様が私たちを警戒するあまり警察まで呼んでしまうということがある世界だ。店舗に看板を掲げ販売をしている世界とは別世界なのである。

だから訪問販売員は第一印象に気を使わなければならない。第一印象でお客様に「まぁこの人なら話を聞いてやってもいいかな……」と思われなければ販売実績を出すことはできない。

そこで重要になるのが訪問販売員の「ヘアスタイル」になる。

ヘアスタイルは販売ツール

私たち訪問販売員が一番接客したいお客様の年代といえば40代から上の方々だ。なぜなら、しっかりとお金を持っている世代だからだ。支払い能力を備えている人が多い。つまりは、訪問販売員はこの年代のお客様から嫌われてはいけない。

訪問販売員の中には「販売員は人柄で勝負! 見た目なんか関係ない! ひげをはやしてたっていい!」のように考えている方もいる。特にトップ販売員にそう考える人が多い。しかしそれはトップ販売員だけが許される話。確実に販売実績を出していかなければならない人たちは、やはりお客様の反応の良いヘアスタイルで活動をすべきだ。

そう考えると、訪問販売員にとってヘスタイルとは販売ツールと言える。良い販売ツールがあるとお客様にセールストークが伝わりやすくなるが、ヘアスタイルもそれと同じだ。だから販売ツールがあまり良くないなと感じたらすぐに改善していくように、ヘアスタイルも常にお客様の反応の良いものに仕上げておくことが大切だ。

そうやってヘアスタイルも改善を重ね、万人受けをする清潔感に溢れたヘアスタイルを見つけてもらいたいと思う。

「チッ! いい加減警戒されてることに気がつけよ!」

この強烈な言葉はあるトップ販売員が後輩に浴びせていたものだ。筆者はそのときその場におり、舌打ちの音までクッキリと聞こえた(後輩はそのトップ販売員より年上だった)。

この後輩は、なぜか筆者を含めた先輩たちのアドバイスを聞かない人だった(めちゃ頑固だった)。

実は、彼のヘアスタイルは「坊主」だったのである。年齢は40歳前。顔はイケメンでもない。そして身長が高い。いわゆる「恐い」雰囲気を感じさせるものだった。だからトップ販売員は何度も何度も、「髪を伸ばしたら良いよ」とアドバイスをしていたのだ。しかし彼はそれを聞き入れなかった。筆者も「なんでこの人は髪を伸ばさないんだろう?」といつも首をかしげていた。

彼は見た目が恐いので、出会う女性客(主婦層)から引かれていた。もちろん販売実績は伸びない。そんなときに、いよいよ優しく諭していたトップ販売員もストレスから怒りが爆発してしまい、上記のような言葉で激しく叱ったのだ。

大切なことなので繰り返すが、ヘアスタイルは販売ツールのひとつなのだ。そのツールが悪ければコミュニケーションが円滑にならず売り逃しにつながってしまう。例えば、ヘアスタイルをコントロールしきれていない訪問販売員に出会ったお客様は、勝手に

・暗そうな人
・堅そうな人
・クセがありそうな人

などをイメージしてしまう。お客様は訪問販売員の「見た目」からでしかその人を推測する情報がないし、かつ警戒心が高いので、ネガティブに情報処理をしてしまうのだ。

狙うのは「安心感」

できればお客様に「安心感」を感じさせたいものだ。その理由は、人は安心感がない状況でお金を使ったり、契約書にサインしないからだ。だからヘアスタイルは安心感をもたれるド定番のデザインにしてもらうとよいだろう(銀行のパンフレットに起用されたときの芸能人やモデルを参考にすると良いだろう。あれこそ安心感がわくド定番のヘアスタイルだ)。

ちなみに、抽象的にはなるがお客様に安心感がわいてこないヘアスタイルがあるので、確認をしておいてほしい。

・時代遅れな髪型の人
・ボサボサの髪の女性販売員
・髪がパサついている女性販売員

・暑苦しい長髪の男性販売員
・ツンツンヘアの男性販売員
・清潔感がない男女の販売員

※安心感がわくヘアスタイルの手本はこちら。

→→ 女性版 参考ヘアスタイル

→→ 男性版 参考ヘアスタイル
(ひげは絶対にNG)。

ぜひ、自分のしたいヘアスタイルは封印して、販売実績が一番高くなるヘアスタイルを見つけ、それで活動していこう(筆者はもう約20年は自分のしたいヘアスタイルを我慢している)。

陰ながらではあるが、あなたの益々のご活躍を心から応援している。

営業マン 髪型 ヘアスタイル 40代 30代 20代
最新情報をチェックしよう!