訪問販売員こそヘアスタイルをコントロールしよう

訪問販売員こそヘアスタイルをコントロールしよう

訪問販売員こそヘアスタイルを徹底的にコントロールしましょう。
その理由は、訪問販売は他の販売業と違ってお客様の警戒心が異常に高いため、それをほぐせるスキルがなければ販売実績を出せません。
そのお客様の警戒心をほぐすためには、第一印象がとても重要になるからです。

お客様と出会って数秒後に、
「まぁこの人だったら少し話を聞いてやってもいいかな」
と感じてもらえなければ売ることができません。
それゆえにヘアスタイルをコントロールしておかなければならないのですね。

お客様に「話しても良いかな」と思われるようになれば、勝手に接客件数は増えていきます。
接客件数が増えれば売れる件数も増えていきます。

ヘアスタイルは販売ツールのひとつ

訪問販売員が一番接客したいお客様の年代は40代~ですね。
なぜなら、しっかりとお金を持っている世代だからです。
したがいまして、この年代のお客様から嫌われてはいけません。

訪問販売員の中には、
「販売員は人柄で勝負! 見た目なんか関係ない! ひげをはやしてたっていい!」
のように考えている方もおられます。
(特にトップ販売員の方がそう考える傾向があります)。

しかしそれはトップ販売員の方だけの話。
販売実績を確実に出していくためには、お客様の反応の良いヘアスタイルや服装を探しながら活動していかなければなりません。

ヘスタイルは販売ツールのひとつです。
ツールが悪いかもと判断した場合、どんどん変えていかなければなりません。
人によっては通っている美容室を変えなければならないでしょう。

そうやって万人受けをする清潔感に溢れたヘアスタイルを見つける努力も必要です。

「チッ! いい加減に警戒されてることに気がつけよ!」

これはあるトップ販売員が後輩に浴びせていた言葉です。

私はその場にいましたので、舌打ちまでハッキリと聞こえました。
(後輩はトップ販売員より年上でした)。

この後輩はなぜか私を含めた先輩たちのアドバイスを聞かない方でした。
(頑固でしたね)。

そして彼のヘアスタイルは「坊主」でした。
年齢は40歳前。
顔はイケメンでもない。
そして身長が高い。
いわゆる「恐い」雰囲気がありました。

ですからトップ販売員が何度も何度も、
「髪を伸ばしたら良いよ」
とアドバイスをしていました。

しかし彼はそれを聞きませんでした。
私も、
「なんでこの人は髪を伸ばさないんだろう?」
といつも不思議に思っていました。

見た目が恐いので女性客は引いていました。
もちろん販売実績は低い状態が続きました。

そんなときに、いよいよトップ販売員のたまっていたストレスが爆発してしまい、上記のような言葉で激しく叱られることになりました。

ここで大切なことですので繰り返しますが、ヘアスタイルは販売ツールのひとつです。
このツールの使い方を間違ってしまわれるとお客様に悪い印象を与えてしまいます。

・暗そうな人
・堅そうな人
・クセがありそうな人

お客様が勝手にそのように感じてしまわれます。
さらにそこから勝手に人柄まで推測されてしまいます。
なぜならお客様は「見た目」からでしかその人を予測する情報がないからです。

狙うのは「安心感」

訪問販売員はお客様に「安心感」を感じさせることができなければ売れません。
ですから、ヘアスタイルは安心感をもたれるであろうデザインにしてもらいましょう。

ちなみに、お客様に安心感がわいてこないヘアスタイルがありますので、ご確認ください。

・時代遅れな髪型の人
・ボサボサの髪の女性販売員
・髪がパサついている女性販売員

・暑苦しい長髪の男性販売員
・ツンツンヘアの男性販売員
・清潔感がない男女の販売員

※安心感がわくヘアスタイルの手本はこちら。

→→ 女性版 参考ヘアスタイル

→→ 男性版 参考ヘアスタイル
(ひげは絶対にNGです)。

訪問販売員は、ヘアスタイルをコントロールしましょう。
自分のしたいヘアスタイルで活動するのではなく、販売実績が一番高くなるヘアスタイルで活動しましょう。
(私はもう約20年は自分のしたいヘアスタイルをしていません。笑)。

以上、「訪問販売員こそヘアスタイルをコントロールしよう」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)。

最新情報をチェックしよう!