ヘアスタイルをコントロールして第一印象力を高めよう。| 営業マンの第一印象

ヘアスタイルをコントロールしよう

「実績の無い人は、社内、社外でなめられます!」。

個人宅への訪問販売。法人への飛び込み営業。アパレル販売や化粧品販売。家電販売。私たちが営業・セールスの仕事でしっかりと結果を出していくためには「ヘアスタイルをコントロールするスキル」が必要になります。このスキルがあるとお客様は「この人だったら話を聞いてやってもいいかな」と感じやすくなります。営業・セールスの仕事はお客様にそう感じてもらえるようになるだけで、営業トークがお客様に理解されやすくなります。つまり、しっかりと実績を出していくためにヘアスタイルをコントロールするスキルを高めておくことが大切になります。

しかし、営業・セールス職に就いたばかりの新人の方の中にはヘアスタイルをコントロールしようと意識されている方がとても少ない印象がありました(私が営業マネージャーだったときにそう感じました。新人さんのほとんどが自分の好きなヘアスタイルをされていました)。そんな方々に限って、実績を出そうと一生懸命セールストークに磨きをかけようと意識されるんですよね(実際の改善点はヘアスタイル=見た目なんですけどね)。

ですからヘアスタイルをコントロールして、3ヶ月以内に「お客様に選ばれるスキル」を磨いてしまわれたほうが実績は出しやすくなります。なぜなら、お客様に選ばれないなら、残念ながらいつまでたってもセールストークを理解してもらえるようにならないからです。

反対に、お客様に選ばれるスキルが高まってさえいれば、勝手に商談件数は増えていきますし、お客様が営業トークを理解しようとしている心理状態でコミュニケーションがとれるようになります。その環境が整ってこそセールストークの良し悪し、つまり改善点が出てくるんですね。

まさか不成約になる原因が「あんたに好感もてないからだよ!!」という理由だなんて思わないですよね。だからセールストークの改善に一生懸命になるんですね。しかし、実績が出せない本当の原因は「あなたに何となく好感がもてないから」だったりするのです。ヘアスタイルをコントロールするスキルは実績を出していくためにはとても大切なスキルになるんですね。




ヘアスタイルは道具!

私たちがお客様に「この人だったら話を聞いてやっても良いかな」と選ばれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? そのためには、まずヘアスタイルをコントロールしていきます。できればヘアスタイルを40代、50代、60代、70代のお客様に印象が良いものにしておきたいです。なぜなら、一番お金を持っている40代50代60代70代のお客様に好印象を持ってもらうためです。

「営業・セールスは人柄で勝負! 見た目なんか関係ない! ひげをはやしてたっていい!」のように考える方もおられますが、それはトップ営業だけの話です。実績が出せていないのならば、ヘアスタイル、ファッションを変えていかなければなりません(ちなみに実際のトップ営業の方々は皆さん見た目に気を遣っておられます。あと、たまにご本人は苦労知らずでトップ営業になった方もおられます。そんな方のアドバイスは意外とレベルが高すぎてまとはずれだったりしますので注意が必要だったりします)。

私たちはヘアスタイルを40代、50代、60代、70代に好印象をもってもらえるようにしておくことが大切です。ヘアスタイルとは結果を出すための営業道具のひとつと考えてしまわれるとすんなり変えることができるのではないでしょうか。




「チッ! いい加減警戒されてることに気がつけよ!」

これは私が直接耳にしたトップ営業の言葉でした。この言葉はトップ営業のアドバイスになぜか従おうとしなかった後輩が浴びせられていました(後輩はトップ営業より年上でしたから)。

この頑固な後輩はヘアスタイルが「坊主」でした。年齢は40歳前。顔はイケメンでもない。そして身長が高い。以前からトップ営業(年下)が「髪を伸ばすように」と指示していました。

しかし、彼はそれを守らなかったのです。私も「なんでこの人は髪を伸ばさないんだろう?」といつも不思議に思っていました。確実に見た目が恐いのです。迫力を感じさせる方でしたので、女性客は引いてしまっていたようでした。

大切なことですので繰り返しますが、ヘアスタイルは営業道具です。この道具の使い方を間違ってしまわれるとお客様に悪い印象を与えてしまいます。

・爽やかそうな人

・暗そうな人

・堅そうな人

・クセがありそうな人

・優しそうな人

これらは、お客様が勝手にそう感じてしまわれます。そしてそこから勝手に人柄まで推測されます(お客様としてはヘアスタイルを含めた「見た目」からしかその人を予測する情報がないからです)。したがいまして、私たちはヘアスタイルをコントロールしておかなければならないのですね。

日常会話でよくある風景として、髪を切った人に対して「おっ♪ スッキリしたね」という場面があると思います。これは髪を切ったことで他人に好印象を与えることができた瞬間です。このように好印象を感じてもらえるお客様をどんどん増やしていかなければこの仕事で結果は出せないでしょう。




狙うのは「安心感」

私たちはお客様に感じてもらいたい感情があります。それは「安心感」です。なぜなら、お客様の中に私たちに対する安心感がわかなければ契約書にサインしたり、財布からお金を取り出すことはないからです。したがいまして、お客様に安心感がわく可能性の高いヘアスタイルにすることが大切です。

営業マンのヘアスタイルとして、安心感がわきにくいものもあります。それは、

・時代遅れな髪型の人

ボサボサの髪の女性営業職

・髪がパサついている女性営業職

・暑苦しい長髪の男性営業職

・ツンツンヘアの男性営業職(学生っぽい印象を抱かせる人)

・結局、清潔感が感じられない男女の営業職

これらのヘアスタイルをしてしまわれないように、本当に真剣にチェックしておく必要があります。

※安心感がわくヘアスタイル↓↓

⇒⇒ 女性版 参考ヘアスタイル


⇒⇒ 男性版 参考ヘアスタイル

(ひげは絶対にNGです)。

ヘアスタイルをコントロールすることをめんどくさがったことで、あなたの素晴らしい人柄とセールストークがお客様に伝わっていないかもしれません。もし本当にそんなことがあったならそれはあまりにももったいないことです。ぜひ見た目をコントロールされて、どんどん結果を出していってくださることを心より応援しております。

以上、「ヘアスタイルを武器にする。| 営業マンの第一印象」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

(もしこの記事が少しでも刺激になりましたら、いつでも読み返せるようにブックマークをお忘れないように気をつけていただけたらと思います)。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする