声の出し方

トップ販売員になるためには声の出し方についても意識しなければならない。なぜなら、声の出し方が悪いと「この販売員はやる気があるのだろうか?」「この販売員は暗いなぁ……。はやく帰ってもらいたい」など、お客様への印象が悪くなってしまう。お客様への印象が悪くなれば、もちろん売れる可能性は激減してしまう。

もし声の出し方が悪かったせいで売れていたお客様を売り逃している販売員がいたとしたら、それはこの業界では目も当てられない状況であるといえる。

悪い声と良い声

販売するためには悪い声と良い声がある。この悪い声と良い声を理解するためには他人の声の出し方を集中して聴くことが必要だ。

そこで、下記の漫才動画をご覧いただくことで他人の声の出し方を聴き、悪い声の出し方と良い声の出し方について理解を深めていただきたい。

それでは1組目からどうぞ!

いかがだっただろうか?

それでは次をご覧いただきたい。

いかがだっただろうか?

両者の声の出し方の違いがはっきりとご認識いただけたのではないだろうか?

良い声はお客様をひきつける

トップ販売員の方々の多くは声の出し方が素晴らしい。なぜならお客様に一音一音を確実に聴かせることに成功しており、つまりセールストークを理解させているからだ。

さて、販売員にとっての「良い声」とは、異性をドキドキさせるような声のことではない。良い声とは、
・優しそうな声
・元気な声
・聞いていて落ち着く声
・さわやかな声
こんな感じだ。

さらに「滑舌(かつぜつ)」が良ければ最高だ。なぜなら滑舌が良ければ一音一音がはっきりとお客様に聞こえ、情報が伝わりやすいからだ。

2組の漫才の違いを理解する

声を張る

良い声を出すためには、次の2つを意識する必要がある。

・声を張る(大きな声、覇気のある声を出す)。
・楽しそうに話す。

あなたは上記2組の漫才の違いに気がつかれただろうか? 素人とプロの声の出し方は全く違っていたと思う。だから両者の印象は大きく違っていたはずだ。

素人さんの動画は編集技術のハンデもあるとは思うが、でも何はともあれ声が小さい。さらに覇気もない。声を大きく出している箇所は一部あるが、やっぱり全体的に覇気がない。したがって、視聴者の私たちは「自信の無さ」を感じてしまう。そして同時に「暗い印象」も感じてしまう。

一方プロはどうか? 松本さん、今田さんの声の出し方はさすがとしか言いようがない。2人ともとても声を張っている。それゆえに「自信に溢れた」印象を受ける。自信に溢れた印象を受けた視聴者の私たちは安心して漫才を楽しむことができる。

つまり、この2本の動画から分かることは、販売現場でもこのように声を張り、覇気を出すだけで、お客様は私たちに好印象を持ちやすくなるということだ。

楽しそうに話す

良い声を出すために大切なことの2つ目は「楽しそうに話す」だ。楽しそうに話すことができれば、お客様を引き込むことができるようになる。例えば、素人さんの動画は緊張のせいか若干堅い(漫才終了後の自分たちの感想でもそう漏らされている)。楽しそうに話そうと意識をされていたのだろうが、残念ながら視聴者である私たちにそれが伝わってこない。むしろ無理をして楽しそうに話しているような印象を受ける。

では、プロはどうか? 特に今田さんがとても楽しそうな声で場の雰囲気を盛り上げている。私たちはそれに釣られていつの間にか手を止めて引き込まれていってしまう。

この声の出し方こそ私たち販売員はマネるべきだ。なぜなら声を張って、楽しそうに話すことができればお客様を引き込み、セールストークを理解してもらえるようになるからだ。セールストークを理解してもらえることができれば、売れる可能性は高まる。

さっそく声の出し方を変えてみよう!

さっそく実験を兼ねて、次の接客から声の出し方を変えてみよう。

・声を張る。
・楽しそうに話す。

これでお客様の反応がどう変わるだろうか?

もちろん無理をして声を張る必要はない。なぜなら声の張り方はそれぞれのキャラクターに合っていなければならないからだ。自分のキャラクターに合った声の張り方を試し、お客様の反応を見ながら微調整をしていけばいいだろう。

そして楽しそうに話してみよう。楽しそうに話すだけでいつもより簡単にお客様の警戒心を解くことができるようになるだろう。※どうしてお客様の警戒心が解けるのか? その原因の部分は、こちらの記事で詳しく解説している。
→→ えっ! アパレル接客のコツってこんなに簡単だったんだ

声の出し方 まとめ

私たち販売員は声の出し方をコントロールするだけで、お客様の心理までコントロールできることがご理解いただけたのではないだろうか。これによってお客様が、「この人とならコミュニケーションをとってもいいかな♪」と感じてくれるようになる。そして接客を進めていくうちに「この販売員は自信をもっているなぁ♪」とも感じてくれるだろう。

ぜひ、あなたのキャラクターに合った声の出し方を研究してみて欲しい。陰ながらではあるが、あなたの販売実績が良い方向へ変わっていくことを心より応援している。

最新情報をチェックしよう!