【超重要】声の出し方

今回はセールスマンにとって超重要な項目についてご紹介したいと思う。

声の出し方

テーマは「声の出し方」だ。

セールスマンは声の出し方がヘタだと、

「この販売員はやる気があるのだろうか?」。

「この営業マンは暗いなぁ……。はやく帰ってもらいたい」。

お客様にこのように思われてしまう。

私は何度か声の出し方が悪い営業マンと話したことがあるが皆とても印象が悪かった。私が出会った営業マンには覇気がなかった。

そこで私からセールスマンにとってどんな声が良くてどんな声があまり良くないのかについて体感してもらいたいと思う。

ちょっと懐かしい動画をYouTubeから拾ってきたので楽しみながら見てみてほしい。

まずはこちらから。

いかがだっただろう。

それでは続けて次の動画をどうぞ。

あなたは両者の声の出し方の違いをはっきりと理解できたのではないだろうか?

実は、トップセールスマンに共通している特徴があるとするのなら彼らはお客様に自分のセールストークを一音一音を確実に聴かせている点がある。

そのおかげでお客様にセールストークを理解させている。

ちなみにセールスマンにとって良い声とは異性をドキドキさせるような声のことではない。

セールスマンとって良い声とは、
・優しそうな声
・元気な声
・聞いていて落ち着く声
・さわやかな声

こんな感じだ。

さらに「滑舌(かつぜつ)」が良ければ最高だ。

なぜなら滑舌が良ければ一音一音がはっきりとお客様に聞こえ、情報が伝わりやすくなるからだ。

良い声の出し方

さて、ここからは良い声の出し方について書いていきたい。

私はいつも良い声を出すために次の2つを意識している。

・声を張る(大きな声、覇気のある声)。
・楽しそうに話す。

あなたは上の2組の漫才の違いに気がつかれただろうか?

素人さんとプロの声の出し方は全く違っていたと思う。そのせいで作品の印象が全く違うものになっていた。

素人さんの動画は撮影機材や編集技術のハンデもあるとは思うが、それにしても声が小さかった。だから覇気もあまり感じられなかった。

声を大きく出している箇所は一部あるにはあるが、やっぱり全体的に覇気がない。

そのせいで視聴者の私たちは勝手に彼らに対して「自信が無さそう」と感じてしまうのだ。同時に「暗い印象」も持ってしまう。

一方、プロはどうだったか?

松本さん今田さんの声の出し方はさすがとしか言いようがない。お二人ともとても声を張っている。

だから「自信にあふれた」印象を受ける。自信にあふれた印象を受けた私たちは安心して漫才を楽しむことができる。

つまりこの2本の動画から分かることは、セールスマンも現場でこのように声を張り、覇気を出すだけでお客様に好印象を持ってもらえるということだ。

2つ目の良い声の出し方は「楽しそうに話す」だ。

私は性格的にこれを得意としていた。楽しそうに話すことができればお客様を惹き付けることができる。

例えば先ほどの動画では素人さんのほうは緊張のせいか若干堅かった(漫才終了後の自分たちの感想でもそう漏らされていた)。

楽しそうに話そうと意識をされていたのでしょうが残念ながら視聴者である私たちにそれが伝わってこなかった。

むしろ無理をして楽しそうに話しているような印象を受けてしまった。

一方、プロは?

特に今田さんがとても楽しそうな声で場の雰囲気を盛り上げていた。私たちはそれに釣られいつの間にか手を止めて惹き込まれていってしまった。

私はこの声の出し方こそがセールスマンが手本にすべきだと考えている。

なぜなら声を張って楽しそうに話すことができればお客様を引き込み、セールストークを聞いてもらえるからだ。

私たちはセールストークを聞いてもらえなければ商品を理解してもらうことができない。

もちろん無理をしてまで声を張る必要はないが自分のキャラクターに合った声の張り方を探しそれを試す必要はあるだろう。

はじめはお客様の反応を見ながら微調整していけば良い。

そして楽しそうに話すことでお客様の警戒心を解いていこう。

私はたまに調子が良いときは君のような元気になれる営業マンに出会えて良かったと言われることがある。

お客様の警戒心を解き、「この人とならコミュニケーションをとってもいいかな♪」と感じてくれるお客様が多ければ嫌でも実績は出せるようになる。

ぜひあなたのキャラクターを大切にされながらも良い声を出すことを意識されながらセールスに取り組んでくださればと思う。

この私のセールスノウハウがあなたのスキルアップになれれば嬉しい。

あなたの販売実績がますます伸びていかれますことを心より応援しております。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

※滑舌が良くなる方法については↓をご参考くださいませ。

→→ 滑舌が良くなる方法
(絶対に知っておいたほうが良いテクニックだと思う)。

最新情報をチェックしよう!