売れる販売員の声の出し方

売れる販売員の声の出し方

「はぁ~。この人暗いなぁ。さっさと玄関からいなくなってもらいたい」。

「この販売員はやる気があるんだろうか?」。

売れない販売員の方はお客様にこんなことを思われている可能性があります。

もちろん印象は良くないため成約することができません。

以前ご紹介させていただいたメラビアンの法則にあるように、販売員は声の出し方をコントロールしなければなりません。

それはまるで会社で電話番をしている女性が、さっきまで地声でベラベラと喋っていたのにもかかわらず、電話がかかってきた瞬間にまるで女優のような声色で電話対応をするかのようなコントロールです。

そうやってお客様の警戒心をほぐさなければなりません。

お客様の警戒心がほぐれればほぐれるほど成約の可能性は高まります。

そこで今回は「売れる販売員の声の出し方」と題しまして、お客様から印象が良くなる声の出し方についてご紹介していきたいと思います。

悪い声と良い声

私たちは他人の声の出し方によってどのくらい印象が変わるのかをまずはご体感いただけたらと思います。

下記に2つの漫才動画をご用意しました。

この2組には、ある決定的な違いがあります。ぜひそれを探りながらご覧ください。

それでは、1組目からどうぞ!

いかがでしたでしょうか?

それでは次です。

いかがでしたでしょうか?

両者の声の出し方の違いがはっきりとご認識いただけたのではないでしょうか?

良い声はお客様をひきつける

販売実績が高い人たちには不思議と共通点があります。

それは声の出し方が良い点です。そのおかげで伝えたい情報がしっかりとお客様の頭の中に届いています。

「でも……。私は声を褒められたことなんてないんだけど……」。

多くの販売員はそのように考えてしまいます。

ここでの良い声とは異性をドキドキさせるような声のことではありません。

ご安心ください。

良い声とは、「優しそうな声」「元気な声」「聞いていて落ち着く声」「さわやかな声」など様々あります。

それに加えて、滑舌(かつぜつ)良く1音1音がはっきりとお客様に聞こえていれば良い声になります。

2組の漫才の違いを理解する

声でお客様の印象を良くするためには2つポイントがあります。

  1. 声を張る(大きな声、覇気のある声を出す)。
  2. 楽しそうに話す。

あなたは上記2組の漫才の違いに気がつかれましたでしょうか?

素人とプロの声の出し方は全く違っていたと思います。

それによって印象も大きく違っていたのではないでしょうか。

素人さんの動画は編集技術のハンデもあるとは思いますが、声が小さく聞こえてしまっています。

さらに覇気がありません。

声を大きく出されている箇所は一部あるのですが、全体的に覇気がありません。

したがいまして視聴者の私たちは「自信の無さ」を感じてしまいます。

そして同時に「暗い印象」をもってしまします。

一方プロはどうでしょうか?

松本さん、今田さんの声の出し方はさすがですよね。

2人とも声を張っておられます。

大きく覇気があります。

これにより私たちの耳に一音一音しっかりと情報が入ってきます。

ネタが確実に理解できます。

そして大きく覇気のある声なので、「自信に溢れた」印象を受けます。ゆえに視聴者の私たちは安心して聞いていられます。

これは声で他人をひきつけている状態です。

つまり販売現場でも声を張って覇気を出すだけでも、お客様の私たちに対する印象は変わることを意味しています。

2つ目の大切なことは「楽しそうに話す」です。

素人さんは緊張のせいか若干堅いですよね(漫才終了後の感想にご自身でもそのようにもらされています)。

そしておそらく楽しそうに話そうと意識されているのですが、残念ながら視聴者である私たちにそれが伝わってきません。

反対に無理をして楽しそうに話しているような印象が伝わってしまっています。

しかしプロはどうでしょうか?

特に今田さんがとても楽しそうな声を出されています。

雰囲気を盛り上げています。

いつの間にかこちらもその楽しそうな声ゆえに手を止めて聞いてしまいます。

これは声で他人をひきつけている状態です。

これが販売員にとって良い声になります。

このようなことを守れば、誰でも良い声を出せます。

そしてお客様をひきつけることができるようになります。

さっそく声の出し方を変えてみよう!

さっそく次の接客から声の出し方を変えてみましょう。

声を張る。

楽しそうに話す。

もちろん無理をして声を張る必要はありません。

声の張り方は販売員それぞれのキャラクターに合わせる必要があります。

お客様の反応を見られながら調整していかれたら良いでしょう。

あとは楽しそうに話してみます。

うまくいくとお客様も警戒心が簡単にとけるようになります。

あなたのペースで商談できるようになります。

※お客様の警戒心がとける心理的理由は「情動伝染が起きるから」です。

情動伝染についてはこちらに詳しく解説しています。

→→ えっ! アパレル接客のコツってこんなに簡単だったんだ

販売員は声の出し方を気をつけるだけでお客様の感情をコントロールできるようになります。

「この人とコミュニケーションをとってやろうかな♪」という気持ちになりやすくなります。

そして「この販売員は自信をもっているなぁ♪」のように勝手に感じてもらえるようにもなれます。

ぜひ、声の出し方を意識されてみていただけたらと思います。

※必ずあなたのキャラクターに合った声の出し方を意識されてみてください。

間違ってもお笑い芸人さんをそのまま真似されることのないようにお気をつけください。

なぜならあなたのキャラクターに合っていない声の出し方をされていなければ、お客様に無理をしているのが伝わってしまうからです。

それは、上記の「素人さんの動画」のように、ただあなたの印象が悪くなるだけになってしまいます。

そして楽しそうに話すあまり、滑舌が悪くなり、何を言っているのかわからなくなってはいけません。

うまくコントロールされてくださればと思います。

以上、「売れる販売員の声の出し方」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)