口臭対策

口臭の原因

口臭の原因には、以下のようなものがあります。
・虫歯。
・唾液が減り、口内が乾く。
・舌の表面が汚れている。

・歯みがき粉を使わず歯磨きをする。
・胃腸の病気。
・食事(にんにくや納豆などの食材を食べた)。

口臭を一瞬で消す方法

実は、口臭は一瞬で消すことができます。
その方法とは、
「口内を清潔に保つ」
です。

口臭のある人のほとんどが歯磨きをうまくできていません。つまり、口内が清潔に保たれていないのですね。
よくあるのが、
・歯と歯の間を磨いていない。
・舌の表面をそうじできていない。
などです。

そこで、口臭を一瞬で消すための口内を清潔にする方法をご紹介していきたいと思います。

口内を清潔にする方法は、次のA~Dになります。

A.歯と歯の間をそうじする。
B.舌を表面をそうじする。
C.歯ぐき、舌の内側、ほほの内側などをそうじする。
D.こまめにガムを噛み、唾液で口の中をうるおわせておく。

まずは、CとDについて説明します。
Cは口内全体を清潔にする作業です。

Dはガムを噛むことで唾液量を増やし、口内を乾燥から守ります。口臭は口内が乾燥すると発生しやすくなります。

ちなみに、口臭ケアにフリスクやラムネ状のケア商品を食べる方がおられますが、その口臭対策はおすすめできません。
その理由は、それらのカスが舌の上に残ってしまうためです。舌の上にそれらのカスが残ってしまうと口臭の原因物質となってしまいます。
(しかもけっこう強めの臭いなります)。
口臭対策グッズは必ずガムにします。

歯と歯の間をそうじする。舌の表面のそうじする

口臭を一瞬で消す方法の核になるのがAとBです。

A.歯と歯の間をそうじする。
B.舌を表面をそうじする。

歯と歯の間、舌の表面のカスをそうじできていなければ、そこから強烈な臭いが発生します。
ちなみに、歯と歯の間を歯ブラシでそうじすることはほぼほぼ不可能です。
必ず下の画像のような「歯間ブラシ」を使う必要があります。
(私はこれを2日に一回は使い、常に口臭対策をしています)。

歯間ブラシ
歯間ブラシの使い方

次は「舌の表面のそうじ」についてです。
舌の表面のそうじをするときは、歯ブラシを舌の上で寝かせ、なでるように動かしていきます。
そのとき黄色いカスが歯ブラシにつくのが確認できると思います。
この舌のカスが無くなると口臭の60%~70%は消えてしまいます。

以上が販売員のための口臭対策についてでした。

もし、あなたがこれらのことをすでにやっているのにも関わらず口臭がなくならないようでしたら、それは虫歯の可能性があります。
その場合、急いで歯医者に行きましょう。

以上、「口臭対策」でした。

ありがとうございました。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!