口臭を一瞬で消す方法

口内を清潔にする

口臭は次のA~Dを実践されると一瞬で消せます。

A.歯と歯の間をそうじする。
B.舌の表面をそうじする。
C.歯ぐき、ほほの内側をそうじする。
D.こまめにガムを噛み、唾液で口の中をうるおわせる。

まずはじめにCとDから説明していきます。

Cは口内全体を清潔にする作業です。

いつもの歯みがきにプラスして、ほほの内側、上唇の裏側、下唇の裏側、舌の裏側などを優しくブラッシングしていきます。これで口の中全体の汚れが取れるので、ある程度臭いが消えます。

Dは口内を乾燥から守る目的があります(私は仕事中もタイミングをみてガムを噛みます)。これで口内を潤わせ唾液の殺菌・抗菌作用を使い、口臭を抑えることができます。

さて、口臭を一瞬で消すために一番大切な作業がAとBになります。

A.歯と歯の間をそうじする。
B.舌の表面をそうじする。

Aは歯ブラシではできません。必ず下の画像のような「歯間ブラシ」を使います。2日に一回の頻度で使われると良いでしょう。これで歯ブラシでは届かなかった歯と歯の間のカスがとれます。つまり、臭いの素となっていたカスをそうじすることができるのです。

歯間ブラシ
歯間ブラシの使い方

この歯と歯の間のカスをそうじできれば口臭のほとんどは消えてなくなります。さらに虫歯予防にもなります。

次にBの作業です。

この作業はとても簡単です。歯ブラシを舌の上に寝かせ、なでるように動かすだけ。おそらくたったこれだけの作業なのですが結構な量の黄色いカスが歯ブラシにつくと思います。その舌についていたカスこそが口臭の最大の原因だったのです。ちなみに私は毎日オエッとえずきながら舌の奥のほうのカスをそうじをしています。

※ですから口臭ケアに「フリスク」や「ラムネ状のケア商品」を選ぶのはおすすめできません。その理由はそれらが舌の上にカスとして残るからです。そのカスが臭いの素になってしまいます。

以上が口臭を一瞬で消す方法になります。

口臭の原因

口臭の原因には次の6つが考えられます。

・虫歯。
・唾液が減って口内が乾く。
・舌の表面が汚れている。
・歯みがき粉を使わず歯磨きをする。
・胃腸の病気。
・食事(にんにくや納豆などの食材を食べた)。

口臭を一瞬で消す方法を実践しているのに口臭が無くならないのなら虫歯や胃腸の病気が考えられます。

万が一その場合は、急いで歯医者もしくは内科を受診されてください。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

わたしが「これだけは知っておいたほうがいい」とこのブログを作りはじめたときからずっとオススメしている書籍をご紹介します。

「自分は絶対に売れるようにならなきゃいけないんだ!」とか「社内トップの実績を出せるようになる!」など、これからこの仕事をがんばっていこうとしっかり決意されている方に読んでほしいと思っています。

↑ こちらの正規サイトから買われると、なんと今なら読んだあとでも返品ができるシステムがついてきます。
しかもそのとき、本は返品しなくても良いそうです。

画像をタップして中身を確認してみてください。

私や他の購入者様の感想はこちらにあります。

最新情報をチェックしよう!