営業マンは歯が命

歯をクリーニングする

営業マンは第一印象や商談中の印象が良くないといけません。
その印象を少しでも良くしていくために、3ヶ月に1度の周期で歯医者に行き「歯のクリーニング」をしてもらうことが大切です(私は定期的に歯医者に通っていました。クリーニングは保険が利いて、1回約3000円でした)。
顔の中にある「白」の部分がより白くなると、お客様に与える印象は格段に良くなります。
人は「白」に清潔さを求めているので、歯をクリーニングしてもらうことで清潔感を高めることができます。

ちなみに、医療関係の白衣の白。ウエディングドレスの白。コックコートの白。これらの白が汚れていたらと想像してみてください。汚れた白衣。汚れたウェディングドレス。汚れたコックコート……想像しただけでも、「洗っとけよ! なんでそれで人前に……」となりますよね。
つまり、人は白には「常に白くあってほしい」という期待をしています。

私たち営業マンなら、「歯」「眼球の白目」「白シャツ」を通してお客様に白を見せることができます。
そこで歯が汚れていたり、目が充血していたり、白シャツが汚れていたりすると、やはり印象は良くなりません(「眼球の白目を白くしておく」もご参考に)。しかも、歯の白の面積は大きいです。手入れをしておく必要があります。

「不潔!」 こう思われたら最悪

あなたならどう感じるでしょうか?
例えば、歯が黒い、黄色い、または茶色い……こんな色の営業マンが現われたら。
そして、その彼がにっこり笑っています。
おそらく無意識に「うっ……、不潔」と反応されるのではないでしょうか。

このような反応をお客様にさせてしまうと、「仕事もできなさそう……」と、勝手な偏見をもたれてしまう可能性まで高めてしまうことになります。
これは初頭効果が関係しています。
お客様の中にその営業マンの悪い印象が強く残ったために、そのあとの情報をどことなくネガティブに処理してしまうようになるのですね。
印象を軽く考えている営業マンは、このような理由で商談に苦労するようになります。

歯を白くする方法

歯を白くする方法は次の2つです。

・朝、昼、晩、必ずハミガキをつけて丁寧にブラッシングする。
・歯医者に行き、「歯のクリーニング」をしてもらう。

これで歯を白くすることができます。

すでに黄ばんでいるようでしたら、2を実践されると良いでしょう。
保険がきいて3,000円前後だと思います。
そのあとは、1をして白さを維持していきます(2は外回りの営業マンなら仕事中にこっそり行ってくださいね)。

私の経験上、朝昼晩とブラッシングをしっかりとされている方で、歯が汚れているなと思った人に出会ったことがありませんでした。
私の友人に歯が真っ白でキレイな男性が1人おります。
その彼に「なんでそんなに歯が白いの?」と質問したことがありました。
すると彼は「う~ん、わかんない」と言っていました。
しかし、その理由はすぐにわかりました。
旅行に一緒に行ったときのことです。
なんと、彼は必ず食後に「ハミガキを使って丁寧にブラッシングをする」という習慣があったのです。
つねに「携帯用歯ブラシ」も持っていました。
もちろん、昼ごはんのあとはブラッシングするタイミングが無かったりするのですが、しかし、夜は必ず丁寧にハミガキをつけてブラッシングをしていました。
しかも、そのブラッシングのやり方が特徴的でした。
歯を一本一本丁寧に時間をかけてブラッシングをするのです。
私はサッとブラッシングして終わりです。
しかし、彼は最低5~6分は丁寧にブラッシングしているのです(私は彼と一緒に洗面所に入っても、一度も彼より遅く洗面所を出たことはありませんでした)。それほど、ブラッシングに時間をかけています(子どもの頃からそうだったようです)。だから、いつも歯が白くキレイでした。
彼がにっこり笑うと、とても清潔感があり、さわやかです。
歯が白いと他人から好印象で評価してもらえるようになるので、得なことばかりです。

歯医者に行こう

1番大切なことは、歯医者に行くことです。
そして「歯のクリーニングをしてもらう」ことですね。
とても簡単に歯を白くする方法です。

歯のクリーニングは2000円~3000円でできると思います(保険が利きます)。
私の場合は3ヶ月に1度通っています。

ちなみに、私の治療方法は専用の「塩」をもの凄い勢いで歯に当てて、汚れを除去する方法です。
作業時間は30分以内で終わっています。
1ヶ月換算すると、たった700円~900円前後。
この値段で何百人のお客様の好印象が買えていると思うと安くないでしょうか?
もし、さらに予算をとれる方なら「ホワイトニング」に挑戦されてみてもいいかもしれませんね。
もしかしたら、年間の出費はそちらのほうが経済的だったりするかもしれません。

以上、「歯を白くする方法」でした。
この記事があなたのお役に立てましたら嬉しく思います。あなたのますますのご活躍を心より応援しております。
ありがとうございまいた。
一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。