歯を白くする方法

歯を白くする方法は2つあります。
・クリーニング
・ホワイトニング
このどちらかを歯医者でやってもらうと歯は白くなります。

販売員が歯を白くしておくことにはメリットがあります。それはお客様に好印象をもってもらえる確率が恐ろしく高まることです。

人は目に入ってくる色情報によって、受ける心理的影響が変わります。例えば白を見ると「さわやか」や「清潔」などのポジティブな気持ちに無意識のうちになります。
反対にその白が汚れていると「不潔」「どんより」などネガティブな気持ちになってしまいます。お客様にネガティブな気持ちを誘発させないようにしておく必要があります。

歯医者へ行こう!

「歯のクリーニング」は歯医者でしてもらえます。私は定期的に歯医者に通い、やってもらっています。

歯のクリーニングは保険が利きます。上の歯と下の歯を一通り綺麗にできて約3,000円~5,000円の費用です。たったこれだけの費用で本当に歯を白くすることができます(厳密には、あなたの元の歯の色になります。私のように元の歯の色が少々グレーがかっていると真っ白にはなりません)。半年に1回行く場合でも月々600円~1,000円程度で好印象が買えているイメージです。

一方、ホワイトニングは数万円の費用が発生します。しかしこちらもその人の歯の元々の色より白くはなりません。私のように少し内部がグレーがかっているとホワイトニングの効果は感じられないようです(私は歯医者にホワイトニングをお願いしようとしたらそう言われてしまい止めました。「ミシロウさんはクリーニングで充分白く清潔感はありますので、芸能人の方々のような輝く白にならなくても良ければホワイトニングをお受けします」と言われました)。

あと、歯と併せて「眼球の白目を白くしておく」を実施されると清潔感においては鬼に金棒になります。

「不潔!」と思われたら売れない……

あなたならどう感じるでしょうか? 例えば歯が黄ばんでいる販売員が担当についたとしたら。ところどころ黒いヤニやコーヒー渋がついた販売員が担当についたとしたら。そしてそんな販売員がにっこり笑いながら話し続けたとしたら……。
おそらく反射的に「うっ……、不潔!」と反応してしまうのではないでしょうか?

販売員はお客様にネガティブな感情を持たれてはいけません。その理由はあなたのセールストークを素直に聞いてもらえなくなるからです。これは初頭効果でも説明させてもらったことが原因になっています。「たかが歯の色くらい」と印象について軽く考えている販売員の方は売ることに苦労し続けることになります。

ほぼほぼ無料(自力)で歯を白くする方法

歯医者に行かず、ほぼほぼお金をかけずに歯を白くする方法もあります。その方法とは「朝、昼、晩、必ずハミガキをつけて(しかも海外の漂白剤入りのモノを使う)丁寧にブラッシングをする」というものになります。

私は、朝昼晩にしっかりブラッシングをされている人に数人出会ったことがありますが、全員歯が白く綺麗でした。

そこで私はその中のひとりに質問をしてみたことがあります。「なんでそんなに歯が白いの?」と。すると彼は「う~ん、わかんない」と言っていました。
しかし、その理由は一緒に出張に行ったときに判明したのです。なんと彼は食後に必ず「ハミガキを使って丁寧にブラッシングをする」という習慣をもっていたのです。常に「携帯用歯ブラシ」も持っていました。もちろん昼ごはんのあとにブラッシングをするタイミングが無かったりすることもあるのですが、トイレを見つけてそこで少しでも磨いていました。

しかも、そのブラッシングのやり方が特徴的でした。出張の際、大浴場で歯を磨いていた彼を観察していたのですが、歯を一本一本丁寧に時間をかけてブラッシングしているのです。時間でいうと最低5~6分は丁寧にブラッシングしていました(子どもの頃からそうだったようです)。それゆえに彼はいつも歯が白くキレイでした。彼がにっこり笑うと、とても清潔感があり、さわやかでした。

歯を白くすることができれば、本当に他人から好印象を持ってもらえるようになります。販売員ならばそれは最強の武器になります。
ぜひあなたも今以上に歯を白くしてみてくださればと思います。

以上、「歯を白くする方法」でした。

この記事があなたのお役に立てましたら嬉しく思います。あなたのますますのご活躍を心より応援しております。

ありがとうございまいた。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!