営業マンは歯が命| 営業マンの第一印象

歯をクリーニングする

営業マンは第一印象や商談中の印象が良くないといけません。その印象を少しでも良くしていくために、3ヶ月に1度の周期で歯医者に行き「歯のクリーニング」をしてもらうことが大切です(私は定期的に歯医者に通っていました。クリーニングは保険が利いて、1回約3000円でした)。

顔の中にある「白」の部分がより白くなると、お客様に与える印象は格段に良くなります。人は「白」に清潔さを求めているので、歯をクリーニングしてもらうことで清潔感を高めることができます。

ちなみに、医療関係の白衣の白。ウエディングドレスの白。コックコートの白。これらの白が汚れていたらと想像してみてください。汚れた白衣。汚れたウェディングドレス。汚れたコックコート……想像しただけでも、「洗っとけよ! なんでそれで人前に……」となりますよね。つまり、人は白には「常に白くあってほしい」という期待をしています。

私たち営業マンなら、「歯」「眼球の白目」「白シャツ」を通してお客様に白を見せることができます。そこで歯が汚れていたり、目が充血していたり、白シャツが汚れていたりすると、やはり印象は良くなりません(「眼球の白目を白くしておく」もご参考に)。しかも、歯の白の面積は大きいです。手入れをしておく必要があります。

「不潔!」、こう思われたら最悪

あなたならどう感じるでしょうか? 例えば、歯が黒い、黄色い、または茶色い……こんな色の営業マンが現われたら。そして、その彼がにっこり笑っています。おそらく無意識に「うっ……、不潔」と反応されるのではないでしょうか。

このような反応をお客様にさせてしまうと、「仕事もできなさそう……」と、勝手な偏見をもたれてしまう可能性まで高めてしまうことになります。これは初頭効果が関係しています。お客様の中にその営業マンの悪い印象が強く残ったために、そのあとの情報をどことなくネガティブに処理してしまうようになるのですね。印象を軽く考えている営業マンは、このような理由で商談に苦労するようになります。

⇒⇒ これだけ! 歯を白くする簡単な方法




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする