眼球の白目を白くしておこう!

あなたはご自分の眼球の白さ具合について意識されたことはございますか? いかがでしょうか?

実は、このマニアックともいえる自分の眼球の白さ加減をコントロールすることで、自分の印象をさらに良くすることができるようになります。

そこまでして印象を良くすることで高い販売実績を出そうとするのがこの仕事の面白いところでもあります。

そこで今回は、自分の白目を白くする方法とその効果についてご紹介していきたいと思います。

白目を白くしておくことで得られる効果

眼球の白目を白くしておくことで得られる効果は印象の良さです。お客様が「誠実そうな人」「さわやかな人」などを感じるようになります。
そして、そう感じてくださるお客様が増えれば、あなたのいつものセールストークがより説得力を持つようになり、売れやすくなるのです。

人は白が好き

私たち人間は「白」が好きです。なぜなら白には「さわやか」「清潔」「若い」など、すがすがしくポジティブな気分にさせてくれるパワーがあるからです。例えば、白シャツが似合う俳優や女優。ウェディングドレスをまとった花嫁。夏の晴れた空に浮かぶ巨大な入道雲。すべてイメージするだけでさわやかな気分になれます。

戦略的に白を使う

私たち販売員はその「白」の効果を接客で最大限に利用しない手はありません。白のパワーを意識していない販売員の方々は本当にもったいないことをしているとしか言えません。
ですからまずは服装に白を取り入れましょう。その次は今回のテーマの「眼球の白目」を白くします。あとは「歯」ですね。こちらもホワイトニングや歯医者でクリーニングをしてもらい白くしておきましょう。

ちなみに、眼球の白目が白いとどれほど印象が良くなるのかを実際に体験していただけるように下記に画像を用意しました。企業、官公庁のポスター画像です。

ここに起用されるのはもちろん端正な顔立ちのモデルさんや俳優の方々ですが、しかし、そこにフォトショップで白目が白くなるように画像処理をすることで、より美しく仕上げられています。全員眼球の白目が白いので、とても品があり、好印象です。

いかがでしょうか? 皆さんとても品がありさわやかですよね。

もしこんな目をした販売員がいたら、そしてその目でお客様を見詰められながら話そうものなら、相当変なセールストークでなければお客様は確実に販売員に引き込まれていくことになるでしょう。

白目を白くする方法

眼球の白目を白くする方法はとても簡単です。目薬を使うだけです。例えば、薬局で売られている「充血スッキリ」とパッケージに記載されている商品を選ぶだけでOKです。それをカバンにしのばせておき、タイミングをみて点眼するだけで眼球の白目を白くすることができるようになります(本当に驚くほどすっきりスカッとした白目になりますよ)。もしまだ目薬を使ったことがない方ならその効果に驚かれると思います。

私はバイシンを使っています。
→→ バイシン

コンタクトレンズを使っている方は、コンタクトレンズをつけたあとにこのバイシンのような充血をとる系の目薬は使えません。その場合は朝の洗面時にしっかり点眼しておく必要があります。もしくはコンタクトレンズケースと洗浄液をカバンに入れておき、休憩中に点眼するようにします。

あなたの眼球をより白くして、お客様に好印象を与え、どんどん売っていっていただけたらと思います。ぜひお試しいただけたらと思います。

以上、「眼球の白目を白くしておこう!」でした。

ありがとうございました。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)

最新情報をチェックしよう!