くじけた営業マンがやる気を出す方法。| 営業マンのメンタル

くじけた営業・セールスマンがやる気を出す方法は?

くじけた営業・セールスマンがやる気を出す方法は「理性を使う」です。これがうまくハマるとやる気が出はじめ、行動量が増えていきます。

それでは「理性を使う」とは何かをご紹介していきたいと思います。

あなたへの広告


お前の人生、お先真っ暗じゃん!

あなたはこんなえげつないことを言われたことはありますでしょうか? 私がまだ20代のときでした。

ある日の電話報告のときでした。結果のない私に対し上司が浴びせた言葉でした。ただ、このあと上司はこう続けたことを今でも覚えています。

「お前さ、売れなくていいの? 冷静に考えてみ。大丈夫? お前が嫌になって営業やめました。で、お前営業以外何かできるの? 他の職探すの? またはじめからスキルを磨くの? で、ダメならまたやめるの? 冷静に考えてみ。どうせアプローチしてないんだろ? (う~ん正解!)。傷ついて泣いてんだろ? (←涙は出てないけど、ほぼ正解!)。気合い入れろ、ボケ! スキルが足りてねぇんだよ! 泣いてねぇで、どんどんアプローチしてスキル磨け! 次は、件数獲ってから電話してこいよ!」。

こんな感じでした。本当はもう少しお下品な言葉満載で言われております(ここでは少しマイルドに書かせてもらっております)。「こいつ嫌い!」と、いつも思っていた上司からの言葉でしたが、このときはこのおかげで冷静になれました。

あなたへの広告


感情を少しだけ横に置いて考えよう

やる気は無理やり出さなければならないでしょうか? いえ、ムリに出す必要はありません。しかし、出さないままだとそれはそれで問題を招いてしまいます。

ではどうしたらいいのでしょうか? それは、やる気が出ないときは感情を少しだけ横に置いて考えるようにすると良いです。そして、理性を使って未来のことをネガティブな視点で予測していきます(人は痛みをさけるためには、嫌でも行動するからです)。

例:

医者に「○○さん、これから真剣にダイエットに取組まなければ将来……」と本気で言われたふくよかな患者さんがいたとします。このとき医者の表情から「あ! やばいんだ……」と感じるとその患者さんはダイエットが大嫌いでも行動するようになります。

これは今まで脂肪がたくさん付いていたって大丈夫と考えていたのが、医者から現状のままだと近い将来にこんな病気になる、あんな病気になるなどの説明を受けたことで患者さんに理性が働き、自分を見つめ直せたのですね。そしてその上で恐怖を感じたので、今までのように「脂肪がたくさん付いていたって大丈夫」とは考えられなくなったのです。これがきっかけとなり、大嫌いなダイエットに真剣に取り組まれるようになっていくようになります。

私たち営業・セールスマンもこれと同じように、理性を使って将来のことをネガティブに考えてみます。

「今日アプローチ数を減らしたらどうなる? 月末の結果はどうなる? 来年の社内での立ち位置はどうなる? 後輩が入ってきたらどうなる? このままの自分で30代、40代を迎えたらどうなる?」。

これを冷静に考えると嫌な気分になってきますが、それはとても良いことです。

「めんどくさいからと今日なまけたら……目の前の嫌なことから一瞬だけ逃げることができて楽ができる。しかし結果は出ないだろうから評価が得られない。今後も嫌なことから逃げるクセもつく。するとその姿勢は他の社員に見られることで信頼もされなくなるし、評価も得られない。後輩が入ってきても指導はできない。そのうち後輩に先を越される。さらにやる気をなくし転職する。転職しても、嫌なことから逃げるクセは抜けていないので結局評価されない。年下に管理されるようになる……」。

冷静に考えて、たくさん考えて、最後はゾっとするような感情がわいてきたらOKです。やる気が出ないからと行動を少なくしていると恐ろしい未来が待っていることに気がつけます。

あなたへの広告


結果が出せるようになれば、営業・セールスは楽しい仕事!

やる気が出ない原因は、お客様をコントロールできないところにあります。それゆえに結果も思うような数字になりません。だから仕事が楽しくならないですし、やる気がわいてこなくなってくるのですね。

しかもコントロールできないのはお客様だけではありません。上司もコントロールすることができません。商品の中身もが自分の思い通りになりません。これらがストレスとなり、ジワジワとやる気が失われていきます。

しかし、これからはそんなコントロールできない対象に思い悩むのをやめてしまいましょう。これからは結果をもっと出している自分、スキルアップした自分に焦点を当てていくようにしましょう。自分自身は100%コントロールができますので、さらにスキルアップに取り組まれることで仕事を楽しめるようになれるでしょう。スキルアップが順調ならば結果が必ず出てきます。結果を自分の思うような数字にすることが今より楽にできるようになれれば、やる気がどんどんわいてくるようになります。あなたがかかげる目標に向かって行動をとっていけるようになります。

トップ営業マンたちがそうです。 彼らは気合いが入っていないときでも結果を出してきます。やる気に満ち溢れているときは鬼のような結果を出してきます。したがいまして、私は自分自身のスキルアップに楽しみを見出し、結果を出していけるようになることを意識した生活をおすすめしたいです。

以上が、くじけた営業・セールスマンがやる気を出す方法になります。

もしあなたが最近やる気が出なくて悩まれていたら、まずは理性を使って将来のことをネガティブに考えてみてください。すべてはそこからです。その考えた結果にどう反応されるかが、今後のあなたの人生を決めていくのではないでしょうか。

あなたのご活躍を陰ながらではありますが、心より応援しております!

以上、「くじけた営業マンがやる気を出す方法| 営業マンのメンタル」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

あなたへの広告


追記

あなたが本当に探されている情報は、次のような情報ではないでしょうか。

  • どうやったらもっと売れるようになって、実績を出し続けることができるようになるのか?
  • セールスの極意はあるのか?
  • 営業のプロになるにはどうすればいいのか?

いかがでしょうか(ちなみに私はいつもこのような情報を探しています)。

私たちのこの仕事は、同僚や先輩たちより高い数字を出し続けなければなりません。負けていてはいけない環境の中で毎日を送っています(これがストレスだったりしますね)。だからこそ、自分をセールスのプロへと成長させたくもなったりします。

私の場合は20代の頃、毎日嫌味を言ってくる上司を黙らせたくて必死に営業の勉強するようになりました。実はそのおかげで表彰されるようになったり、マネージャーとして活動できるようにまでなれました。※私の詳しいプロフはこちら

そこで、真剣にこの仕事で結果を出していきたいとお考えの方へ向けて、下にとても役に立つ書籍をご紹介したいと思います。ぜひあなたのお役に立てていただけたらと思います。

⇒⇒ クロージングの心理技術21

・リンク先をクリックしていただき、紹介文を下まで読んでいただくと伝わってくると思います。購入された方々がみなさん絶賛されています(私も絶賛しております)。

この仕事で結果を出していくためには、いかに心理学にもとづいてセールストークを組み立てるかにあります。要はそれがセールスの極意とも言えます。心理学にもとづいたセールストークをお客様に伝えると、多くのお客様が私たちの都合の良い反応をされるようになります(例えが悪いですが、オレオレ詐欺を働く詐欺集団は心理学を徹底的に使い、それに沿ってでしか話しません)。なぜ多くのお客様が私たちの都合の良い反応をされてしまうのかは、過去に圧倒的に実績を出してこられたトップセールスたちのセールストークを研究してきた歴史があるからです(アメリカでは100年も前からセールスの研究がされてきました)。

まだこのような勉強をされたことがない方でしたら、楽しみながらセールスの極意を学べますので、検討されてみてはいかがでしょうか。ちなみに、このブログでも売るための心理学として「メラビアンの法則」「フットインザドア」「ドア・イン・ザ・フェイス」などを紹介させてもらっています。営業・セールスの世界で圧倒的に売っている人たちは、みんなこのような勉強を一度はされています。

⇒⇒ クロージングの心理技術21

※私や購入者様の感想はこちら

【その他、実績アップに役に経つ情報】

⇒⇒ 億万長者の不況に強いセールス戦略

・こちらはアメリカ在住のセールスの達人による「売るための意識」について学べます。売れない人と売る人の違いがはっきりと理解できますので、役に立つ情報になるのではないでしょうか。※私や購入者様の方々の感想はこちら

⇒⇒ 大富豪の仕事術 

・こちらは目標を達成させるためにはどんな生活を送れば良いのかがわかる情報です。著者は700億円を稼ぐアメリカのビジネスマン。24時間をどうやって使ったらこんなに高い実績が出せるのかを知ることは、私たちの仕事に大いに役に立つのではないでしょうか。※私や購入された方々の感想はこちら

⇒⇒ マル秘・人脈活用術

・紹介ももらうスキルが上がる情報です。保険外交員、家電量販店、リフォーム住宅営業など、新規客を紹介してもらうことで実績が伸びていく業種の方には最高に役に立ってくれる情報ではないでしょうか。※私や購入された方々の感想はこちら

⇒⇒ 説得の心理技術

・こちらは少し高度な心理技術です。お客様が自ら「よし、この商品を買おう!」と説得してしまうスキルを学べます。すでにクロージングの心理技術21のような消費者心理学を学ばれている方へおすすめです。

⇒⇒ 脳内科学マーケティング100の心理技術

・情報の伝え方で人の反応は変わります。例えば、お医者さんに「A:死亡する可能性もありますが、生存率95%の手術です」と言われるのと「B:受けた患者の20人に1人が死亡する手術です」と言われるのではとAなら安心感がわきますが、Bなら不安になります。確率は同じなのですが。私は読んでいて面白く、大好きな本ですが、クロージングの心理技術21にあるような心理学を使えるようになってからおすすめになると思っております。

※ご紹介させてもらったすべての本には、なんと返品システムがついてます。購入後、内容に満足できなければ全額返金してもらえます。リンク先の正規販売店で購入されるとついてきます。シワや書き込みがある中古品にはそれがつきませんのでご注意ください。詳しくは各リンク先をご確認くださいね。

あなたへの広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする