くじけた営業マンがやる気を出す方法| 営業マンのメンタル

      2017/11/10

くじけた営業・セールスマンがやる気を出す方法とは?

それには「理性を使う」という方法があります。

これがうまくハマるとやる気が出はじめる方がおられます。

行動量が増える方がおられます。

 

スポンサーリンク


 

お前の人生、お先真っ暗じゃん!

あなたは、こんなえげつないことを言われたことはありますでしょうか?

私がまだ20代のときでした。

ある日の電話報告のときでした。

結果のない私に対し上司が浴びせた言葉でした。

ただ、このあと上司はこう続けたことを今でも覚えています。

「お前さ、売れなくていいの? 冷静に考えてみ。大丈夫? お前が嫌になって営業やめました。で、お前営業以外何かできるの? 他の職探すの? またはじめからスキルを磨くの? で、ダメならまたやめるの? 冷静に考えてみ。どうせアプローチしてないんだろ?(←正解!)。 傷ついて泣いてんだろ?(←涙は出てないけど、ほぼ正解!)。 気合い入れろ、ボケ! スキルが足りてねぇんだよ! 泣いてねぇで、どんどんアプローチしてスキル磨け! 次は、件数獲ってから電話してこいよ!」。

こんな感じでした。

本当は、もう少しお下品な表現で言われております。(ここでは少しマイルドに書かせてもらっております)。

「こいつ嫌い!」と、いつも思っていた上司でした。

しかし、このときは冷静になれました。

 

スポンサーリンク


 

感情を少しだけ横に置いて考えよう

やる気は無理やり出さなければならないでしょうか?

いえ、ムリに出す必要はありません。

しかし、出さないままだとそれはそれで問題を招いてしまいます。

ではどうしたらいいのでしょうか?

それは、やる気が出ないときは感情を少しだけ横に置いて考えるようにすると良いです。

そして、未来のことをネガティブな視点で予測していきます。(人は痛みをさけるためには、嫌でも行動するからです)。

 

例:

医者に「○○さん、これから真剣にダイエットに取組まなければ……」と本気で言われた、ふくよかな患者さん。

このとき医者の表情から「あ! やばいんだ……」と感じるとダイエットが大嫌いでも行動するようになります。

例えば、「今日アプローチ数を減らしたらどうなる? 月末の結果はどうなる? 来年の社内での立ち位置はどうなる? 後輩が入ってきたらどうなる? このままの自分で30代、40代を迎えたらどうなる?」。

これを考えると嫌な気分になります。

しかし、その感情を一旦横におきます。

すると、回答が出せますね。

「今日なまけたら、目の前の嫌なことからは一瞬だけ逃げることができて楽ができる。しかし、結果は出ないので評価が得られない。逃げるクセもつく。今後、常に嫌なことから逃げるだろう。すると社内で信頼もされなくなる。後輩が入ってきても指導はできない。そのうち後輩に先を越される。転職する。転職しても、嫌なことから逃げるクセは抜けていないので結局評価されない。年下に管理されるようになる……」。

冷静に考えて、たくさん考えて、結局ゾっとするような感情がわいてきたらOKです。

やる気が出ないからと行動を少なくしていると恐ろしい未来が待っていることに気がつけます。

 

スポンサーリンク


 

結果が出せるようになれば、楽しい仕事!

要は、結果が出ないのでやる気が出ないのですね。

だから苦しいのです。

問題はそこにあります。

これも理性を使って考えるととても納得できることではないでしょうか?

多くの人はセールスが嫌いです。

お客様や上司、商品の中身までもが自分の思い通りになりません。

ストレスだけが溜まります。

でも、これからはそんな自分でコントロールできない対象に思い悩むのはやめましょう。

そして、結果をもっと出している自分に、スキルアップしていく自分に焦点を当てていくようにしましょう。

スキルアップを楽しめるようになれれば、仕事の時間が楽しくなります。

そして結果が必ず出せるようになりますので、するとプレッシャーが半減していきます。

このような状態になれるとやる気は必要なくなってきます。

おそらくこのような状態になると黙々とあなたの目標に向かって行動をとり続ける人になります。

やる気があろうがなかろうが結果がついてくる人になれます。

トップ営業マンがそうですよね?

彼らは気合いが入っていないように見えるときも結果を出してきます。

やる気に満ち溢れているときは鬼のような結果を出されます。

したがいまして、私は自分のスキルアップに楽しみを見出されることおすすめしたいです。

スキルアップに成功されて余裕が出始めると、結果のためのやる気はなくなるでしょう。

それよりも「仕事がしたくてしたくて現場に出たい!」のやる気になるでしょう。

仕事がしたくてウズウズされている人は、必ず結果を出されるようになります。(スーパーセールスに変身されるかもしれませんね)。

もしあなたがやる気が出なくて悩まれていたら、まずは「理性」でご自身を振返ってみてください。

その結果、スキルアップが必要との結論が出たら、スキルアップをゲームのように楽しまれてみてはいかがでしょうか。

あなたのご活躍を陰ながらではありますが、心より応援しております!

 

以上、「くじけた営業マンがやる気を出す方法| 営業マンのメンタル」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - 訪問販売、飛び込み営業, メンタル力, 仕事のススメ方