あなたの売る力を数値化する ~訪問販売のコツ(7)~

      2017/07/28

訪問販売で売るコツ(7)

”あなたの「売る力」を数値化する”

このコツは自己分析の方法です。

あなたの売る力を数値化します。

そして併せて同僚、同業他社なども数値化します。

この作業をする理由は、その数値の差を知ることで活動の刺激にするためです。

その刺激は純粋な「競争」として楽しめます。

競争を楽しめる人は、取り組んでいることへのレベルを上げたいと純粋に考えます。

それは、学生時代に大好きだった部活に熱中していたときのようです。

または受験競争に一生懸命だったときのようです。

あのときのような刺激を自分に与えてあげます。

すると、自然に「もっと売る力を高めたい!」と、意識するようになっていきます。

営業・セールス職の世界は、プロスポーツ選手と同じように、向上心が弱まっていくとき成績や年収が下がっていきます。

すぐに「昔は凄かったけど」、そんな状況になっていきます。

 

スポンサーリンク


 

あなたの売る力を数値化する方法

売る力を数値化する手順をご紹介していきます。

とても簡単です。

自分の売る力を数値化する方法は、今まで出してきた自分の実績の平均値を出すだけになります。

新人の方は、最低3ヶ月間は溜めてみてください。

この平均値が自分の「売る力」です。その数字が現在の実力です。

その数字を見つめながら「まぁ、本気を出してないからね。本気を出せば本当はもっといい数字だ」と、考えてしまいたくなるかもしれません。

しかし、残念ではありますが「本気を出さなかったことこそが自分の本当の実力」となります。

なぜなら、成績が高く、たくさん売る人たちは目標達成に向けて皆さん本気を出し続けておられるからです。

 

スポンサーリンク


 

自分の気になるテーマを数値化してみる

自分の売る力を確認された後は、成績が高く、たくさん売る人たちの数字、先輩や同僚、後輩そして他社ライバルの数字の平均値も出してみます。

その数字の差が実力の差です。(もし1円、1件でもあなたの数字が高ければ、あなたの方が売る力は優れていることなります)。

もしかしたら自分は社内での売る力が上位グループに入ってはいませんでしたか?

それとも目を伏せたくなる数字だったでしょうか?

もし、自分よりこの数字が高い人がいた場合、それは「何か」を改善することで、その数字までは売る力を伸ばせることを意味します。

この作業をされることで、現実を知ることができます。

すると、あなたの営業心に火がつくかもしれません。

もしかしたら、「あら?? オレ、あいつより売る力高かったんだ」と、大きな自信になるかもしれません。

ちなみに様々な「テーマ」を数値化されても面白いと思います。

・お客様に面談できる数

・入金になった額

・キャンセル数

・リピーター数

・特別な日に成績を出す力 (〆日や期末など)

これらを一度整理されることで、自分の実力に対する思い込みが良くも悪くも消えてなくなります。

簡単な作業ですので、ぜひ一度試されてみてください。

以上、訪問販売で結果を出すコツ、7つ目「あなたの売る力を数値化する」でした。

さて、4回に渡ってご紹介させていただきました「訪問販売で売るコツ」シリーズはこれにて一旦終了です。

ただ、売る力を高めるための方法については、別の記事でも扱っております。

もしよろしければ、それらもあなたの刺激になるような内容にしているつもりです。

ぜひ、そちらにも目を通していただけたら嬉しく思います。

陰ながらではありますが、あなたのご活躍と成功を心より応援いたしております。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - 訪問販売、飛び込み営業