シンプルな言葉を使って説明をしよう ~営業の基礎~

      2017/07/28

セールスを成功させるポイントはシンプルさ

セールスを成功させるポイントは「シンプルさ」です。

私たちが使う言葉をシンプルに。

説明をシンプルに。

セールスの構成をシンプルに。

すべてを分りやすくすることです。

なぜなら、私たちがシンプルならお客様に私たちの伝えたい内容が伝わるからです。

私たちの伝えたい内容が無事にお客様に伝われば、お客様はその情報によって何かを考えたり、何かを感じたりすることができますよね。

それによってお客様の質問が増えたりします。(私たちの話に関心を寄せてくださるのです)。

お客様はより私たちの商品、サービスの良さが理解できるようになります。

これはすべてをシンプルにした効果です。

 

スポンサーリンク


 

語尾を言い切りにする。

シンプルに話す方法はとても簡単です。

2点だけです。

私たちが話す語尾を言い切りにする。

文章を短くする。

これだけです。

例えば、ある家電量販店を舞台にするとこんな感じです。

その家電量販店で販売員がお客様に次のように言われました。

「他社のインターネット価格のほうが安いなぁ」。

シンプルに切り返すとこうなります。

「うー。痛いところをつかれてしまいます。たしかに価格ではお客様のおっしゃる通りです。

ただ、お客様!  弊社の良さはきちんとございます♪

それはもう保障の手厚さです♪

そして、何か不具合があったときにお客様からお電話いただければすぐにお伺いできる態勢が整っております♪

そんなときにパソコンからいちいち入力したり、待たされたりとストレスがございません♪

うちにお電話一本ですぐお伺いさせていただきます♪

保障が手厚い♪  対応が素早い♪  煩わしさ0。

ここもまだまだ皆様に選んでいただいている理由です♪

家電は100円ショップのように、決してポンポンと購入ができないですよね。

弊社では5年以内に起こる不具合の出費を極力抑えていただけます。すぐ対応します♪」。

この一文一文をゆっくりと伝えれば、この企業で購入するメリットは伝わるでしょう。

もっとシンプルにゴリゴリに切り返すならこうでしょう。

「そこのサイトは保障あるんですか?

この商品、修理費の相場は○○万円ですよ♪

そちらは本当に信頼できる修理対応をされてますか?

大丈夫ですか♪」

(この話し方はお客様と仲良くなれていることが前提になります)。

 

スポンサーリンク


 

もう一度セールストークを見直そう。

あなたのセールスがもっと成功するようにシンプルに表現し直してみてはいかがでしょうか?

普段のあなたのセールス展開をもっとシンプルにできますでしょうか?

もっと簡単な単語はありますか?

もっと簡単な表現はありますか?

 

 

スティーブ・ジョブス、ビル・ゲイツ……プログラマーの世界でも「シンプル」が意識されている。

「Keep it simple, stupid! (シンプルにしておけ、この間抜け!)」。

これはKISSの法則と言われています。

プログラマーの世界ではこれが徹底されているそうです。(プログラミングの原則だそうです)。

「誰がコードを読んでも分かるようにしておけ」とのことです。

私たちのセールストークもこのKISSの法則を意識することは大切です。

なぜなら、シンプルなセールスは時間短縮も可能になります。

生産性も上げられます。

誰にでもセールストークを理解していただくことが可能になります。

いかがでしたでしょうか?

私たちは自分のセールスをもっとシンプルにできるのではないでしょうか?

この記事があなたの刺激になれたら嬉しく思います。あなたのご活躍を心より応援しております。

以上、「シンプルな言葉を使って説明をしよう ~営業の基礎~」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - セールストーク