・接客で笑顔になれないときはどうするか?| 接客の基本

      2017/11/13

笑顔でいることが苦痛なとき……

店舗内で接客販売をされている販売員の悩みの種に「笑顔」があります。

それは、販売員が笑顔でいたくないときにも笑顔をつくり、微笑んでいなければならないので、このようなときに精神的苦痛に襲われるのです。

そんな精神的苦痛に襲われてしまう代表的な場面は「笑わないお客様」「ふてぶてしい無愛想なお客様」とコミュニケーションをとらなければならないときに起こります。

 

スポンサーリンク


 

一生懸命、空気をなごまそうとしているのに……

笑わないお客様、ふてぶてしい無愛想なお客様は、販売員が一生懸命に空気をなごまそうと笑顔になっても全く反応されません。

むしろ「うっとうしいなぁ……」というような態度をとられてしまいます。

そのときに、販売員が「なんだこの客は!」と、不機嫌になってしまってはいけませんので、皆さんグッとこらえるわけです。

しかし、このこらえた後が大変になります。

なぜなら、本当は「こんな人とコミュニケーションをとりたくない」という感情がわいてしまっているので、笑顔がひきつるようになるからです。(笑)

その後、お客様が商品を購入されたら最悪で、さらになおさら笑顔をキープしなければなりません。(笑)

したがいまして、会計を済ませ、退店までの長い時間を作り笑顔を続けなければならず、おそろしく精神的苦痛を味合うことになります。

たったひとり接客しただけで、ぐったりとなってしまいます。

そして「私は無理をしてまで笑顔をつくって……いったい何をしているのだろう……」と、暗い気持ちになっていくのです。

 

スポンサーリンク


 

無理して笑顔をつくるのは苦しい……そんなときはどうするか?

このように無理をして笑顔をつくっていると、基本的に販売職を嫌いになりはじめます。

デリケートな性格の方は、どんどん他人を嫌いになりはじめます。

こんな心理状態になってしまわれると、人生そのものが楽しめなくなってしまいますので、すぐに対処法を知っておかれる必要があります。

今後は、上記のような無理をして笑顔をつくらないといけないようなときは、笑顔をやめるようにします。

そして、その代わりに上品かつ真剣な表情をするようにします。

これで精神的苦痛を回避することができるようになります。

 

微笑まない! 真剣な表情を

こちらが笑顔なのに、まったく笑顔にならないお客様やふてぶてしい無愛想なお客様には、すぐに真剣な表情に切替えるようにします。

すると、私たちは無理に笑顔をつくる必要がなくなるので精神的苦痛を回避できます。

そして、お客様もそのようにコミュニケーションをとってもらうことで感情的な対応をしなくても良くなりますので喜ばれます。

笑わないお客様、ふてぶてしい無愛想なお客様は他人と感情を交流させることをとてもめんどくさがられるので、販売員が笑顔なしで真剣に対応してくれると内心助かるのです。

したがいまして、私たちは真剣な表情でお客様に接すれば良いのです。無理に笑顔をつくる必要はないのです。

微笑む必要もありません。

しかし、おそらく「なんだこの客は!」と、私たちにネガティブな感情が発生していますので、にらまないように、暗い雰囲気にならないように調整する必要はあります。

 

スポンサーリンク


 

上司に叱られたあとにも効果的

あとは、上司に叱られたり、小言を言われたあとに接客に入らなければならないときも、この真剣な表情で接客することは役に立ちます。(笑)

一生懸命お客様の話を真剣に聞こうとする態度をとると、笑顔にならなくていいので、精神的に楽に接客ができます。

このときも、お客様をにらまないように、暗い雰囲気にならないように気をつけながら真剣な表情をしていきます。

真剣に「あなたの買物が良くなるように情報提供いたします」と念じながら、きびきびとコミュニケーションをとっていきます。

案外、お客様の反応が良いので、無理に笑顔をつくることに苦しんでおられた方は、ぜひ試してみてください。

ちなみに、私が出会ってきた”天才”と思えるようなトップセールスたちの中にも、いっさい笑顔をつくられない方が3名おられました。

笑顔がなくても実績は出し続けることができます。

今回はここまでです。

以上、「・接客で笑顔になれないときはどうするか?| 接客の基本」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

 

 

 

追記

おそれいりますが、最後にひとり言を少しだけ。

私はこのブログを立ち上げた当初より、もっと売れるようになりたいとお考えの方へセールスの専門知識を真剣に学ばれることをおすすめしてまいりました。

その理由はとても単純で、20代前半の頃の私自身がまったく売れないセールスだったのですが、売るための専門知識を真剣に学びはじめたことでトップセールスにまでなれてしまった経験からです。(笑)

お取引先や会社から見向きもされなかった私が、いつの間にか表彰状に商品券にとたくさんいただいているではないですか。

やっぱりなんでも勉強なんですねと今までなまけていた自分に苦笑いしながらも、誇らしい気持ちにもなれました。

セールスは売るための専門知識を真剣に学ばれるだけで、うそみたいに売れるようになります。

うわっ、ほんとうに売れる……。

商談しながらおどろいてしまう心の声。

勉強しはじめた頃はお客様の反応の変わりように感動したものです。

セールスの仕事は売るための勉強を真剣にされることで、売ることに苦しんでいる人はその苦しみから解放されます。

すでに売れている人はより安定したスキルの獲得と、今後他人を指導しなければならなくなるときに役に立ってくれます。

下記にセールス職の専門知識が学べる本をご紹介しております。

(私が役に立ったものだけを掲載しております)。

1冊1冊が本屋で売られている本の倍以上の価格をしておりますが、読んでいただくとその価格に納得していただける内容のものばかりです。

また、購入されたあとにしっかり読み込んで実践したのにもかかわらず、結果が出なかったことで不満を感じはじめたなら返品できてしまえます。

返品保証がある本なんて、おそらくこの出版社だけだと思います。(笑)

あなたの課題に合う本があれば嬉しく思います。

気になる方は、ぜひリンク先の詳しい情報を参考にされてみてください。

あなたの益々のご活躍を心より応援しております。

 

 

 

⇒⇒ クロージングの心理技術21 オススメ

・あなたがさらに売れるようになる知識が詰まっています。

おそらくこれ1冊でお客様心理をコントロールできる知識は学べてしまえます。

例えば、お客様が商品を欲しがってしまう、他社ではなくあなたを選ぶようになる、今日、まさに今すぐ決断してもらえるようになるなどの行動を比較的簡単にとってもらえるようになります。

その根拠は消費者心理学をベースにお客様にアプローチすることができるようになるからです。

私の1番のオススメの本です。そして営業(セールス)職には基礎中の基礎の知識でもあります。

※私や購入者様の感想はこちら→ クロージングの心理技術21で何を学ぶことができるのか? 購入者レビュー(感想)

 

→→ このブログでよく読まれている営業心理学はメラビアンの法則ドア・イン・ザ・フェイス(譲歩的依頼法)などがあります。

このような知識が私たちの武器になります。

 

 

 

⇒⇒ マル秘 人脈活用術

・新規客の紹介をもらい続ける方法が学べます。

紹介をもらえることで実績が上がっていくシステムの方は(保険外交員、店舗内販売員、医師、弁護士)、とても参考になるのではないでしょうか。

※私や購入者さまの感想はこちら→ マル秘人脈活用術で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

 

⇒⇒ 大富豪の仕事術

・目標を達成させる方法を学べます。

この著者は700億円を稼ぐアメリカ在住の大富豪です。

目標を立てながらもいつも未達成でいる方には最高の内容になっています。

※私や購入者さまの感想はこちら→ 「大富豪の仕事術」で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

 

⇒⇒ 説得の心理技術

・この本は相手が勝手に自分自身を説得し、納得させてしまうという裏技的なコミュニケーション術が学べます。

表現を変えると「洗脳」「マインドコントロール」です。

 

 

 

 

⇒⇒ 脳内科学マーケティング100の心理技術

・この本はPOP作成担当者様、マーケティング担当者様に向いています。

最新の脳科学をベースにお客様が反応してしまう訴求について解説されています。

(この本は私にとってもおもしろく、とても参考になりました)。

 

 

 

 

⇒⇒ 億万長者のセールス戦略 オススメ

・スーパートップセールスマンの売ることに対する考え方が学べます。

安っぽい表現ですが、私たちは考え方が変われば行動が変わります。

行動が変わることで結果も変わります。

トップセールスマンの売ることに対する意識の高さについて知り、自分の行動を変えていけるようになります。

※人気の本です。

私や購入者さまの感想はこちら→ 億万長者の不況に強いセールス戦略で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

スポンサーリンク


 

 - アパレル販売、化粧品販売、家電販売, メンタル力