・社会人の勉強方法。何をどうするか?

社会人の勉強方法| 本を読む

基本的に社会人の勉強方法はひとりで本を読むことになります。したがいまして、本を読む=その勉強時間、勉強場所はあなたの生活リズムに沿っていかなければならないので、あなた自身でスケジュールをつくり、それに自分自身を従わせて生活していく必要が出てくるでしょう。そうやって勉強時間と勉強場所を確保して、じっくりと本を読んでいくことが社会人の勉強方法になります。

では、なぜ社会人の勉強方法が本を読むことなのでしょうか? それについては本を読むことで「自分の見えていなかった世界が見えるようになる」という効果があるからです。自分の見えていなかった世界とは、例えば筆者の体験談で強縮ですが次のようなことをさします。私は30代後半の営業マンです。20代の頃はどうやって営業成績を出していっていいのかがさっぱりわかりませんでした。しかし、本を読むようになってから、営業成績がのびていくようになりました。なぜなら、トップ営業マンがセールスコミュニケーション中に使っている心理学を知ったからです。そしてトップ営業マンの営業に対する考え方を知ったからでした。本に書いてあったことは上司や先輩が指導してくれていたこととまったく違っていました。(笑) そうやって、私は本を読むことで見えていなかった世界が見えるようになっていきました。そして営業実績を高めることができるようになり、生産性のある営業マンに変わることができました。この変化は「営業実績を出せる営業マンになるために勉強しよう」と本を読んだことで起こせました。

社会人の勉強方法は本を読むことです。これから(もうすでに)資格試験に向けた勉強を予定されている方、または何を勉強したらいいのだろうと悩まれている方でもそこは同じです。

ちなみに、社会人で何を勉強したらいいのだろうと悩まれている方は、ご自身の仕事に関連するジャンルの本を探されてみてはいかがでしょうか。例えば、私のような営業マンだったら、次のようなジャンルを勉強しています。

  • 商品に関する専門知識。
  • 業界の構造。
  • 業界の歴史。
  • 日本経済の動向。
  • 他社の動向、歴史
  • 心理学
  • コミュニケーション
  • 目標を達成させる方法
  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • マーケティング
  • メンタルヘルス(レジリエンス、神経症)
  • 海外の営業手法

などなど。

あなたの職種でもこのようなジャンルが関わっておられるのではないでしょうか。私からはご自分の関心がわくジャンルの本を探され、そこから本を読んでいく勉強方法をご提案いたします。おそらくまだ見えていなかった世界を知れる楽しさにわくわくできると思います。勉強時間がどんどんどんどん増えていくようになるかもしれませんよ。(笑)

あなたへの広告


社会人の勉強方法| 本を読むときは1文字1文字全部読む

本を読むときの注意事項があります。次の読書方法はおすすめしません。その読書方法とは効率を上げるために「目次で気になるところをピックアップして、そこから読む」というものです。なぜなら、本を読む目的が「自分の見えていなかった世界を見えるようにする」だからです。目次で気になるところ=あなたがおぼろげながらそれについて知っていたり、または関心があるところと言えます。したがいまして、それはちょっと見えている世界です。そうではなく、できればはじめて触れる内容、訳の分からなそうな内容に触れていくことが本を読む目的ですので、はじめから1文字1文字読んでいくことが大切です。

「でも、時間かかるし」と、勉強時間のことを気にされるかもしれません。その点はご安心ください。本を読むときは頭の中で「高速」(2倍速、3倍速)で音読していきますので、時間は節約できます。

「それだと今度は内容を理解できない」と、思われるかもしれません。しかしそれでOKです。その理由は、本は1冊だけ読むわけではありません。5冊、10冊、20冊と読んでいくことになります。すると、本を読んでいるときに「あれ! この話題……知ってる」と、以前読んでいた内容が登場することがあります。そのときに知識としてしっかりと定着してくれるようになります。それは長い勉強生活で考えてみてみると、効率良く知識習得ができることになります。

あなたへの広告


社会人の勉強方法| 図書館を利用する

社会人の勉強方法として、図書館を利用されることをおすすめしたいです。なぜなら、無料で大量の本が読めるからです。そして借りることもできます(書籍代を節約できます)。そして、何よりマニアックな資料が隅のほうにポツンと置いてあったりするからです。

例えば、私がワクワクした経験として、―――本のタイトルは忘れてしまいましたが―――「各都道府県の様々なカテゴリーの消費額」が記載された資料を見つけたときです(数字ばかりの本です)。各都道府県によって、あるカテゴリーの消費される金額が違っている事実を確認できて、面白かったのです。例えば、当たり前ですが「冬のコート」の消費額は北国のほうが数字は高くなります。そして南国沖縄では数字が低いわけです。または隣同士の県なのにそのカテゴリーの消費額が違っていたりするのですね。

もしアパレル業界で働いておられる方なら、実際の具体的な数字がどのくらい違うのかを知っておかれるだけでも、将来エリアをマネジメントされるときに役に立ったりするでしょう(特に県境でビジネスをされているなら、ぜひとも知っておきたい数字でしょう)。

図書館にはそんなマニアックな資料が置いてあったりします。社会人の勉強方法としては、経費を節約しながら、大量に知識習得ができますのでおすすめです。ぜひあなたも図書館を利用されてみてはいかがでしょうか。

あなたへの広告


社会人の勉強方法| 読書、読書、読書!

まとめますと、社会人の勉強方法は、まず本を読む。たくさん読む。速く読む。見えていなかった世界を見えるようになる。

何を勉強したらいいのかは、自分の仕事に関することからきっかけを探してみる。

とにかく読書、読書、読書! ということになりますね。

ぜひ、これからはあなたの将来に役に立つ、質の良い情報に触れていっていただけたらと思います。この記事があなたの刺激になれるようでしたら嬉しく思います。

あなたのますますのご活躍を陰ながらではございますが、心より応援しております。

以上、「社会人の勉強方法。何をどうするか?」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

(もしこの記事が少しでも刺激になりましたら、いつでも読み返せるようにブックマークをお忘れないように気をつけていただけたらと思います)。

追記: 

最後に私からメッセージになります。

恐れ入りますが、少しだけ私の20代の頃の経験談を書かせていただきます。

実は、私はこのようなブログを書いておりますが、営業をはじめてた当初(20代前半)、まったく売ることができませんでした(その当時のことも少し書いてあるプロフィールはこちらです)。

したがいまして、その当時、30代の男性上司からからかわれていました。

「お前の商談姿はペコペコ腰が低いなw お客様に言葉に反応してるその姿がフラワーロック(音に反応するサングラスをかけたひまわりのおもちゃ)みたいだなw」。

なんてことを言われていました。ただ、売れない期間が続くことで、そのからかいが暴言に変わっていきました。毎日毎日「なぜできない!」「で、明日は何件売るんだ? もしそれが売れなかったらどうするんだお前」と、プレッシャーをかけられながら仕事をしておりました。(あなたもご経験あるかもしれませんね。いい思い出です。 笑)。私はそんな毎日がイヤで、この仕事をやめようとずっと思いながら仕事をしていました。

そんな時期のある日のことでした。本屋で当時ベストセラーだった「ユダヤ人大富豪の教え」が山づみしてあり、手にとる機会があったのです。「お金持ちはいいなぁ~、楽そうで(←とても失礼な考え方でした。笑)」。そう思いながらペラペラとページをめくっていました。

すると、そこに思いも寄らなかった「セールスの達人になる」という項目が書いてあるではないですか。私の集中は一気に高まりました。そしてその内容に目を通していくと「トップセールスをマネろ」「行動心理を学べ。セールスについてはお客は一定の行動をとることがわかっている」と書いてあったのです。

私はそこではじめて「心理学」がセールスに関係していることを知りました。そして私に足りない要素はこれだと直感が働きました(すでにそのときトップセールスをマネることはがんばって実践していましたので)。私は上司からガミガミ言われる毎日を変えたい気持ちと、その上司を見返したい気持ちから、心理学を勉強するようになりました。

すると、ウソのように本当に営業実績が良くなっていきました。(笑) 心理学を組み込んだセールストークに変えると、本当にお客様が心理学の本に書いてあるとおりの反応をされるようになったのです。私は嬉しくなり、さらに心理学のテクニックを覚え、使っていくようになりました(大切な心理学テクニックはこのブログでもご紹介しております。→メラビアンの法則フットインザドアドアインザフェイスなど)。

そして、もう一つ驚いたのは上司の反応でした。私が売れるようになってくると彼はまったく何も言わなくなったのです。それよりも「今日も頼むなっ♪」と、信じられないくらいの手のひら返しな態度になったのです。(笑) 営業の世界って、そういう世界なんだと理解したのを覚えています。

気がつけば営業マネージャーができるようになっていました。そして部下にあたる方々の営業スキルを高めるために一生懸命取り組んでおりました。

そして、やはりそこでも真面目に心理学を学ばれたり、トップセールスである先輩や後輩のマネをできる営業マンの営業実績が伸びていくという現象を見てきました。

営業(販売)の仕事は、トップの方々をマネることと心理学を学ばれることで、本当に売るスキルが高まっていきます。もし、あなたが真剣に今よりもっと営業実績を出していきたいとお考えでしたら、心理学を学び、トップセールスのマネをしてみていただけたらと思います。

もしまだ会社から詳しく売るための心理学について教えてもらっていない方は、下記に書籍をご紹介しております。それぞれの課題に合わせて、参考にされてみてください。営業の仕事はとにかく営業実績を出し続けないと評価されない職種ですので(クビにはならないけど、プロスポーツ選手たちと似たような世界ですね)。

以上、長々と失礼いたしました。

新入社員様や新人販売員の方はぜひがんばってください! 陰ながらではございますが、心より応援しております。

⇒⇒ クロージングの心理技術21

・こちらが1冊でほぼほぼ消費者心理を学べてしまえます。私も購入して、とても満足したセールス専門書になります。

ここに書かれている知識を実践されることで、あなたが担当するお客様の頭の中を「買っておうかな」「よし、契約しよう!」のように、成約していただける方向へ導けるようになります。しかも、比較的楽にそれができるようになります。そしてライバル会社の製品に関心を向けていたお客様を自社製品にさりげなく向けさせることもできるようになります。それゆえに成約率がグンと高まりますので、あなたは社内でもトップクラスの売れる営業マンになれると思います。しかも1回だけトップの営業実績を出すだけではありません。あなたのやる気が下がらなければ、ずっと高い営業実績を出し続けることができるようになります(ただ、本を読まれるだけで実践されなかったり、現場で微調整をされなければさすがに効果は出ないですが。笑)。

ぜひ、1度、真剣に学びの時間をとってみてはいかがでしょうか。1回実践できるようになれれば、本当に一生使えるスキルになります。私も1度売れるようになってからは、同じことを15年以上使い続けて、いまだに楽に売ることができていますので。

※私や購入者様の感想はこちら

※ご紹介させてもらっているすべての本には、なんと返品システムがついてます。内容に満足できなければ返品して、全額返金してもらえます(書籍で返品できるなんてすごいですよね)。リンク先の正規販売店でご購入された方のみのシステムとなっております。さらに、正規販売店で購入されると、毎月無料で質の高いビジネス雑誌がもらえるようになります。社長やマーケティング(集客)担当者が読まれる情報が多いですので、ぜひ営業マンも知っておきたい情報になります。

⇒⇒ 億万長者の不況に強いセールス戦略

・こちらは、本物の売れる営業マンはどんな考え方をしているのかがわかる本です。著者はアメリカの普通の営業マンだったさえない男性です。しかし、その彼はセールスのみで億万長者になり、現在世界的なセールス界の重鎮になっておられます(著者はダン・ケネディ氏)。営業マンとして背筋がピンッ! と伸びる本です。

※私や購入者様の方々の感想はこちら

⇒⇒ 大富豪の仕事術 

・こちらは「あなたの目標を最短かつ確実に達成させる方法」が学べます。

「なぜ私は目標を立てるのに、いつも達成させることができないのか……」と、悩まれたことのある方でしたら、今後はその悩みから解放されます。そして今までとはまったく違った目標の立て方、1日の時間の使い方になり、生活の質がガラリと変わっていくことになり、最短で目標を達成できるようになれます。

著者は年間700億円を稼ぐアメリカのビジネスマン。トランプ大統領がビジネスマン時代だったときも、ここに書かれているような時間の使い方をされていたようです(大富豪になるような優秀なビジネスマンの方々の行動は、やはり似ているのですね)。

※私や購入された方々の感想はこちら

⇒⇒ マル秘・人脈活用術

・新しいお客様を紹介してもらい続けるスキルを学べます。ここに書かれている本物のネットワーク構築スキルを実践することができれば、営業実績について悩まれることはなくなるのではないでしょうか。保険営業マンを中心とした、フルコミッション制度で活動されている方でしたら、知っておかれて損はない情報です。

※私や購入された方々の感想はこちら

あなたへの広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする