集中力の話  ※営業マンが実績を出すための、けっこう重要なこと

      2017/07/28

集中力と実績の関係

私たちの仕事は実績を出すことです。

とにかく、まずは実績を出さなければなりません。

これがプレッシャーになり、私たちは頭を抱えながら毎日を送ることになりますよね。(笑)

でも、ふと隣を見てみると、先輩のトップセールスは私たちのようにプレッシャーに追われている雰囲気を感じません(あなたは同僚に対して、そう感じたことはありますか? 私はめちゃめちゃありました。笑)。

そこでふと疑問に思います。

「なんでトップセールスはきちんと実績を出せているのか?  しかも毎月続けて?」。

今回は、この実績の出し方について「目に見えない世界(マインドとか意識とか集中力など)」に焦点を当ててご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


 

目標を意識し続ける。集中を途切らせることをしない

トップセールスたちは、どうやってあんなに実績を出し続けているのでしょうか?

それは彼らがセールストークが素晴らしくてセールスコミュニケーションが上手であることはもちろんですが、実はさらに「目に見えない世界」も素晴らしいからなのです。

トップセールスたちは、毎月、目標に集中されています。

そして、ここからが最重要ポイントになるのですが、平凡な実績を出すグループと圧倒的に違うのが、彼らは集中を途切らせないのです。

例えば、普通、1日が終わったら、「ハァ~疲れた。今日は帰ってゆっくりしよう」と考えます。

そして、会社を出た瞬間に休憩モードに意識がばっちり切り替わるのです。

しかし、トップセールスたちは違います。

彼らは会社を出ても、家に帰ってごはんを食べながらでも、風呂に入りながらでも、常に頭の中は目標のこと、今日の反省、明日どうやって実績を出すか、と仕事のことばかり考えています。

彼女や彼氏または奥さまご主人さまと一緒に居たとしても、頭の片隅でセールスのことを考えています。

集中を途切らせることをしないのですね。

常に実績のことを意識しています。

ばっちり休憩モードに……切り替わらないのです。

 

 

集中力の不思議

あなたは小学生のころ、サッカーボールでリフティングをされたことはありますか?

されたことがある方はすぐにイメージしてもらえると思いますが、リフティングは集中力が低いとき、すなわちその日に初めてリフティングをするときは、ボールが足元に落ち着いてくれません。

1、2、3、よ……あぁ~失敗した、を繰り返します。

しかし、何度も繰り返していると―――集中力が安定しはじめると―――10回できるようになります。

そして、そのまま20回、30回とボールを落とさないで連続してリフティングできる回数が増えていきます。

そんなときに「今日はもうおしまい!  ラスト1回」と、集中力を切ってしまうとラスト1回が10回くらいで失敗して終わってしまいます。

要は、私は「私たちの仕事もこれと同じような現象が起こる」ということをお伝えしたいのです。

したがいまして、ぜひ、頭の片隅で良いので、目標を意識し続けてみてください。

その集中力を維持し続けてみてください。

それを30日間、60日間、90日間と続けることができると―――早い人なら20日目頃から―――「今の自分は売れる感覚しかない。売れる気しかしない」となり、実際に実績が出始めます。

そして、それがずっと続いていきます。

もちろん、目標を意識し続け、集中力を途切らせないことに苦痛を感じてしまわれる方もおられるとは思います。

しかし、もし思うように実績が出せていないとしたら、または毎月、安定的に実績を出せていないとしたら、おそらく毎日、毎日、目標に対する意識、集中力をブツンと立ち切っておられると思います。

または、1ヶ月間一生懸命がんばった次の月。

その反動で無意識に休憩モードに入り、目標を意識する集中力がブツンと切れているはずです。

 

スポンサーリンク


 

目標を意識し続ける。集中力を途切らせることをしない

私たちが高い実績を出すためには、このような目に見えない世界をコントロールするスキルも大切になります。

まずは、頭の片隅でかまわないので、目標を意識し続けてみてください。

毎日、「ふぅ~。今日も仕事が終わったぁ~」と同時に意識までもプライベートモードにされないでください。

まずは、身体の力を抜きつつ、頭の片隅で、明日どうするか?  今日良かったところは?  今日会えた見込みのお客様を次、どうやって成約させるか?  など、考え続けてみてください。

家での過ごし方で、月末の実績は恐ろしく変わってきます。

目標に対する意識とその集中力を途切らせなければ、リフティングのときになぜかサッカーボールが足元に落ち着いてくるように、あなたのセールストークやセールスコミュニケーションも無駄がそぎ落とされ、キレの良いものに仕上がっていきます。

そして、そのあなたの雰囲気にお客様が必ず影響を受けられます。

 

ぜひ、試してみていただけたらと思います。

以上、「集中力の話  ※営業マンが実績を出すための、けっこう重要なこと」でした。

一二  三四朗でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - 仕事のススメ方