やる気の出し方を知っておこう ~営業マン編~

      2017/07/28

 行動する  →  やる気が出始める、です

やる気の上げ方で巷で解説されている方法は「行動する → やる気が出る」です。

したがいまして、上司も「いいか『やる気が出ない → だから行動できない』ではない。行動しないからやる気が出ないんだ! まずは行動しろ! 行動しながら考えろ!」と……。

私たちはそれを読んだり聞くたびに「アホか! その行動ができなくて悩んでるんだよ!」と叫びたくなるものです。

やる気が上がっていかなくて苦しんでいる人にとっては上記の全てが机上の空論になってしまうのです。

 

スポンサーリンク


 

感情が高まるとエネルギー生まれる → 行動できる

やる気を出すためには当たり前ですが「自分の感情」がポイントになります。

人がやる気を出せなくなる理由は、その対象に対する感情がネガティブな状態だからです。(例えば、仕事が嫌いである、上司が嫌いなど)。

対象への感情がネガティブだと「行動しよう!」というエネルギーがわいてきません。

これは恋愛や結婚に例えると理解がしやすいです。

例えば、結婚5年目のAさんがパートナーを信頼できなくなる出来事があって幻滅までしているとします。

このときAさんがある知り合いに夫婦関係について説教をされたとします。

そして「結局はもう一度信じ、愛することだよ!」と言われました。

しかし、Aさんからすると「愛したくもない! 気持ち悪い!」と感じてしまうのです。

これが「対象への感情がネガティブ」な状態です。

したがってAさんはパートナーのために行動するためのエネルギーがわいてこないのです。

感情がそんな状態だと、人はやっぱりポジティブな感情の世界へ関心がうつるようになっていきます。

言い換えるとエネルギーがわいてくる対象に意識が向くようになるのです。(このAさんの場合だと、「浮気」という刺激があるポジティブな方へとエネルギーが向かってしまうイメージです。または大好きな趣味にエネルギーが向かってしまうというイメージです)。

仕事でも同じです。

仕事中はサボるようになってプライベートのことばかり考えたり、転職を考えはじめたりします。

楽しいポジティブなことに関心がうつってしまうのです。

しかし、中には反対の反応をされる方もおられます。

それは忍耐です。

忍耐をして、ポジティブなことへ関心が向かないようにご自分をコントロールされる方です。

この方々はネガティブを抱えたまま生活されようとされます。

渋々ご自分にブレーキをかけられます。

最近は、この「渋々ご自分にブレーキをかけられる方」が軽いうつ症状を患っているように思えます。

要は自分の感情がネガティブで充満しているのです。

話を戻しまして、仕事でやる気を出すためには、仕事に対する感情をポジティブなものに変えなければなりません。

ポジティブに変えることができれば、エネルギーが勝手にわいてきます。

これでやる気は出せるようになります。

そこで、エネルギーをわかせるためには「ポジティブな目的」を「くっきり、はっきりとイメージする」ことがポイントになります。

例えば、ある会社にAさんがいます。Aさんは入社当時から出世したいと考えていました。

しかし、最近仕事の実績が悪いので、やる気が出せずにいて、最近は出世のこともどうでもよくなっています。

こんなときに……

1、出世できたときの現実をポジティブな感情でくっきり、はっきりイメージします。

しっかりと映像を描きます。

すると、Aさんはそれを現実にしたい(具体的に形にしたい)と必ず思い始めます。(自分の感性に基づいた目標だからです)。このとき初めて「行動したい」とエネルギーがわいてきます。

そして実際に行動にうつっていきます。

 

2、行動すると現実が描いたイメージに近づきます。

すると楽しくなれます。

これを繰り返すことでエネルギーが継続されます。

 

3、結果が出れば嬉しいです。

結果が出なくても現実はイメージに近づけるのでやはり楽しくなれます。

 

まとめますと、やる気を出すには、その行動に対するエネルギーをわかせなければなりません。

そのためにはポジティブな感情になれるイメージをくっきり、はっきりと描く。 → エネルギーがわく。 → 行動できる。 → 結果が出る……このスパイラルが必要になります。

まずはあなたの内面(心)に理想のイメージ(形や映像)が必要なのです。

仕事を通してどうなりたいですか?

どんな実績が出せたら楽しいですか?

 

スポンサーリンク


 

ポジティブな感情は必ずわいてくる

やる気を出すためには「内面にポジティブな感情」を呼び起こさなければなりません。

このポジティブな感情がわいてこないので、いつまでたっても行動がでないままなのです。

ポジティブな感情を生み出すのはスキルです。

このことに気がつけなければ一生ネガティブな感情のままで生活しなければなりません。

ポジティブな感情を呼び起こす方法はとても簡単です。

上記のように欲しい結果をくっきり、はっきりイメージされるだけです。

そのイメージしたものを現実にしていこうとされるだけです。

誰でもできる方法ですので、ぜひあなたの欲しい結果をくっきり、はっきりイメージしていただいて、ポジティブな感情を呼び起こし、やる気マンマンで行動されていってくださればと思います。

陰ながらではございますが、あなたのご活躍を心から応援しております。

以上、「やる気の出し方を知っておこう ~営業マン編~」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力