トップセールスは全員気合いが入っている

      2017/07/28

トップセールスになるには「気合い」も確実に必要

あなたが真剣に「実績を出したい!」とお考えで、しかしまだ充分な数字に到達されていなければ今回の記事は参考にしていただけると思います。

まず、個人宅への訪問販売(飛び込み営業)、アパレル販売、化粧品販売、家電販売、保険販売で高い実績を出し続けるためには「気合い」が必要です。

ただ、気合いと根性でピアノが弾けるようにならないように、営業・セールスも気合いと根性だけで実績が出るわけではありません。

必ず専門的なスキルの習得が必要です。

しかし、実際の現場、お客様を前にしているときは「気合い」を入れておかなければ、せっかくの専門スキルも活かしきれずに敗北してしまいます。

それゆえに実績を出し続けるためには気合いが必要になります。

 

スポンサーリンク


 

トップセールスは、現場ではおそろしく気合いが入っている

トップセールスの人たちは現場ではおそろしく気合いが入っています。

おだやかなタイプのトップセールス。

ギラギラタイプのトップセールス。

軽快なタイプのトップセールス。

様々なタイプのトップセールスがおられます。

彼らは現場ではいつもしっかりと気合いを入れて商談されています。

お客様に会う前にすでに意識を高めておられます。

実は、実績が伸びない人たちはこのことを知りません。

実績が伸びない人たちは気合いを入れてから商談に望んでいないので、お客様の反応に苦戦されます。

断り文句に苦戦されます。

その前に「なんだかダメそうだな……」と自分の不安に苦戦されます。

よって「キレのある営業トーク」ができません。

キレのない営業トークではお客様から成約を導くことはできません。

 

スポンサーリンク


 

トップセールスは気合いを入れることでお客様と自分の不安を消している

そもそもトップセールスになる人たちは自分の商談に不安をもたないです。

というより、気合いを入れるのが当たり前なので本人たちは「自分の中の不安」に気がついていないのですが。

さて、気合いを入れることができる人は仕事に積極的になれますよね。

これが大切です。

なぜなら、お客様は基本あなたの営業トーク全てに断りを入れようとされているからです。(アプローチをかければ「大丈夫です、結構です」。クロージングをかければ「検討します」。あなたの発言すべてを否定する準備万端ですよね)。

したがいまして、あなたのタイプがどうであれ(落ち着いたタイプであれ)、あなたの内側は気合いを入れておく必要があるのです。

この気合いが足りていなければ、粘るときに粘らなかったりします。

そして「断られるはもうイヤだ……」とアプローチ自体が消極的になっていきます。

トップセールスは違います。

彼らはすでに気合い充分です。

粘るときはめちゃくちゃ粘ります。

断られても行動量が減ることはありません。

弱気にならないのです。

そんなものは気合いで吹き飛ばすからです。

ちなみに、

「ミシロウさんのようなキレイな営業トーク、表現を変えるとおとなしいコミュニケーションでは実績なんて出せませんよ。泥臭くいかなきゃ。そんなのんびりとしたキレイな営業トークしてたら僕だって売れませんよ」。

私はこの言葉を「天才」と呼ばれていた後輩の飛び込み営業マンに言われたことがあります。

私が実績が伸びず、暗くなっていたときに、ガツンと目を覚まさせてくれた言葉です。

 

スポンサーリンク


 

気合いの入れ方

気合いの入れ方があります。

それはジェスチャーと大きな声を同時にすることがオススメです。(スポーツの試合前のような。レスリングの名トレーナー、アニマル浜口氏の「気合いだぁ!」のような)。

あとは身体の一部を叩く方法です。

学生時代に部活をされていた方なら、当時を思い出していただけたらすぐに実践できると思います。

気合いを入れた後はあとは集中だけです。

集中して仕事をしていけば実績につながっていきます。

なぜなら、例え実績が出なくても、自分の弱点がよくわかるようになります。(集中してるからです)。

そして、それを克服する作業を気合いを入れて集中して繰り返していけば「売る力」が高まっていきます。

うまくいくとすぐにあなたがトップセールスになれたりします。

もし、あなたがこれから実績を出していかなければならない環境でしたら、まずは「気合い」を入れてみて下さい。

もうすでに気合いを入れておられる方は、より専門知識を取り入れてみて、更にあなたのセールススキルの幅を広げていってくださればと思います。

セールスの専門知識については、下記に私がお勧めしております書籍が参考になると思います。

あなたのご活躍を陰ながらではありますが、心より応援しております。

 

以上、「トップセールスは全員気合いが入っている」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力