営業(セールス)を苦手としている人の特徴

結果だけを意識している

営業(セールス)を苦手としている人には特徴があります。それは「結果だけを意識している」という点です。したがいまして、ご自身の結果だけを意識されているのでこの仕事に面白味を感じておられません。なぜなら、営業(セールス)は良い結果が出ることのほうが少ないからです。良い結果を出そうと意識しているのに、その結果が出ないわけです。思い通りにならない時間を長く過すことになり、結局営業が苦手になっていくわけです。

あなたへの広告


ウソはつかなくていい

営業(セールス)を苦手としている人は、結果のためにお客様に小さなウソをついていたりします。そのウソをついている自分に耐えられなくなり、苦手意識が生まれるようになっていたりします。

例えば、法人営業をされている新人さんがいたとして、お客様から「失礼ですが、○○さんは入社されて何年目ですか?」と聞かれた場合に、次のように考えてしまわれます。

「うっ……。『入社6ヶ月目です』と言ったら成約にならないんじゃないか……。だから3年目と言った方が良いんじゃないか……」。

このような小さなウソを思いつくようになり、そして実際に「3年目です!」と言ってしまったりしています。これはただただ結果だけを追求したがために起こる現象です。本来なら余裕をもって真実を次のように伝えれば、スムーズに商談は進みます。

「はい。入社6ヶ月目です♪」。

この一言を爽やかにお伝えします。そしてもう一言付け加え、

「新人でご不安を抱かせてしまいましたら申し訳ございません。ただ弊社のサービスの質とお客様の利益には何も影響はございませんのでご安心ください♪ 私が責任持って担当させていただきます♪」。

ウソをつく必要はありません。

※余談ですが、お客様は自分に利益を与えてくれるのなら、担当が新人だろうが誰であろうがどうでも良いことです。このことは自分自身が営業をかけられる側になるとより実感できますね。とにかく自分がサービスを受けるときに担当者がしっかりと対応してくれそうなことがわかりさえすれば、新人だろうと社長だろうと誰でも良いのですね。

話を戻しまして、とにかく営業(セールス)の仕事でウソはつく必要はありません。

あなたへの広告


営業(セールス)に苦手意識があるのは「あること」ができていない

営業(セールス)に苦手意識がある方は「自社サービスの強みを伝える準備」をされていません。または、その準備された情報が情報不足だったりされます。したがいまして、お客様との商談が上手くいきませんし、自分自身も「うちのサービス、別に無くてもいいでしょ……」のように考えておられたりします。ですから自信なく仕事されていたりします。ゆえにこの仕事を苦手を感じざるを得ないのですね。

営業(セールス)は、お客様へ自社サービスの強みを伝える仕事とも表現できます。したがいまして、商品知識、他社商品知識、業界知識などを日頃から勉強しておき、自信満々に自社サービスの強みを伝えられるように準備しておかなければなりません。お客様はその自信満々のあなたの姿を目にすることで、商品への関心と「任せてみようかな」という安心感がわいてきたりします。すると成約数が伸びますので、結果的に実績は良くなっていきます。

あなたへの広告


営業(セールス)の苦手意識を消す方法

最後に営業(セールス)の苦手意識を消す方法をご紹介して終わりたいと思います。

営業・セールスの苦手意識を消す方法は、

  • 自社商品の強みを整理して、他社商品の弱みも整理する
  • ウソをつかないと決め、本当にそれで活動する
  • 結果に意識の焦点を当てるのではなく、そうなった原因に意識の焦点を当て、原因を変えていく
  • 社内1位の売上実績になった自分をイメージして、その結果はどんな原因を備えていたのかをくわしく、はっきりと思い描く

もしあなたが営業(セールス)に苦手意識をもたれてましたら、これらを意識されながら活動されていけば、いつの間にか苦手意識を消せていると思います。

ぜひ、この記事があなたの刺激になり、ますますのご活躍をしていただけらと心より応援しております。

以上、「営業(セールス)を苦手としている人の特徴」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

あなたへの広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする