あなたは大丈夫!? 受付け係にならないで……。| 接客販売のメンタル

      2017/10/17

受付け係にならないでください。それより売る係になりましょう

いつもブログに目を通していただきまして、ありがとうございます。

今回は、メンタルに関する内容をお伝えしようと考えております。

 

私たちの仕事は売ることが求められます。

1つ売る。2つ売る。

少ないよりは多く売る。

こうやって実績を出していくことが仕事になります。

しかし、あなたは違うと思いますが、中には売ることをせずに、お客様が買ってくれることを待っている人もいます。

それはまるで、スポーツジムの受付け係のようです。

会員になりにきているお客様の対応をしているように、出会ったお客様がたまたま買いに来ていただけ(買おうとしていただけ。契約したかっただけ)。

私たち営業マンが、実績が出ないからといって、このような意識になってしまったら、もう終わりです……。

現実には、実績が出ない時期があったりしますが、そのときに腐らないで、受付け係にならずに、しっかりと売る係である「営業マン」をつらぬき続けましょう。

 

スポンサーリンク


 

売る係になるためには?

受付け係ではなく、売る係であり続けるためには、やはり営業に対する考え方が大切になります。

営業に対する考え方で、改めて大切になることは、私たちの仕事は「売ることにある」と再確認することです。

そして、売りにいって売れないときもありますが、そのときを「学びのチャンス」と楽しむことがもっと大切になります。

私が営業マネージャーとしてたくさんの営業マンを観察してきましたが、実績を出す営業マンは売れなかった場合、そこから何かを学びます。

勉強するのです。

そして、「売れないときもあるが、そこから学んで自分の売るスキルをもっと高めよう。そうしたら必ず売れるようになる!」と信じている人たちでした。

考え方がとても前向きでやわらかいのです。

しかし、実績が出せない営業マンは、売れない時期が続くと深刻にヘコまれます。

そして、長い間、暗い雰囲気をただよわせるようになります。

同時に「自分は営業の才能がない」「こんな仕事、はやくやめたい」「営業スキルなんて、努力してつけられるものじゃない。センスがほとんどだから」と信じてもいます(営業スタッフだった頃の私もこのタイプでした。笑)。

考え方が後ろ向きで、カチカチにかたいのです。

このような考え方の差が受付け係になるのか、売る係になるのかを分けていくのです。

はっきりと断言できますが、売るスキルなんて才能の有無に関係なく、誰でも努力すれば身につけられます(さすがにすぐに簡単にとはいきませんが)。

そして、困難が立ちはだかるたびに逃げ出そうとするのは、「今は求められる結果が出せないかもしれないけれど、ふんばってがんばって成長して、将来は結果を出してやる!」と考えることができなくなっており、いつの間にかがんばれない自分になってしまっていることに気がつけなくなっている状態です。

営業センスも営業センスのある人をマネれば、そこそこつけられます。

ただ、真剣にマネていなかったり、「俺はそのやり方じゃない」とカチカチの考え方が発動してしまっているだけです。

 

スポンサーリンク


 

やわらかい考え方になって、売る係になろう!

私たちの仕事は、お客様に冷たく断られたり、他社にお客様を奪われてしまったりと精神的にぐったりすることが他の職業の方より圧倒的に多くおこります。

もちろん、ほぼ全員が肩を落とします。

ですが、肩を落としてからが人それぞれ違う反応になるのです。

実績の高いやわらかい考え方の人たちは、「くそっ! くやしい。はぁ~なんだか疲れた。……。でも、これが営業。さっ! 次に行こう!」と、すぐに気持ちを切替えられるのです。

こういう考え方ができるので、どうやったら売れるようになるだろうか? と、常に売ることを考えています。

どうやったらトップセールスたちのようになれるだろうか?

どうやったらトップセールスたちを超える自分になれるだろうか?

このように、がんばって努力して、売る営業マンになろうと(成長しようと、向上しようと)、常に意識しています。

そして、この仕事は精神的につらい仕事です。

がんばり続けないと実績が出せない仕事です。

このような現実を当たり前のこととして受け入れることができる考え方のやわらかさがとても大切になります。

私たちの考え方がやわらくなれば、仕事に対する行動の質が変わってきますので、近い将来に高い実績を出し続けるように成長できるでしょう。

もし、あなたの営業に対する考え方がカチカチの固い考え方だったら、視点を変えて、ぜひ、やわらかい側へうつってみてください。

やわらかい考え方の特徴は、「がんばれば変われる」です。

自分は変われることを大前提としています(変わるって、やわらかいですよね)。

自分はがんばったとしても変われない……これを大前提としている人はカチカチの考え方です(変われないって固まっていますよね)。

この記事があなたの刺激になって、少しでも実績を高めるお役に立てたら嬉しく思います。

以上、「あなたは大丈夫!? 受付け係にならないで……。| 接客販売のメンタル」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

追記:

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

最後に、私からメッセージです。

 

私は、「この仕事でもっと実績を出したい!」とお考えの方を応援しています。

ぜひ、その目標が達成されてほしいと願っております。

そして、早く会社から評価され、年収もたくさん稼いでほしいとも思っています。

なぜなら、20代の私自身が売れない営業マンだったからです。(笑)

私は売れない期間が長く、ストレスまみれでした(本当にイヤな思い出ばかりです。笑)。

したがいまして、このブログを読まれた方で、もし同じように苦労されている方がおられるのなら、はやく解放されてほしいと思わずにはいられません。

それゆえに、私からのメッセージは、はやく高い実績を出して、楽に仕事をしてほしいということです。

実績へのプレッシャーを楽しめるほど、「こうやれば実績が出せる」と自信とセールス技術を獲得してほしいと願っています。

そのためには、やっぱり努力が必要です。

セールスの専門知識の勉強。

現場での実践。

フィードバック。

これを高いメンタルを保ちながら、繰り返していかなければならないでしょう。

そこで下記に、私が「セールスの専門知識」の習得に役に立つと思う書籍もご紹介いたします。

まだセールスの専門知識を学ばれたことの無い方なら、必ずトップの実績が出せるようになります。

ぜひ、これからのあなたのご活躍を心より願っております。

 

 

⇒⇒ クロージングの心理技術21 オススメ

・お客様心理をコントロールできるようになる本です。

セールス職にたずさわる者ならば、これら専門知識は基本になります。

私は一番オススメしております(私や購入者様の感想はこちら)。

 

 

 

⇒⇒ マル秘 人脈活用術

・新規客に困らない、人脈作りの方法が学べます。

人脈が実績に直結される方は、大いに参考になります(私や購入者さまの感想はこちら)。

 

 

 

⇒⇒ 大富豪の仕事術

・「自分で立てた高い目標」を達成させる方法を学べます。

この著者は、700億円を稼ぐ大富豪です。

一体どうやって高い目標を達成させているのか? それが詳しく公開されています(私や購入者さまの感想はこちら)。

 

 

 

⇒⇒ 説得の心理技術

・こちらは、相手が勝手に「自分自身を説得し、納得させてしまう」という、裏技的なコミュニケーション術が学べます。

表現を変えると「洗脳」「マインドコントロール」です。

 

 

 

⇒⇒ 脳内科学マーケティング100の心理技術

・この本は、POP作成担当者様、マーケティング担当者様に向いています。

最新の脳科学をベースに「お客様が反応してしまう訴求」について解説されています。

(この本は、私にとってもおもしろく、とても参考になりました)。

 

 

 

 

⇒⇒ 億万長者のセールス戦略 オススメ

・超トップセールスマンの、この仕事に対する考え方が学べます。

安っぽい表現ですが、私たちは頭の中の考え方が変われば、行動も変わりはじめます。

トップセールスマンの「売る意識の高さ」を知り、自分の行動を変えていけます(人気の本です。私や購入者さまの感想はこちら)。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力