あなたは大丈夫!? 受付け係にならないで……。| 接客販売のメンタル

      2017/12/15

受付け係にならないでください。それより売る係になりましょう

いつもブログに目を通していただきまして、ありがとうございます。

今回は、メンタルに関する内容をお伝えしようと考えております。

 

私たちの仕事は売ることが求められます。

1つ売る。2つ売る。

少ないよりは多く売る。

こうやって実績を出していくことが仕事になります。

しかし、あなたは違うと思いますが、中には売ることをせずに、お客様が買ってくれることを待っている人もいます。

それはまるで、スポーツジムの受付け係のようです。

会員になりにきているお客様の対応をしているように、出会ったお客様がたまたま買いに来ていただけ(買おうとしていただけ。契約したかっただけ)。

私たち営業マンが、実績が出ないからといって、このような意識になってしまったら、もう終わりです……。

現実には、実績が出ない時期があったりしますが、そのときに腐らないで、受付け係にならずに、しっかりと売る係である「営業マン」をつらぬき続けましょう。

 

スポンサーリンク


 

売る係になるためには?

受付け係ではなく、売る係であり続けるためには、やはり営業に対する考え方が大切になります。

営業に対する考え方で、改めて大切になることは、私たちの仕事は「売ることにある」と再確認することです。

そして、売りにいって売れないときもありますが、そのときを「学びのチャンス」と楽しむことがもっと大切になります。

私が営業マネージャーとしてたくさんの営業マンを観察してきましたが、実績を出す営業マンは売れなかった場合、そこから何かを学びます。

勉強するのです。

そして、「売れないときもあるが、そこから学んで自分の売るスキルをもっと高めよう。そうしたら必ず売れるようになる!」と信じている人たちでした。

考え方がとても前向きでやわらかいのです。

しかし、実績が出せない営業マンは、売れない時期が続くと深刻にヘコまれます。

そして、長い間、暗い雰囲気をただよわせるようになります。

同時に「自分は営業の才能がない」「こんな仕事、はやくやめたい」「営業スキルなんて、努力してつけられるものじゃない。センスがほとんどだから」と信じてもいます(営業スタッフだった頃の私もこのタイプでした。笑)。

考え方が後ろ向きで、カチカチにかたいのです。

このような考え方の差が受付け係になるのか、売る係になるのかを分けていくのです。

はっきりと断言できますが、売るスキルなんて才能の有無に関係なく、誰でも努力すれば身につけられます(さすがにすぐに簡単にとはいきませんが)。

そして、困難が立ちはだかるたびに逃げ出そうとするのは、「今は求められる結果が出せないかもしれないけれど、ふんばってがんばって成長して、将来は結果を出してやる!」と考えることができなくなっており、いつの間にかがんばれない自分になってしまっていることに気がつけなくなっている状態です。

営業センスも営業センスのある人をマネれば、そこそこつけられます。

ただ、真剣にマネていなかったり、「俺はそのやり方じゃない」とカチカチの考え方が発動してしまっているだけです。

 

スポンサーリンク


 

やわらかい考え方になって、売る係になろう!

私たちの仕事は、お客様に冷たく断られたり、他社にお客様を奪われてしまったりと精神的にぐったりすることが他の職業の方より圧倒的に多くおこります。

もちろん、ほぼ全員が肩を落とします。

ですが、肩を落としてからが人それぞれ違う反応になるのです。

実績の高いやわらかい考え方の人たちは、「くそっ! くやしい。はぁ~なんだか疲れた。……。でも、これが営業。さっ! 次に行こう!」と、すぐに気持ちを切替えられるのです。

こういう考え方ができるので、どうやったら売れるようになるだろうか? と、常に売ることを考えています。

どうやったらトップセールスたちのようになれるだろうか?

どうやったらトップセールスたちを超える自分になれるだろうか?

このように、がんばって努力して、売る営業マンになろうと(成長しようと、向上しようと)、常に意識しています。

そして、この仕事は精神的につらい仕事です。

がんばり続けないと実績が出せない仕事です。

このような現実を当たり前のこととして受け入れることができる考え方のやわらかさがとても大切になります。

私たちの考え方がやわらくなれば、仕事に対する行動の質が変わってきますので、近い将来に高い実績を出し続けるように成長できるでしょう。

もし、あなたの営業に対する考え方がカチカチの固い考え方だったら、視点を変えて、ぜひ、やわらかい側へうつってみてください。

やわらかい考え方の特徴は、「がんばれば変われる」です。

自分は変われることを大前提としています(変わるって、やわらかいですよね)。

自分はがんばったとしても変われない……これを大前提としている人はカチカチの考え方です(変われないって固まっていますよね)。

この記事があなたの刺激になって、少しでも実績を高めるお役に立てたら嬉しく思います。

以上、「あなたは大丈夫!? 受付け係にならないで……。| 接客販売のメンタル」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

※いつでも読み返していただけるようにブックマークをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

追記

私から最後にメッセージになります。

 

もしあなたが真剣にもっと売るスキルを高めたいとお考えでしたら、次の問題に挑戦されてみてください。

ちょっとしたクイズですね。

この図形の中に三角形がいくつあるか数えてみてくださいね。

制限時間は100秒とします。

※これは営業・セールスマンの売るスキルを高めるためには大切な問題になります。

 

いかがでしたでしょうか?

あなたはいくつ見つけることができましたでしょうか?

この問題の答えは24です。

あなたは24の三角形が見えましたでしょうか?

※詳しい答えを知りたい方はこちら

 

実は、この問題はある重要な内容を実感としてお伝えしたかったので出させていただきました。

その重要な内容とは、売るスキルが高くて実績をしっかりと出されている方々と売るスキルがあまり高くなくて実績が低い方々とでは、同じお客様を相手にしても見えている世界が違うということです。

それはまるで同じ図形を見ていても24の三角形が見える人と見えない人の見えている世界が違うようにです。

売るスキルが高い営業マンは売るためのポイントがたくさん見えています。

しかし、売るスキルがあまりない営業マンは売るためのポイントがまだ見えていないのですね。

上記のように同じ図形を見ていても、三角形が24見えている人と例えば7、8見えている人とでは見え方が違うわけです。

しかも、三角形を7,8見つけた人は、自力で24まで見つけることができません。

図形に穴が空くほどに時間をかけて見つめたとしても99%「もうこれ以上はないな……。8つが答えだ」となります。

しかし答えを教えてもらって驚くことになります。

「あっ! ここにもあった♪ ここにも。うそ、ここにも!(笑)」と、どんどん新しい三角形が見えるようになります。

何をお伝えしたいのかといいますと、売るスキルを高めるときも同じようなことが起きているということです。

私たちは売るスキルを真剣に高めようとしたとき、実績を出している人の見えている世界を教えてもらうことがとても大切になります。

もし教えてもらえないなら、自分から学ぶことがとても大切になります。

なぜなら、自力で売るスキルを高めようとすることは、まるで自力で三角形を探そうとすることに似ているからです。

そんなことはされずに、売るポイントがたくさん見えている人にその見え方を教えてもらい、それを真似していけば良いのですね。

とてもシンプルです。

それだけで売るスキルを素早く高めることができるようになります。

※1度でも24の三角形が見えれば、今後ずっと見え続けることになります。見つけ方もうまくなっています。しかし24も見えていない人は今後似たような問題にぶつかっても見つけ方がわからないので苦戦されてしまいます。

したがいまして、あなたが真剣に売るスキルを高めようとお考えのようでしたら、下にご紹介させていただくような売るスキルの高い人たちの見ている世界を学ばれることをご提案します。

 

 

⇒⇒ クロージングの心理技術21

・こちらはトップセールスたちの「売る技術(テクニック)」を自分が使えるようになれる本です。

このような売る技術を学ばれることでどなたでもどんどん売れるようになっていきます。

(まずはこの知識が大切です。ぜひどんどん売れるようになって、実績を出して、年収もさらに上げていただけたらと思います)。

なぜどなたでもどんどん売れるようになるのかと言いますと、この本ではお客様の心理を動かすことができる消費者心理学を学べるからです。

消費者心理学は営業・セールスマンなら絶対に知っておかなければならない売るスキルのひとつですので、お客様をここに書かれているような視点で見ることができないなら、売ることに苦戦されるでしょう(このような勉強をしていなかった私の20代前半の頃のように。笑)。

反対に、それが見えるようになってくると売ることが本当に簡単になります。

例えば、消費者心理学を使えるようになると、どのお客様を相手にしてもあなたの商品を欲しくさせることができるようになったり、他社ではなくあなたの会社を選んでもらえるようになったり、即決してもらえるようになったりします。

たくさん売って実績を出してこられたトップセールスの方々の売る技術ですので、お客様の反応がそのようになってしまうのですね。

もしまだこのような知識を教わっていなかった方は、ぜひ楽しくスピーディーに学ばれてみてはいかがでしょうか。

たくさん売る人たちの見えている世界を見えるようになっていきましょう。

※私や購入者様の方々の感想もご用意しております。

⇒⇒ クロージングの心理技術21で何を学ぶことができるのか? 購入者レビュー(感想)

 

 

 

【その他、新しい視点が持てるおすすめのビジネス書】

 

⇒⇒ 億万長者の不況に強いセールス戦略

・営業・セールスのマインドセットについて学べます。

※私や購入者様の方々の感想は億万長者の不況に強いセールス戦略で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

⇒⇒ 大富豪の仕事術 

・700億円を稼ぐビジネスマンの目標設定とその達成のやり方が学べます。

皆平等にある24時間をどうやって使ったらこんなに高い実績が出せるのかを知るのは非常に役に立ちます。

※私や購入された方々の感想は大富豪の仕事術で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

⇒⇒ マル秘・人脈活用術

・お付き合いのあるお客様からどんどん新しいお客様を紹介してもらえるようになるノウハウが学べます。

保険外交員、家電量販店、リフォーム住宅営業など、新規客を連鎖させることで実績が伸びていく業種の方は学んでおかれたいノウハウではないでしょうか。

※私や購入された方々の感想マル秘人脈活用術で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

⇒⇒ 説得の心理技術

・こちらはお客様が自ら「この商品を買おう!」と説得してしまう売る技術を学べます。

どちらかというと経営者向きの本です。

すでにクロージングの心理技術21のような消費者心理学を学ばれている方へおすすめです。

 

 

⇒⇒ 脳内科学マーケティング100の心理技術

・情報の伝え方で人の反応は変わります。

例えば、お医者さんに「A:死亡する可能性もありますが、生存率95%の手術です」と言われるのと「B:受けた患者の20人に1人が死亡する手術です」と言われるのではとAなら安心感がわきますが、Bなら不安になります。

確率は同じなのですが。

このような脳内の反応の違いについて知ることができるようになります。

経営者向きの本です。

 

※上記すべての本は、正規販売店で購入されると返品保証がついてきます。

詳しくは各リンク先をご確認くださいね。

スポンサーリンク


 

 - メンタル力