ここがポイント! 自信のつくり方 ~営業メンタル~

      2017/07/29

「自信」が結果に影響を与える

営業・セールスで結果を出すためには、まずはたくさんのお客様とセールスコミュニケーションをとらなけらばなりません。

そして、そのセールスコミュニケーションの質が高くなければなりません。

まさに、その質に大きな影響を与えているのが「自信」です。

私たちはすでにそのことは経験で知っています。

「お客様に影響を与えるには、オレが自信をもってコミュニケーションをとりにいかないといけない!」と、日々の現場から学んでいます。

しかし、私たちの現実はおかしなことになっています。

まず、このことは営業・セールスをやっている者なら誰でも知っていることです。

それにも関らず、なぜか上司は毎日説教とプレッシャーをかけてくるのです。

私たちの自信をそぎ落とすような言動を浴びせてきます。

そして、最後のとどめが自分の結果です。思い通りに目標を達成できない自分を見つめる期間が長く続くことで、いつの間にか自信の炎は小さくなっていきます。

「もっと結果を出さなきゃ……」。

この「自信」をテーマに取り上げると、ほとんどの方がが暗くなっていきます。

しかし、ご安心ください!

大丈夫です。

自信をつける方法はきちんとあります。

今のままでも自信はつけられるのです。

今回はそれをご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

「フンッ! お前はノロマだな!」

これは、童話「ウサギとカメ」の有名なセリフです。

ウサギがカメに向けて言い放つ言葉です。

この一言がきっかけになり、お互いがかけっこで競いあうようになります。

ストーリーはご存知の通り、ウサギが油断してカメが勝ちます。

そして、教訓として「油断大敵」「努力を続ければ成果は出る」と伝えてくれています。

しかし! ここで考えていただきたい設定がありあます。

私たち営業・セールスマンにとって大切ことにつながります。

もし、ウサギが「もう一回勝負しよう」と言ってきたらどうでしょうか?

そしてウサギはこうたたみかけてきます。

「なんだ、逃げるのか? やっぱりノロマは負けるのが恐いんだな」と。

このときカメはどう反応するでしょうか?

おそらく、カメの性格を考えると「よし、もう一回やってやろう!」となるでしょう。

そして、二回目のレースが行われます。

このときカメは必ず負けるでしょう。

レース後、ウサギに言われます。

「やっぱりお前はノロマだな」と。

カメはもう一度挑戦を申し込みます。

でも勝てません。

何度もウサギに挑戦します。

「また、勝てる! 一生懸命やってればまたチャンスがくる!」。

しかし、手抜きをしないウサギには勝てません。

すると、しだいにカメはこう考えるようになります。

「なんで、僕は足が遅いのか……」

「なぜ、ウサギに生まれなかったのか……」。

カメの心には劣等感が充満していきます。

 

スポンサーリンク


 

自信がない人たちはこれが原因!

この童話、感の良い人ならすぐにあることに気がつきます。

そもそも「なぜ、かけっこで競争しなければならないのか?」

そうです。

すべては、ここに問題があります。

カメは、ウサギに「よし、次はどちらが泳ぎが速いか勝負しろ!」と言えばいいのです。

しかしカメは陸地で、しかもかけっこで勝負しようとします。

 

これは、カメが、

・自分の良い点を理解していない。(もしくは知らない)

・自分に基準がない。(自分の目標や自分の価値観)

・他人の基準で生きてきたので、劣等感が生まれた。だから他人の基準で評価されたい。

 

これらの原因をもっているからです。

この状態のカメは絶対に自信をつけることができません。

なぜでしょうか?

それは絶対にウサギに勝てないからです。

実は、私たちの現場でも同じことが起こっています。

私たちの現場の基準は「良い結果を出した者が素晴らしい」です。

しかし、仮に実績が高くても、

・キャンセル率が高い

・入金につながらない

・お客様との取引期間が短い

・購入単価が低い

・クレームが多い

などがあれば、それは本来あまり評価できる内容ではありません。

私たちがこの仕事で自信を得ていくためには、自分の良さを磨くことが大切です。

 

スポンサーリンク


 

自信のつくり方

自分の基準を密かに設けることが大切です。

その設けた基準を超えていくことだけを意識されながら活動されることです。

大切なことなので、繰り返します。

あなたがこの仕事で自信を得ていくためには、

1、あなた自身の良さを再確認する。そしてその力をしっかりと育てる。

2、あなたの基準(価値観を中心とした目標)を密かに設ける。それを達成し続ける。

 

これらが自信の源になります。(ちなみに密かに設けるのがポイントです。あなたがあなたの基準全開で「私はこのやり方です」とやってしまわないためです。そんなことをしてしまうと100%社内の和が乱れます。そして、あなたは出世のはしごをはずされてしまいます)。

あなた自身の基準がもてるようになれば、上司の基準に合わない自分でも「私は私の基準を満たしている。仮に彼らが私の基準を私以上に満たせるのか?」と、考えられるようになります。

まさに自信をもって仕事ができるようになります。不安に襲われることもありません。

カメの良さは、陸と水中で活動できる点です。

そして、圧倒的な寿命の長さもあります。

「ウサギとかけっこで勝つ」という、他人の基準で勝負しようとせず、自分の良さを中心として活動していればいいのです。

そこで、自分の基準で他人と競争できればしめたものです。

必ず勝てるのでさらに自信に溢れるようになるでしょう。

もしあなたが、「まだ自分には良さが無い」と感じておられるのなら、まずはご自分の良さを見つけることに専念しましょう。

そして、その良さが仕事の役に立つように質を高めていかれたらと思います。

ぜひ、あなたの基準を設け、一生懸命それを超えていけるようにがんばっていただけたらと思います!

陰ながらではありますが心より応援しております。

以上、「ウサギとカメに自信を学ぶ」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力