嫌いな上司や苦手な先輩との接し方| 営業マンの悩み

      2017/09/07

クレーム対応の練習台にする

※この記事は新入社員様に向けた内容になっております。

私たち営業職の職場には、1人くらいイヤな上司、苦手な先輩がいると思います。

毎日顔を合わせるのもストレス、声が聞こえてくるのもストレス。

だから会社にいきたくなくなる……と感じておられる方は多いのではないでしょうか。

そこで、そんな社内のストレスになってしまう人たちとの接し方についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


 
1: クレーム対応の練習台にする……彼らをクレーム対応の練習台にされることをおすすめします。

これは本当にお客様からクレームがあったときにうまく対応ができるようになりますのでおすすめです。

イヤな上司は「実績を出せ!」と圧力をかけてくるのがストレスになると思います。

苦手な先輩はネチネチと小言を交え、ご指導くださる時間がストレスだと思います。

そして仕事を押しつけてくることもあります。

実は、これらはクレームを受けているときと状況が似ています。

もうすでにクレームを経験されている方はご存知だと思いますが、クレームを言っているときのお客様の怒りの圧力はけっこうなストレスになります。(笑)

しかも、「どうなんだ、何とか言ってみろよ」と、意見を述べなければならなくなったりもします。

このような状況は、日々実績に対し圧力をかけてくる上司と接しているときとよく似ています。

話す内容によっては火に油を注ぐことになります。(笑)

したがいまいて、クレームを受けているときにそんな大火事を防ぐためにも、イヤな上司をクレーム対応の練習台にしておくのです。

もちろん、その上司をうまく対応できるようになったからといって、クレーム対応が完璧になるわけではありません。

ただ、練習をされておいて損はありません。

この意識があるだけで、毎日のストレスが若干軽減できてしまえます。

もしかしたら、人によっては完全に消えるかもしれません。

そして、案外仲良くなるかもしれません。まずは、クレーム対応の練習台として接することをおすすめしたいと思います。

ぜひ、あなたのセールスコミュニケーションの幅を広げていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク


 

2: 心の中でしっかり無視

この能力はとても大切です。

「頭を切り替えるスキル」

「完璧な建前で接するスキル」とも表現できます。

上司の圧力をいちいち気にしていたら、半年でこの仕事を辞めたくなります。

上司だろうが社長だろうが基本的に心の中で無視しておけばいいのです。

「あんなおっさんの意見関係ない」と流してしまえば良いのです。

その代わり、あなたに求められている仕事(数字)だけはしっかりと意識しておかれる必要はあります。

要は数字と好きな同僚だけを意識されながら仕事に取り組まれれば良いのです。

ちなみに、例えばあなたが大きな数字を叩き出したとしたら、それだけで上司は黙ります。

数字を出し続けていたらもっと黙ります。

数字を出しているのにうるさく言ってくるのなら、1ヶ月思い切り数字を出さないという反抗をされても面白いです。

「あの人の下ではやる気が下がる……」と、数字をわざと下げるのです。

「数字を出したいのに細かくうるさい。リズムが作れない」と言ってあげると二度と口出ししなくなります。

なぜなら、イヤな上司はさらに上司に「彼は部下の管理能力がない」と認識されては困るからです。

話がそれました。

まずは、数字を出す。

上司、先輩の小言は心の中で無視しておく(参考になるものは取り入れる)。

したがいまして、表面上は聞いているふりをしておかなければなりません。

本当に無視してしまうことは営業マンとしてコミュニケーションスキルが無さ過ぎますので、もしこれを参考にされるときは、そこだけお気をつけください。

他人によってあなたの人生をストレスまみれにされるのはごめんだと思います。

かといって、セールススキルを向上させずに実績を停滞させている……ということがあってもなりません。

それはレストランの厨房で働いている人が「実は俺、調理が苦手なんです♪ いつもあまり上手く完成させることができないんですよ」と平気な顔をしながら働いているのと同じ状況になってしまいます(それはとんでもないことですよね)。

したがいまして、しっかりとセールススキルを向上させることだけは意識されておいてくださればと思います。

以上、「嫌いな上司や苦手な先輩との接し方。~営業マンの悩み~」でした。

この記事があなたの刺激になれたら嬉しいです。

あなたのご活躍を心より応援しております。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力, 仕事のススメ方