明石家さんまさんを見習おう! | 営業マンのメンタル

営業マンのメンタル| どうやって高い営業実績を出し続けるのか?

高い営業実績を出されている営業マンのほとんどが「気合い」と「営業実績を出す」という意識をもたれています。

そこで今回は、高い営業実績を出し続けられるようになるにはどうしたらよいのかについて、私なりの考えを書いていきたいと思います。

あなたへの広告


営業マンのメンタル| 明石家さんまさんを見習う

ここで少し私のある体験談をさせていただきます。

それは10年くらい前の話です。とある社内の飲み会でした。私の先輩が次のような言葉を口にされました。私はその言葉を今でも忘れることができずにいます。その言葉とは、

「芸能人って楽でいいよなぁ~。くだらないことしゃべって金がもらえるんだもんな」。

この人はアホだ……と、真剣に思いました(お酒の席だったので、そのまま笑ってやり過ごしましたが)。それからの私は、今でもテレビを見ているときに、たまにこの先輩のことを思い出してしまいます。

さて、これは何の話かと申しますと、営業マンが高い営業実績を出し続けるためには1日8時間、しっかりと気合いを入れてがんばる必要があるということをお伝えしたいのです。お笑い芸人さんが出演されているトーク番組を見ていて、それに気づかされます。彼らを観察していると、めちゃくちゃ気合を入れて番組収録に望まれていることが画面を通してもわかります。

例えば、火曜夜8時に日本テレビで放送されている大人気番組「さんま御殿」。MCの明石家さんまさんの気合い全開さが手にとるように伝わってきます。このようなことは学生時代には気がつけませんでしたが、まず明石家さんまさんはとにかく声を張ってしゃべっておられます(もう60歳なのにあの声量!)。もし自分が同じ立場だったらと想像すると、相当気合いを入れていても……無理でしょう。それに、常に笑いが起こるように計算されながらはじめて会うゲストの方、別業種のゲストの方に話をふって彼らが引き立つようにあの場をまわされております。そして必ず笑いを起こされます。

明石家さんまさんは笑いを起こすことが仕事になります。そして視聴率が実績になります。それゆえに、毎回、毎回、確実に笑いを起こしにいっておられます。そして、きちんと笑いがおきます! (さすがですよね!)。ゲストがどんな方でも、必ず笑いをおこされます。その結果、視聴率が獲れます。これをどの番組でもされているので、厳しい芸能界の最前線をトップで走り続けておられます。

もちろん、さんまさんと共演される他のお笑い芸人さんたちも気合いが入っています(皆さん気合を入れて番組収録にのぞまれているのがわかります)。さんまさんの意識についていかなければ笑いが起こせないかもしれないので、そうすると視聴率に影響を与えることになってしまうかもしれません。それはさんまさんの顔にドロを塗ることにもつながってしまいます。気合いの入り方が違います。

あなたへの広告


営業マンのメンタル| もしあなたが明石家さんまさんの立場だったらどうされますか?

毎回毎回、いろんな業界のトップの方や後輩芸人、素人を相手にしながら確実に笑いをおこさなければなりません。あなたなら確実に視聴率を残せる自信はありますでしょうか? もしゲストが面白くもなんともない話をしはじめたら……あなたならどうされますか? あなたの番組です。視聴者は面白くないと判断すると容赦なくチャンネルを変えます。あなたは視聴者を引きつけ続けることができるでしょうか? そんな仕事をしなければならないとき、気合いを入れて仕事に臨まなければ実績なんて出せないことが大人になると手にとるように理解ができます。

要は、芸能人の方々は私たち営業マンよりも何倍も気合いを入れて仕事をされているわけです。その姿勢は見習うべきものがあります。

あなたへの広告


営業マンのメンタル| 営業実績が出せなくても給料がもらえる会社員

営業マンは仮にダラダラ働いて営業実績が出せないような月があったとしても給料はもらえます。一方、芸能人はダラダラ働いたら、すぐに呼ばれなくなります。なぜなら、この芸能人では視聴率が獲れないとテレビ局側が避けるようになるからです。視聴率が獲れそうにないと判断されてしまえば、テレビ局、または広告代理店のCMキャラクター候補から一瞬ではずされます。それゆえに、そのようなことをしっかりと教え込まれている学生アイドルの女の子たちの方が、仕事への意識は高かったりします。そして、やはり人気がある芸能人の方々は、気合いが入っており、テレビ出演もしっかりコンスタントに獲得されています。

それゆえに私は上記の先輩の言葉が忘れられないのですね。この人は一体何をいっているのだろう? 本気でそう思いました。

あなたへの広告


営業マンのメンタル| 仕事スイッチを入れよう!

仕事スイッチとは、”気合い” と ”営業実績への意識” です。営業マンは毎日8時間、気合いを入れて、営業実績を意識しながらお客様とコミュニケーションをとりにいかなければなりません。それゆえにとても疲れます。だからこそ、上手な休憩の取り方も覚えていかなければなりません(休日の過ごし方がうまくない営業マンはすぐに精神的に疲れてしまわれます。そして活動量が減っていきます)。

お客様に営業マンの一生懸命な仕事ぶりを見せていくことで、商談での最後の決断に影響を与えていくのですね(人は他人の一生懸命な姿に心を動かされやすくなります)。

もしあなたが「最近、調子が出ないな」と感じておられましたら、ぜひYouTubeで「さんま御殿」を少しだけチェックしていただいて、さんまさんと出演芸能人の仕事ぶりを観察していただけたらと思います。いつもと違う視点で番組を視聴することで、新しい刺激をもらえるのではないかと思います。

ぜひ仕事スイッチを入れて、1日1日の営業実績を出していきましょう。

あなたのますますのご活躍を陰ながらではございますが心から応援しております。

以上、「明石家さんまさんを見習おう! | 営業マンのメンタル」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

あなたへの広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする