仕事スイッチを入れよう! ~営業マインド~

      2017/07/28

仕事スイッチとは "気合い" と "実績への意識"

私の周りの高い実績を出されている人たちを観察していると、ほとんどの場合「気合い」と「実績への意識」を持たれていました。

そこで今回は、高い実績を出すためにはどういう意識でいれば良いのかを私なりに書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

芸能人を見習おう!

私の昔話をさせていただきます。

私は今でも忘れられない言葉があります。

「芸能人って楽でいいよなぁ~。くだらないことしゃべって金もらえるんだもんな」と、口にしていた先輩のことを。

お酒の席だったので、そのまま笑ってやり過ごしました。

でも本当は「この人、アホだ……」と思っていました。

今でもテレビを見ているときに、たまにこの先輩のことを思い出してしまいます。

私たちの仕事は1日8時間、しっかりと気合いを入れてがんばる必要があります。

なぜなら、そうしないと高い実績が出せないからです。

その実績を維持できないからです。

それがよく理解できる現象として、社内で気合いを入れて仕事をされていない人たちの実績はあまりさえません。

では、なぜ気合いが大切なのか?

言葉と理屈で説明するのは難しいですが、芸能人のテレビ番組を見ていると気合いの大切さがよく理解できます。

彼らがそれを教えてくれています。

特に、お笑い芸人さんが出演されているトーク番組がそれを教えてくれます。

彼らをよく観察していると、めちゃくちゃ気合を入れて番組収録に望まれていることが画面を通してわかります。

例えば、火曜夜8時に日本テレビで放送されている大人気番組「さんま御殿」。

MCの明石家さんまさんの気合い全開さが手にとるように伝わってきます。

このようなことは学生時代には気がつけませんでしたが、まず明石家さんまさんはとにかく声を張ってしゃべっておられます(もう60歳なのにあの声量!)。

もし自分が同じことをしようと思ったら、相当に気合いを入れておかなければできないでしょう。

また、常に笑いが起こるように計算されながらゲストの方々に話をふったり、ネタふりをされています。

そして必ず笑いを起こされます。(別番組ですが、編集で笑いがおきているところだけを選んで放送できない生放送のときのさんまさんを見ていると、特にそれを感じます)。

明石家さんまさんは笑いを起こすことが仕事になります。

そして視聴率が実績になります。

ゆえに、毎回、毎回、確実に笑いを起こしにいっておられます。

そして、きちんと笑いがおきます。

ゲストがどんな方でも、必ず笑いをおこします。

結果、視聴率が獲れます。

ゆえにずっと業界の最前線を走り続けておられます。

他のお笑い芸人さんも気合いが入っています。

皆さん気合を入れて番組収録にのぞまれています。

見ていてもそれが伝わってくるほどです。

そして頭をフル回転させながらやり取りされているのが伝わってきます。

 

スポンサーリンク


 

もし、あなたが明石家さんまさんの立場だったらどうでしょうか?

毎回、毎回、いろんな業界のトップの方々や後輩芸人、素人を相手にしながら、確実に笑いをおこし、きちんと視聴率をとりにいけますでしょうか?

もし、相手が面白くもなんともない話をされたら……あなたならどうされますか?

あなたの番組です。視聴者である私たちは、面白くなければ、容赦なくチャンネルを変えます。

それを知った上で視聴者を引きつけ続けることができるでしょうか?

そんな仕事をしなければならないとき、気合いを入れなければ実績なんて出せないことが大人になると理解ができます。

要は、芸能人の方々は私たちより何倍も気合いを入れて仕事をされているわけです。

まさに、その姿勢は見習うべきものがあります。

 

スポンサーリンク


 

実績が出なくても、給料がもらえる会社員

私たちはダラダラ働いて、実績が出せない月があっても給料はもらえます。

芸能人はダラダラ働いたら、すぐに呼ばれなくなります。

なぜなら、視聴率という実績が獲れなくなるかもしれないとテレビ局側が嫌うからです。

視聴率に影響を与えられないと判断されてしまえば、テレビ局、または広告代理店のCMキャラクター候補から一瞬ではずされます。

だから、そのことを教え込まれている、まだ学生のアイドルの女の子たちの方が、1日の仕事への意識は高かったりします。

そして、やはり人気の芸能人の方々は、気合いが入っており、テレビ出演もしっかりとコンスタントに獲得されています。

それゆえに私は冒頭にご紹介させてもらった先輩の言葉が忘れられないのです。

この人は何をいっているのだろうか?

本気でそう思いました。

 

スポンサーリンク


 

仕事スイッチを入れよう!

仕事スイッチとは、”気合い” と ”実績への意識” です。

私たちは毎日8時間、気合いを入れて、実績を意識しながらお客様とコミュニケーションをとりにいかなければなりません。

それゆえにとても疲れます。

だからこそ、上手な休憩の取り方も覚えていかなければなりません。

休日の過ごし方も上手になる必要があります。(ここが上手くない人はすぐに精神的に疲れて、活動量が減ってしまうからです)。

その代わり、1日8時間、仕事スイッチを入れてお客様とコミュニケーションをとっていると、まるで芸能人の方々が人気が出始め売れていくかのように、しっかりと実績を出し続けられるようになります。

お客様にあなたの一生懸命な仕事へのエネルギーが伝わり、そこが最後の決断に影響を与え、成約してくださる数が増えていきます。(一生懸命な姿はお客様の心理を動かします)。

もし、「最近、調子が出ないな」と感じておられましたら、YouTubeで「さんま御殿」を観ていただいて、さんまさんはもちろん、出演芸能人の仕事スイッチぶりをチェックされてみてください。

そして、彼らから仕事へのエネルギーをもらってみてください。

いつもと違う視点で観ることで、また違う意味で面白くて刺激を受けることができると思います。

ぜひ、仕事スイッチを入れて、1日1日の実績を出しにいきましょう。

あなたのご活躍を陰ながらではございますが、心から応援しております。

以上、「仕事スイッチを入れよう! ~営業マインド~」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力