休憩上手は営業実績が高い!

      2017/07/28

休憩は大切!

営業・セールスの仕事は休憩を積極的にとることが大切です。

なぜなら、私たちはお客様とのコミュニケーショで気苦労するからです。

お客様に合わせながら、その瞬間、瞬間で戦略を練りながらコミュニケーションをとるので、とても頭を使いますし、気遣いもします。

ゆえに、思いのほか疲れます。

そこに実績がついてきていなければ、それはもう心身ともにヘトヘトになってしまいます。

すると、私たちの表情からは「疲れた雰囲気」がかもし出されるようになってしまいます。

人間は動物です。

お客様はその疲れきった「負のオーラ」を敏感に察知されます。

そして、「この人とはコミュニケーションをとらないようにしよう」とさけるようになります。

それは自ら実績を出しにくい状況にしてしまっているのです。

したがいまして、私たちがこのような状況にならないためには積極的に休憩をとることが大切になるのです。

つねにスッキリした表情、雰囲気でお客様との商談に臨むようにコントロールしておかなければなりません。

 

スポンサーリンク


 

次の休憩時間を決める

次の休憩時間を決めてしまいましょう。

そして休憩に入ったら、今度は仕事の開始時間を決めましょう。

その設定を終えてから休憩しましょう。(ゲーム、音楽、株価チェック、ストレッチ、昼寝など、したいことを思い切りしましょう)。

個人宅への訪問販売(飛び込み営業)の方は時間管理がほぼ自由ですので、ご自分のペースで休憩をとってしまいます。

ちなみに私は1時間半おきに休憩していました。

しかも、疲労度によって休憩の長さを変えていました。

アパレル販売や化粧品販売、家電販売などの店舗内で活動されている方々は、休憩時間が決まっていると思います。

したがいまして、その時間を意識されながら集中して仕事をされると良いと思います。

繰り返しますが、「何時になったら休憩だ。それまで集中してがんばろう!」と意識されることが大切です。

そうやって集中力を保ちながら仕事をしていきます。

そして、休憩に入れば、今度は「休憩が終わる時間」を決めます。(決めることが大切です)。

決めたら、思いっきり休憩しましょう。

とにかく、真剣にその時間を思いっきり休憩します。

そして、自分をリフレッシュさせます。

「さっぱりとした雰囲気や明るい表情」の状態に自分をコントロールできるか? これも大切な売る力になります。

 

スポンサーリンク


 

1週間後の休日、1ヶ月後の休日なども手を抜かず充実させよう!

1日の休憩のとり方が上手くなれば、1週間後の休日もしっかりとリフレッシュさせることができます。

思い切り休日を過ごされてください。

「寝る!」と決めたのなら思いっきり寝ましょう。

「○○する!」と決めていたのなら、思いっきりそれをしましょう。

仕事脳をしっかりと休ませてあげてください。

身体を休ませるときのポイントは、静かに過ごすより、軽く身体を動かすことです。

身体を動かしてストレスを発散させることです。

私は20代の頃、友人と飲んだ後にカラオケに出かけていました。

カラオケは楽しく歌うのではなく、「大声で全身を使って歌う」ことをしていました。

そして、好きな運動をケガしない程度に激しめにしていました。

私たちは、お客様とのコミュニケーションや上司の実績追及でストレスが溜まっています。

なんでもそうですが、何かを溜め込むことはよくありません。

食べたものを溜め込むと、太ったり便秘になって病気になります。

お金も皆が溜め込むと国が不景気になります。

ストレスも溜め込むと精神病になります。

なんでも代謝させることが大切です。

ぜひ、意識的に休憩をとり、ストレスを発散させておきましょう。

これがヘタだと、ず~っと暗い雰囲気をただよわせてしまうことになりますので。

すると、他人が寄ってこなくなります。

休憩も売る力に関係しています!

ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。

陰ながらではございますが、あなたのご活躍を心より応援しております。

以上、「休憩上手は営業実績が高い!」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力, 仕事のススメ方